新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

プレスラーのドビュッシー|現役最長老94歳ピアニストの奇跡的名演【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

1923年ドイツに生まれ、ナチスから逃れてからはアメリカを中心に活躍、ボザール・トリオの一員として室内楽の世界で活動を続けてきたピアニストのメナヘム・プレスラー。2008年にトリオを解散してからはソロ演奏で脚光を浴びている。

94歳、現役最長老の彼が、新録音『月の光 ~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』を発表した。

すべての音に意志の通った、確かな感触。一つ一つの音が、まるで宝石のように本物の品格を漂わせている。「月の光」や「アラベスク」といった、あまりにも有名な曲が、全然当たり前の曲に聴こえない、何か奇跡でも耳にしているのではないか、と思われるほどの名演奏である。

昨年の来日リサイタルでは介助の女性が終始付き添い、歩くのも座るのもやっとだったが、ひとたびピアノを弾き始めると、美の極致ともいえる音楽を聴かせてくれたのを思い出した。

老人とはここまで美しくなれるものなのだろうか。

【今日の一枚】
『月の光~ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:作品集』
メナヘム・プレスラー(ピアノ)

2017年録音
発売/ユニバーサル・ミュージック
電話/045・330・7213
商品番号/UCCG-1792
販売価格/2800円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年6月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP