新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【夕刊サライ/テリー伊藤】「クルマでモテる」はアリなんです!(テリー伊藤のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、演出家のテリー伊藤さんが執筆します。

文/テリー伊藤(演出家)

こんにちは、テリー伊藤です!

以前にもお話したように、クルマは所有することで思い出を作れる特別な機械なんですよね。運転も、ただ移動するだけじゃなく、のんびり走りながら周りの景色を眺めたり、音楽を聴くのがすごく楽しい。

だから、僕はいつもクルマで仕事に通っています。仕事場から家まで運転することでクールダウンできるし、いろんなアイデアが浮かんでくる。とても大切な時間なんです。

「クルマもオトコも中身が大事だね」

■「で、どこに連れて行ってくれるの?」

クルマは、大切な人との思い出を育むうえでも、すごく効果的。要はモテるための道具でもあるんです! だからといって、高級セダンやバカっ速いスポーツカーに乗らなくちゃ……なんて考える必要はありませんよ。だいたい、ポルシェに乗っているからといって、女性にクルマのスペックを自慢したところで何の効果もありませんから。

「で、どこに連れて行ってくれるの?」という気持ちに応えてあげなくちゃ。

最近は郊外にアウトレットモールが増えているので、そこに行くのが一番お手軽で楽しいでしょうね。

あるいは意外性を考えて、三浦半島の三崎にマグロを食べに行くとか。あっちだと、西側の海沿いでは富士山ときれいな夕陽が拝めるというメリットもあります。時間があるならもう少し遠出して、山梨や長野あたりに残雪を見に行くのも面白い。そのあと信州そばを食べに行ってね。

あるいは、かわいい動物の話をして、「じゃあこれからサファリパークだ!」っていうのもいい。とにかく、いかに非日常の世界に持っていくかが大事であって、クルマがあると、それができるんです。具体的なプランもなしに、いきなり連れ出すのはまだ若いですね。まあ、それはそれで楽しいけど!

■「モテ」には音楽が欠かせない!

ドライブするなら音楽にも気を使いたいですよね。

僕はクリスマスソングが好きで、いろんな曲を集めているんだけど、ほかにもジュディ・ガーランドとかマリリン・モンロー、ウィリー・ネルソンといった古今のアーティストたちの歌をタブレットに入れています。

さらに、非日常が味わえるオープンカーだったら、より効果大。

僕は今までに屋根が開くクルマを何台も乗ってきましたが、中でもお気に入りだったのが、シトロエン・DS 3カブリオ。キャンバストップ仕様で運転そのものも楽しめて、そのうえかわいいという神のようなクルマでした。

幌付きのクルマって、雨の日も楽しいんですよ。

神宮外苑の銀杏並木の通りあるでしょ? あそこにクルマを停めて、雰囲気に合った音楽をかけるの。そうすると、幌の屋根に雨が「ボトッ、ボトッ」で落ちてくる。まるで、ヨーロッパのカフェテラスのオーニングに雨が当たっているように……。もう一気にパリにいる気分ですよ!

とまあ、ドライブデートで音楽をかけるのは僕の恒例行事なのですが、昔は大変だったなあ……。サライ世代の皆さんならご存じでしょうが、カーオーディオといえば、でかいカートリッジ式の8トラでしたからね。それでも聴けない曲があるから、ポータブル型のレコードプレイヤーを持ち込んで、よく50’sの曲をかけてましたっけ。

で、いつでも聴けるようにレコードを後部座席に積んでおくんですが、夏になると高温で変形しちゃってね~。いざ針を落とすと、「ギュギュギョエエエエエエ~ッ!」って悪魔のような歌声が出てきちゃって、せっかく盛り上がった気分も台無しですよ!

その点、最近は音楽を気軽にダウンロードできるようになったので、これを活用しない手はありません。クルマだってブルートゥース機能を使えば、手持ちの音楽を簡単にカーオーディオで再生できますからね。皆さんもお気に入りの曲をたくさん集めて、非日常のドライブ体験を演出してくださいね!

【今週のテリー・カー:DS 3カブリオ】

テリーさんイチオシのオープンカーが、このDS 3 カブリオ。柱を残して屋根の部分だけが開くキャンバストップで、折りたたんだ幌の眺めも洒落ている。 キャプション:編集部(写真提供:ベストカー)

文/テリー伊藤(てりー・いとう) 昭和24年、東京生まれ。演出家。数々のテレビ番組やCMの演出を手掛ける。現在は多忙な仕事の合間に、慶應義塾大学 大学院で人間心理を学んでいる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるため…
  2. 【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するい…
  3. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立…
  4. 【夕刊サライ/進藤晶子】断捨離がつなぐご近所とのネットワーク(進…
  5. 【夕刊サライ/山本昌】気持ちを整えるルーティンで強い自分を作る(…
PAGE TOP