新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

風景画の巨匠ターナーの傑作を世界中から集めた展覧会

《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》1802年展示 油彩・カンヴァス サウサンプトン・シティ・アート・ギャラリー On loan from Southampton City Art Gallery (C)Bridgeman Images / DNPartcom

取材・文/池田充枝

風景画の巨匠ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)の、日本初出品を含む約180点が一堂に会する展覧会が北九州市立美術館本館で開かれています(〜2018年2月4日まで)

ターナーはロンドンに生まれ、10代で地誌的水彩画家として出発しました。若いころからその才能を発揮し、20代の若さでイギリス美術の最高権威、ロイヤル・アカデミーの正会員となりました。

当時のイギリスは産業革命が進展して、大英帝国として繁栄を謳歌していました。この時代に、富裕層の子女の教養のひとつとして水彩画が大いに発展を遂げ、イギリスの「国民的美術」とまで言われるようになりました。もともと油彩画の習作用や地誌的な記録用に用いられた水彩画が、公的な展覧会に出品されるまでの地位を確立したのです。

一方で「グランド・ツアー」の流行とともに風景画への需要が高まっていました。そんな時代背景のなかで、ターナーは、イギリス国内はもとよりフランス、スイス、イタリア、ドイツなどヨーロッパ各地を旅行してたくさんの風景画を描き、高い評価を得ました。

またターナーは版画の出版物も残しています。版画にする際は、スケッチの忠実な再現にこだわり、彫版師に試し刷りの段階で細かく注文をつけ、納得いくまで何度も彫り直しをさせていたそうです。1826年に出版した『イングランド南海岸のピクチャレスな景観』は、ターナーの傑作版画のひとつです。

《モンテ・マリオから見たローマ》1820年 水彩、スクレイピングアウト・紙
エディンバラ、スコットランド国立美術館群 (C)Trustees of the National Galleries of Scotland

本展は、ターナーの画業と芸術の全貌を、イギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐって集めた約180点の作品で紹介。最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。

見どころを、北九州市立美術館の学芸員、河村朱音さんにうかがいました。

「このたび北九州市立美術館本館は大規模改修工事による約2年の休館を経て、11月3日にリニューアル・オープンしました。装いを新たに、記念の特別展では、イギリスを代表する風景画家ターナーの作品をご紹介します。

ターナーは、イギリスで最も偉大な画家であり、風景画の歴史においても最も独創的な画家のひとりです。卓越した技法により、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景など、自然の多様な表情を描くとともに、古代の美を呼び覚ます歴史風景画にも取り組みました。また、詩集の挿絵や地誌に関する出版物など多くの優れた版画も残しています。

《スノードン山、残照》1798-99年 水彩、スクレイピングアウト・紙
エディンバラ、スコットランド国立美術館群 (C)Trustees of the National Galleries of Scotland

本展は、スコットランド国立美術館群をはじめとするイギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐった、すべてがターナーの作品で構成されます。総点数約180点のうち、油彩画、水彩画50点が日本初出品となる、日本では一堂に展観する機会の少ないターナーの画業と芸術の全貌を存分に堪能できる貴重な展覧会です。最新の知見をもとに、4つの章を辿りながらその核心と魅力に迫ります」

居ながらにして風光明媚な地を旅することのできる傑作風景画の数々を堪能しに、ぜひ足をお運びください。

【開催要項】
『英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩 Turner and the Poetics of Landscape
■会期:2017年11月3日(金・祝)~2018年2月4日(日)
■会場:北九州市立美術館本館
■住所:北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21-1
■電話番号:093・882・7777
■ウェブサイト:http://turner-kitakyu.com
■開館時間:9時30分から17時30分まで(入館は17時まで)
■休館日:月曜(ただし月曜が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜が休館)、年末年始(12月29日~1月3日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】
  2. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  3. 仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート…
  4. 日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と…
  5. 現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフ…
PAGE TOP