新着記事

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

袖裾ゴム式作務衣

左からグリーン、杢グレー
光沢感のある生地でシワになりにくい。汚れが付きにくく乾燥も早い。

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、ゆったりした着心地で、かつ動きやすい作務衣をお薦めしたい。もともと作務衣は、禅僧の「作務」(寺における雑役作業)のための衣類として使われてきた。作業着として充分な機能を持つのも納得。

ここでご紹介する作務衣には、経糸の本数を緯糸より多くして、細い糸で密に織り上げた綾織物「バーバリー織り」の薄手生地が使われている。この生地は、緻密で肌触りがよく、軽い着心地で、汗をかいても乾きやすい。

袖と裾がゴムの絞りになり、水仕事の折には、袖をさっとたくし上げることができ、屋外では虫が入りにくい。シワが付きにくい生地で、洗濯後も早く乾く。

もちろん、作務衣は作業着だけでなく、外出着や室内着にもなる万能性が魅力。夏から秋にかけての普段着として一着あれば、さまざまな暮らしの場面で活躍する。

実用性を重視し、シンプルながら動きやすい仕様で、世界遺産の古刹など有名寺院からの引き合いも多いという。いわばプロの折り紙付きの逸品といえる。この夏、当店イチオシの作務衣である。

袖裾ゴム式作務衣

写真=濃紺
寺の住職や書家、陶芸家から要望を聞き、気持ちよく着られて動きやすい仕立てを心がけた。

商品名/袖裾ゴム式作務衣
メーカー名/伊田繊維(日本)
価 格(消費税8%込み)/16,200円buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器
  2. たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア
  3. かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激
  4. ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしな…
  5. べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき
PAGE TOP