新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

フォルクスワーゲンよ、いつまでも一緒にいよう!(テリー伊藤のクルマコラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、演出家のテリー伊藤さんが執筆します。

文/テリー伊藤(演出家)

こんにちは、テリー伊藤です!

前回はクルマとの相性について書きましたが、僕の場合、一番相性がいいといえるのが、フォルクスワーゲンです。メルセデス・ベンツやBMW、アウディにも乗りましたが、同じドイツ車でもフォルクスワーゲンだけは特別。今回はその理由をお話ししたいと思います。

「気付いたら、いつもそばにいる……」やっぱりクルマは愛おしいね。

 

■「ポパイ」と「ラブ・バッグ」でビートルに染まった

サライ世代のみなさんのうち、とくに40代以上の方なら同感でしょうが、僕が若い頃は今のようにインターネットで世界中の情報を瞬時に調べることなんてできるわけもなく、遊びやファッションは先輩方を真似たり、雑誌を読み漁って学んだものでした。なかでも「ポパイ」の存在は大きかった。主にアメリカ西海岸の、テニスやスケートボード、ジョギングといったスポーツとそのファッションを取り上げていて、どれも最高に格好いいの。胴長短足の日本人が真似しても、絶対同じようにはならないんだけどね。

情報に乏しかったのは、クルマも同じ。知っているのはフォルクスワーゲン・ビートルやミニ、モーガンくらいで、これらのクルマは僕にとってTシャツやジーンズ、スニーカーみたいな存在だったんです。面白いもので、若い頃に抱いた憧れは年をとっても変わらないんですよね。今や憧れを通り越して、自分の中の「定番」みたいになっている。なかでもビートルはダントツ。

それは中学生の頃に観た映画の影響も大きいと思います。「ラブ・バッグ」っていう映画、覚えてますか? 冴えないレーシングドライバーが中古のビートルを買ってレースに出ると、実はそのビートル、機械なのに魂があって、勝手に走ってライバルをごぼう抜きしちゃうという話。僕が今でもビートルを好きなのは、この映画で刷り込みされたんでしょうね。

■ワーゲンスバスを買いそびれて大ショック!

社会人になって26歳の時に、白いビートルを買いました。それまでは愛らしいデザインに惹かれていたんだけど、乗ってみるとシンプルで頑丈だし、とても使いやすいクルマだということがわかりました。特に、リアに積んだ空冷のフラット4エンジンがたまらなくいいんですよね~。僕のフォルクスワーゲン愛はますます大きくなって、のちに第二次世界大戦で使われた軍用車の末裔であるキューベルワーゲンにも乗ったし、フォルクスワーゲンをベースにアメリカで作られたオープンバギーは今でも湘南の別宅に置いてあります。

後者はまさに「ポパイ」の影響ですね! あと、今でも欲しいのが「ワーゲンバス」でおなじみのタイプ2。以前、たまに行くフォルクスワーゲン専門店でタイプ2のキャンピングカーが置いてあって、その時は試乗までしておきながら、ほかのクルマとの兼ね合いもあって買わなかったんですよ。その頃は確か300万円くらいだったと思うけど、今調べてみたら、相場が500万円級になってて大ショック! やはりクルマは出会った時が買い時ですね。

思うに、僕がフォルクスワーゲンに惹かれるのは、ドイツ車だからというわけじゃなく、アメリカの気分が味わえるからなんだと思います。1970年代、アメリカの若者たちが中古のワーゲンバスやビートルを手に入れてサーフィンや旅で遊び倒した文化に、僕は何らかの形で影響を受けているんですね。

だから、アメリカ車も大好きです。以前、こんなこともありました。フロリダをレンタカーで旅したときのことなんですけど、横をシボレー・コルベットのオープンカーが追い越して行ったんですよ。しかもドライバーは色っぽい女性! どこまでも続く青い空に、コルベット特有のエロいボディが実に合うんだなあ。日本に帰ってもその光景が忘れられなくて、ディーラーに駆け込んで買ってしまいました。コルベットって、昔からV8エンジンを積んでるんだけど、アクセルをちょっと強めに踏むとすぐにホイールスピンして、「ウォォ〜ッ!」っていう気分になる。アメ車の魅力はそこに尽きます。ハンドリング性能とか路面追従性とか気にしちゃダメ。直線番長なんです。わかりやすくて格好いいクルマは、僕の大好物です。

【今週のテリー・カー:フォルクスワーゲン ビートル】

世界で最も有名なフォルクスワーゲン・ビートルは、構造がシンプルなことも手伝い、主にアメリカでレーシングカーやオフロードビークルなどのベース車として重宝された。日本ではヤナセが1950年代から輸入を始め、近年は専門店による良質な中古車が流通。シニアだけでなく、若い世代のファンも増えている。(編集部)

文/テリー伊藤(てりー・いとう) 
昭和24年、東京生まれ。演出家。数々のテレビ番組やCMの演出を手掛ける。現在は多忙な仕事の合間に、慶應義塾大学 大学院で人間心理を学んでいる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?
  2. ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石…
  3. ダイハツの予防安全機能「スマアシⅢ」を体感! 驚くべき進化を遂げ…
  4. トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照…
  5. 警察車両や消防車両も!ジムニーが世界中で愛される理由
PAGE TOP