新着記事

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

アンセル・アダムスの美しく崇高な風景写真を堪能する展覧会

取材・文/池田充枝

アンセル・アダムス(1902-1984)は、1920年代後半から約60年にわたりアメリカで活躍した最も著名な写真家の一人です。広大な自然の中に見出した美と崇高の風景を精緻なモノクロ写真で表現した作品は、今も写真史上の金字塔として語り継がれています。

そんな風景写真の巨匠アンセル・アダムズの展覧会が、六本木の東京ミッドタウンにある『FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)』にて開かれています(~2017年12月6日まで)。同館の開館10周年を迎えたが記念企画展のひとつです。

京都国立近代美術館の協力を得て、同館所蔵の写真コレクションである「ギルバート・コレクション」のなかから厳選されたアンセル・アダムス作品約60点が一堂に展示されています。

本展の見どころを、富士フイルム株式会社宣伝部にうかがいました。

「アダムスは1902年、サンフランシスコに生まれました。少年期、ピアニストを目指していましたが、同時期に家族でヨセミテ渓谷を旅行し、写真を撮ったことから、ヨセミテの自然と写真に強く興味を抱くようになり、写真にも深く傾倒していきました。

ピアニスト志望だったアダムスが写真に一生を捧げる決意を固めたのは、1930年に写真家のポール・ストランド(1890-1976)と出会ったことがきっかけでした。アダムスは彼のネガを見た瞬間に啓示を受け、創造的な写真とは何かを直観したといいます。

アダムスは完璧なモノクロ写真を制作するための“ゾーン・システム”の発明や、写真市場の成立、写真教育機関の拡充など、写真におけるあらゆる分野の開拓者として現代写真の可能性を切り開き、生涯を通じてその発展に寄与してきました。

《ネガは楽譜であり、プリントは演奏である》という、音楽家を志した経験を持つアダムス独自の印象的な格言は現在もよく知られるところです。風景写真、そして銀塩写真の最高峰として輝き続けるアンセル・アダムスのオリジナル・プリントで不朽の名作の数々をこの貴重な機会にご堪能ください」

見るものに深く静かに語りかける、神々しいまでに美しい風景。アダムスの世界にひたりに、会場に足をお運びください。

【開催要項】
『二十世紀の巨匠 美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス
会期:2017年11月17日(金)~12月6日(金)
会場:FUJIFILM SQUARE
住所:東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウエスト
電話番号:03・6271・3350(10:00~18:00)
http://fujifilmsquare.jp/
開館時間:10時から19時まで(入場は18時50分まで)
会期中無休、入場無料

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光…
  2. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  3. 「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側…
  4. 幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る
  5. 吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説
PAGE TOP