新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

袖裾ゴム式作務衣

左からグリーン、杢グレー
光沢感のある生地でシワになりにくい。汚れが付きにくく乾燥も早い。

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、ゆったりした着心地で、かつ動きやすい作務衣をお薦めしたい。もともと作務衣は、禅僧の「作務」(寺における雑役作業)のための衣類として使われてきた。作業着として充分な機能を持つのも納得。

ここでご紹介する作務衣には、経糸の本数を緯糸より多くして、細い糸で密に織り上げた綾織物「バーバリー織り」の薄手生地が使われている。この生地は、緻密で肌触りがよく、軽い着心地で、汗をかいても乾きやすい。

袖と裾がゴムの絞りになり、水仕事の折には、袖をさっとたくし上げることができ、屋外では虫が入りにくい。シワが付きにくい生地で、洗濯後も早く乾く。

もちろん、作務衣は作業着だけでなく、外出着や室内着にもなる万能性が魅力。夏から秋にかけての普段着として一着あれば、さまざまな暮らしの場面で活躍する。

実用性を重視し、シンプルながら動きやすい仕様で、世界遺産の古刹など有名寺院からの引き合いも多いという。いわばプロの折り紙付きの逸品といえる。この夏、当店イチオシの作務衣である。

袖裾ゴム式作務衣

写真=濃紺
寺の住職や書家、陶芸家から要望を聞き、気持ちよく着られて動きやすい仕立てを心がけた。

商品名/袖裾ゴム式作務衣
メーカー名/伊田繊維(日本)
価 格(消費税8%込み)/16,200円buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に
  2. 墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セ…
  3. サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ
  4. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子
  5. 綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着
PAGE TOP