新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

プレスラーのドビュッシー|現役最長老94歳ピアニストの奇跡的名演【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

1923年ドイツに生まれ、ナチスから逃れてからはアメリカを中心に活躍、ボザール・トリオの一員として室内楽の世界で活動を続けてきたピアニストのメナヘム・プレスラー。2008年にトリオを解散してからはソロ演奏で脚光を浴びている。

94歳、現役最長老の彼が、新録音『月の光 ~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』を発表した。

すべての音に意志の通った、確かな感触。一つ一つの音が、まるで宝石のように本物の品格を漂わせている。「月の光」や「アラベスク」といった、あまりにも有名な曲が、全然当たり前の曲に聴こえない、何か奇跡でも耳にしているのではないか、と思われるほどの名演奏である。

昨年の来日リサイタルでは介助の女性が終始付き添い、歩くのも座るのもやっとだったが、ひとたびピアノを弾き始めると、美の極致ともいえる音楽を聴かせてくれたのを思い出した。

老人とはここまで美しくなれるものなのだろうか。

【今日の一枚】
『月の光~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』
メナヘム・プレスラー(ピアノ)

2017年録音
発売/ユニバーサル・ミュージック
電話/045・330・7213
商品番号/UCCG-1792
販売価格/2800円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年6月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【…
  2. プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑…
  3. カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするよう…
  4. カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【…
  5. アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望…
PAGE TOP