新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

通販

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

袖裾ゴム式作務衣

左からグリーン、杢グレー
光沢感のある生地でシワになりにくい。汚れが付きにくく乾燥も早い。

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、ゆったりした着心地で、かつ動きやすい作務衣をお薦めしたい。もともと作務衣は、禅僧の「作務」(寺における雑役作業)のための衣類として使われてきた。作業着として充分な機能を持つのも納得。

ここでご紹介する作務衣には、経糸の本数を緯糸より多くして、細い糸で密に織り上げた綾織物「バーバリー織り」の薄手生地が使われている。この生地は、緻密で肌触りがよく、軽い着心地で、汗をかいても乾きやすい。

袖と裾がゴムの絞りになり、水仕事の折には、袖をさっとたくし上げることができ、屋外では虫が入りにくい。シワが付きにくい生地で、洗濯後も早く乾く。

もちろん、作務衣は作業着だけでなく、外出着や室内着にもなる万能性が魅力。夏から秋にかけての普段着として一着あれば、さまざまな暮らしの場面で活躍する。

実用性を重視し、シンプルながら動きやすい仕様で、世界遺産の古刹など有名寺院からの引き合いも多いという。いわばプロの折り紙付きの逸品といえる。この夏、当店イチオシの作務衣である。

袖裾ゴム式作務衣

写真=濃紺
寺の住職や書家、陶芸家から要望を聞き、気持ちよく着られて動きやすい仕立てを心がけた。

商品名/袖裾ゴム式作務衣
メーカー名/伊田繊維(日本)
価 格(消費税8%込み)/16,200円buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウォッシュコットンハンチング|風合いの変化が楽しめる職人手作りの…
  2. 帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッ…
  3. ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル
  4. 本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”…
  5. 綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣
PAGE TOP