新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【夕刊サライ/テリー伊藤】心が満たされないときには(テリー伊藤のクルマコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、演出家のテリー伊藤さんが執筆します。

文/テリー伊藤(演出家)

こんにちは、テリー伊藤です!

僕はいま大学院に通っています。仕事の合間を縫って、東京から湘南まで通っているんです。大変なことも多いけど、発見も多く、刺激的な毎日です。今回は僕の近況を踏まえながら、学びとクルマについて語ってみたいと思います。

“ままならない”ものを持つって幸せじゃないですか。

■物欲を満たしているだけでは空しい

最近物欲がなくなったと思うことありませんか? とはいっても僕はクルマと同じくらい服が好きで、今でもお店で気に入ったものを見つけるとすぐに買ってしまうのですが、それでも近頃どこか満たされていない気がするんです。20代の頃にフォルクスワーゲン・ビートルを買ったときのような充足感は、どうしても得られない。これからも、きっとあのときの興奮を超えることは、もうないだろうと思ってしまうのです。

モノへの憧れは、貧しい時代に生まれたからだろうと思っていました。でも様々なものを自分で買ってわかったことは、「結局、物欲とは満たされないものなんだ」ということ。すると、「じゃあ、俺の人生は何だったんだろう…」という思いがよぎるようになり、それで僕は「学んでみよう」と思ったんです。物欲は満たされてしまうけれど、学びはままならないから。

もちろん、大学院は大変です。大学の授業までは理解できるけど、院になるとついていくので精一杯。パワーポイントで資料を作るのですが、その使い方から覚える有様で……。発表もダメ出しの連続。でも、やりがいはあります。苦しいけれど、帰り道にむなしさがない。満たされた気分になれるんです。これが手に入れた時点で満たされてしまう物欲とは違うところなんだろうなと思うんです。

大学院にはクルマで通っています。キャンパスの近くに駐車場を借りているんです。そこに来る若い学生たちを見ていると、みんなトヨタ・アクアとかスズキ・ワゴンRなんかで来ている。小さくて手頃なクルマに定員いっぱいで乗って、ワーワーキャーキャーいってる様子がホント楽しそうでね〜。クルマってそういう風に楽しむもんだって思えるんです。

■お嬢様と出会うなら駅前で!

そんな彼らを見ていると、昔を思い出します。僕の頃は、決して真面目な学生ではなかったのでずっと大学にいてもしょうがないと思い、街に出て学んでいました。女子大の面々と、合同でフォークコンサートを企画したり…。僕はそのときひらめきましたね。

「これからはお嬢様だ!」と。お嬢様と知り合うにはどうしたらいいか。学校で声を掛けてもいぶかしがられるのが関の山。それで僕は成城学園前とか田園調布に向かいました。それも平日の夕方に。そんな時間帯に電車を下りてくる女子大生は、間違いなくお嬢様です。地元の駅で声を掛けてくるやつなんてなかなかいないから、話しを聞いてくれるわけ。場所は大事だということを学びましたね(笑)

場所と言えば、銀座も元気がありました。集まっていたのは数寄屋橋交差点の、ソニービルあたり。(※2018年7月に銀座ソニーパークとしてリニューアルオープン予定)

クルマはイギリスやドイツのクルマのほうが雰囲気あるし目立つけど、だからといってMGのスポーツカーに乗って行ってもダメ。ふたりしか乗れませんもの。人気があるのはビートルとかミニでしたね。

昔も今も、若い世代の感覚って、実はあまり変わっていないと思います。先日、大学院の女の子たちに誘われて合コン!?に行きました。駅前のもつ鍋屋に集まって。どう見ても僕は単なる金づるなんだけど、それはそれで楽しいものです。恋愛のように、なかなかうまくいかないことにこそ挑戦する価値があり、そのひとつが「学び」だと思うんです。

サライ世代の皆さんのなかで、心のどこかで満たされない気持ちがある方は、学びに生きがいをみつけてみませんか? 別に大学院じゃなくて、近くのカルチャーセンターでもいいんです。そして、学びはこもっているばかりじゃダメ。フィールドワークも必要ですね。

だからやっぱりクルマがあると便利です。高級車である必要なんかありません。学生と同じ気分で、アクアとかワゴンRで楽しむもよし! “ままならない”クルマを手に入れて格闘しながら乗るのもかっこいいですね。

【今週のテリー・カー:ローバー(BMC)・ミニ】

1950年代半ば、スエズ動乱で石油価格が高騰にしたのに伴い、BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)は経済的な小型大衆車の開発に着手。同社のエンジニア、アレック・イシゴニスの設計による、革新的な横置きエンジン・前輪駆動のミニが誕生した。経済的で居住性に優れるミニは、モータースポーツでも活躍(写真)。シンプルで愛くるしいスタイリングとともに、20世紀の自動車文化を代表する傑作車として約40年にわたって製造された。(編集部)

文/テリー伊藤(てりー・いとう) 
昭和24年、東京生まれ。演出家。数々のテレビ番組やCMの演出を手掛ける。現在は多忙な仕事の合間に、慶應義塾大学 大学院で人間心理を学んでいる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」無理なく続けられ…
  2. 【夕刊サライ/角田光代】ミャンマー:時代が変わる、という活気(角…
  3. 【夕刊サライ/進藤晶子】LINEと宅配便でつくる「仮想三世帯住宅…
  4. 【夕刊サライ/山本昌】サッカー界のレジェンド・三浦知良選手との共…
  5. ホンダ シビック|登場から46年、10代目はスポーティな味付けの…
PAGE TOP