新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【夕刊サライ/テリー伊藤】「フォルクスワーゲンよ、いつまでも一緒にいよう!」(テリー伊藤のクルマコラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、演出家のテリー伊藤さんが執筆します。

文/テリー伊藤(演出家)

こんにちは、テリー伊藤です!

前回はクルマとの相性について書きましたが、僕の場合、一番相性がいいといえるのが、フォルクスワーゲンです。メルセデス・ベンツやBMW、アウディにも乗りましたが、同じドイツ車でもフォルクスワーゲンだけは特別。今回はその理由をお話ししたいと思います。

「気付いたら、いつもそばにいる……」やっぱりクルマは愛おしいね。

 

■「ポパイ」と「ラブ・バッグ」でビートルに染まった

サライ世代のみなさんのうち、とくに40代以上の方なら同感でしょうが、僕が若い頃は今のようにインターネットで世界中の情報を瞬時に調べることなんてできるわけもなく、遊びやファッションは先輩方を真似たり、雑誌を読み漁って学んだものでした。なかでも「ポパイ」の存在は大きかった。主にアメリカ西海岸の、テニスやスケートボード、ジョギングといったスポーツとそのファッションを取り上げていて、どれも最高に格好いいの。胴長短足の日本人が真似しても、絶対同じようにはならないんだけどね。

情報に乏しかったのは、クルマも同じ。知っているのはフォルクスワーゲン・ビートルやミニ、モーガンくらいで、これらのクルマは僕にとってTシャツやジーンズ、スニーカーみたいな存在だったんです。面白いもので、若い頃に抱いた憧れは年をとっても変わらないんですよね。今や憧れを通り越して、自分の中の「定番」みたいになっている。なかでもビートルはダントツ。

それは中学生の頃に観た映画の影響も大きいと思います。「ラブ・バッグ」っていう映画、覚えてますか? 冴えないレーシングドライバーが中古のビートルを買ってレースに出ると、実はそのビートル、機械なのに魂があって、勝手に走ってライバルをごぼう抜きしちゃうという話。僕が今でもビートルを好きなのは、この映画で刷り込みされたんでしょうね。

■ワーゲンスバスを買いそびれて大ショック!

社会人になって26歳の時に、白いビートルを買いました。それまでは愛らしいデザインに惹かれていたんだけど、乗ってみるとシンプルで頑丈だし、とても使いやすいクルマだということがわかりました。特に、リアに積んだ空冷のフラット4エンジンがたまらなくいいんですよね~。僕のフォルクスワーゲン愛はますます大きくなって、のちに第二次世界大戦で使われた軍用車の末裔であるキューベルワーゲンにも乗ったし、フォルクスワーゲンをベースにアメリカで作られたオープンバギーは今でも湘南の別宅に置いてあります。

後者はまさに「ポパイ」の影響ですね! あと、今でも欲しいのが「ワーゲンバス」でおなじみのタイプ2。以前、たまに行くフォルクスワーゲン専門店でタイプ2のキャンピングカーが置いてあって、その時は試乗までしておきながら、ほかのクルマとの兼ね合いもあって買わなかったんですよ。その頃は確か300万円くらいだったと思うけど、今調べてみたら、相場が500万円級になってて大ショック! やはりクルマは出会った時が買い時ですね。

思うに、僕がフォルクスワーゲンに惹かれるのは、ドイツ車だからというわけじゃなく、アメリカの気分が味わえるからなんだと思います。1970年代、アメリカの若者たちが中古のワーゲンバスやビートルを手に入れてサーフィンや旅で遊び倒した文化に、僕は何らかの形で影響を受けているんですね。

だから、アメリカ車も大好きです。以前、こんなこともありました。フロリダをレンタカーで旅したときのことなんですけど、横をシボレー・コルベットのオープンカーが追い越して行ったんですよ。しかもドライバーは色っぽい女性! どこまでも続く青い空に、コルベット特有のエロいボディが実に合うんだなあ。日本に帰ってもその光景が忘れられなくて、ディーラーに駆け込んで買ってしまいました。コルベットって、昔からV8エンジンを積んでるんだけど、アクセルをちょっと強めに踏むとすぐにホイールスピンして、「ウォォ〜ッ!」っていう気分になる。アメ車の魅力はそこに尽きます。ハンドリング性能とか路面追従性とか気にしちゃダメ。直線番長なんです。わかりやすくて格好いいクルマは、僕の大好物です。

【今週のテリー・カー:フォルクスワーゲン ビートル】

世界で最も有名なフォルクスワーゲン・ビートルは、構造がシンプルなことも手伝い、主にアメリカでレーシングカーやオフロードビークルなどのベース車として重宝された。日本ではヤナセが1950年代から輸入を始め、近年は専門店による良質な中古車が流通。シニアだけでなく、若い世代のファンも増えている。(編集部)

文/テリー伊藤(てりー・いとう) 
昭和24年、東京生まれ。演出家。数々のテレビ番組やCMの演出を手掛ける。現在は多忙な仕事の合間に、慶應義塾大学 大学院で人間心理を学んでいる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物…
  2. 【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデ…
  3. 【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持…
  4. 【夕刊サライ/福澤朗】僕の差し入れの定番「ジャストミートどら焼き…
  5. 【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた極端な団体ツアーを敢行、…
PAGE TOP