新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

風景画の巨匠ターナーの傑作を世界中から集めた展覧会

《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》1802年展示 油彩・カンヴァス サウサンプトン・シティ・アート・ギャラリー On loan from Southampton City Art Gallery (C)Bridgeman Images / DNPartcom

取材・文/池田充枝

風景画の巨匠ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)の、日本初出品を含む約180点が一堂に会する展覧会が北九州市立美術館本館で開かれています(〜2018年2月4日まで)

ターナーはロンドンに生まれ、10代で地誌的水彩画家として出発しました。若いころからその才能を発揮し、20代の若さでイギリス美術の最高権威、ロイヤル・アカデミーの正会員となりました。

当時のイギリスは産業革命が進展して、大英帝国として繁栄を謳歌していました。この時代に、富裕層の子女の教養のひとつとして水彩画が大いに発展を遂げ、イギリスの「国民的美術」とまで言われるようになりました。もともと油彩画の習作用や地誌的な記録用に用いられた水彩画が、公的な展覧会に出品されるまでの地位を確立したのです。

一方で「グランド・ツアー」の流行とともに風景画への需要が高まっていました。そんな時代背景のなかで、ターナーは、イギリス国内はもとよりフランス、スイス、イタリア、ドイツなどヨーロッパ各地を旅行してたくさんの風景画を描き、高い評価を得ました。

またターナーは版画の出版物も残しています。版画にする際は、スケッチの忠実な再現にこだわり、彫版師に試し刷りの段階で細かく注文をつけ、納得いくまで何度も彫り直しをさせていたそうです。1826年に出版した『イングランド南海岸のピクチャレスな景観』は、ターナーの傑作版画のひとつです。

《モンテ・マリオから見たローマ》1820年 水彩、スクレイピングアウト・紙
エディンバラ、スコットランド国立美術館群 (C)Trustees of the National Galleries of Scotland

本展は、ターナーの画業と芸術の全貌を、イギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐって集めた約180点の作品で紹介。最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。

見どころを、北九州市立美術館の学芸員、河村朱音さんにうかがいました。

「このたび北九州市立美術館本館は大規模改修工事による約2年の休館を経て、11月3日にリニューアル・オープンしました。装いを新たに、記念の特別展では、イギリスを代表する風景画家ターナーの作品をご紹介します。

ターナーは、イギリスで最も偉大な画家であり、風景画の歴史においても最も独創的な画家のひとりです。卓越した技法により、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景など、自然の多様な表情を描くとともに、古代の美を呼び覚ます歴史風景画にも取り組みました。また、詩集の挿絵や地誌に関する出版物など多くの優れた版画も残しています。

《スノードン山、残照》1798-99年 水彩、スクレイピングアウト・紙
エディンバラ、スコットランド国立美術館群 (C)Trustees of the National Galleries of Scotland

本展は、スコットランド国立美術館群をはじめとするイギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐった、すべてがターナーの作品で構成されます。総点数約180点のうち、油彩画、水彩画50点が日本初出品となる、日本では一堂に展観する機会の少ないターナーの画業と芸術の全貌を存分に堪能できる貴重な展覧会です。最新の知見をもとに、4つの章を辿りながらその核心と魅力に迫ります」

居ながらにして風光明媚な地を旅することのできる傑作風景画の数々を堪能しに、ぜひ足をお運びください。

【開催要項】
『英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩 Turner and the Poetics of Landscape
■会期:2017年11月3日(金・祝)~2018年2月4日(日)
■会場:北九州市立美術館本館
■住所:北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21-1
■電話番号:093・882・7777
■ウェブサイト:http://turner-kitakyu.com
■開館時間:9時30分から17時30分まで(入館は17時まで)
■休館日:月曜(ただし月曜が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜が休館)、年末年始(12月29日~1月3日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  2. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎…
  3. 旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅す…
  4. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿…
  5. 無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫た…
PAGE TOP