新着記事

「苔」が美しい京都の寺4選

取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

【編集長レポート】新館オープンの日本橋髙島屋S.C.に「オジさんの楽園」があった!

取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)日本橋髙島屋は9月25日に新館がオープンし、都市…

犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング

ストレスの多い現代人を癒す存在、ペット。かわいい犬や猫の動画や画像は、テレビ、ウェブ、SNS、な…

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

プレスラーのドビュッシー|現役最長老94歳ピアニストの奇跡的名演【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

1923年ドイツに生まれ、ナチスから逃れてからはアメリカを中心に活躍、ボザール・トリオの一員として室内楽の世界で活動を続けてきたピアニストのメナヘム・プレスラー。2008年にトリオを解散してからはソロ演奏で脚光を浴びている。

94歳、現役最長老の彼が、新録音『月の光 ~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』を発表した。

すべての音に意志の通った、確かな感触。一つ一つの音が、まるで宝石のように本物の品格を漂わせている。「月の光」や「アラベスク」といった、あまりにも有名な曲が、全然当たり前の曲に聴こえない、何か奇跡でも耳にしているのではないか、と思われるほどの名演奏である。

昨年の来日リサイタルでは介助の女性が終始付き添い、歩くのも座るのもやっとだったが、ひとたびピアノを弾き始めると、美の極致ともいえる音楽を聴かせてくれたのを思い出した。

老人とはここまで美しくなれるものなのだろうか。

【今日の一枚】
『月の光~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』
メナヘム・プレスラー(ピアノ)

2017年録音
発売/ユニバーサル・ミュージック
電話/045・330・7213
商品番号/UCCG-1792
販売価格/2800円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年6月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田…
  2. 幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた
  3. 若きピアニストのおそるべき才能に戦慄する1枚【林田直樹の音盤ナビ…
  4. 後期ロマン派の知られざる秘曲に浸る愉悦の1枚【林田直樹の音盤ナビ…
  5. 実力派シャンソン歌手の明晰なる美唱に惚れる1枚【林田直樹の音盤ナ…
PAGE TOP