新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ」(尾崎士郎)【漱石と明治人のことば71】

sousekiKotobaBanner2

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ。よしんば、中道にして倒れたところで、いいではないか」
--尾崎士郎

ベストセラー『人生劇場』で知られる作家の尾崎士郎は、明治31年(1898)愛知・横須賀村に生まれた。

大の相撲好き。大森・馬込に文士仲間と集っていた若き日には、山本周五郎、今井達夫らを率いて大森相撲協会を組織。自らマワシをしめ、「夕凪」という四股名(しこな)で本気で相撲に明け暮れていた。「何にしてくれたら嬉しいって、文句なく横綱だ」と、少年のように目を輝かせて言っていた。そんな思いが後年、別の形で結実した。日本相撲協会の横綱審議委員となったのである。

長男を「俵士」と名づけたのも、大好きな相撲にひっかけて「土俵の士」の意味を込めつつ、代表作『人生劇場』の主人公・青成飄吉に音を重ねたものだったと思われる。

文士としての強烈な自負と気概にもあふれていた。「文士はかすみを食って生きるべし」が口癖。『人生劇場』の作中を駆け抜ける人間たちにも、そんな作者の熱い精神が吹き込まれていた。

掲出のことばは、そんな尾崎士郎が長男のために書き残した随筆文『俵士よ』の中の一節。「死生、命ありだ。くよくよすることは一つもない」とも綴っている。

尾崎士郎が長男に贈ったこのことばには、強い愛情と励ましが満ちている。それはそのまま、人生の後輩としての私たちへのエールともなろう。

大田区・山王の尾崎家に、かつて尾崎俵士さんを訪ねたことを思い出す。私はそこで俵士さんに、尾崎士郎の遺品の、前の歯が極端に高い(後ろの歯との高低差約5センチ)下駄を見せてもらった。尾崎士郎は還暦の頃、それを履いて下半身を鍛えていたという。

俵士さんはその下駄を前に、こんなふうに呟いた。

「強くなりたいという子どもっぽい憧れ、それ以上に、尽きることない青春への渇望があったんでしょうね」

そのことばには、亡き父への敬慕がにじみ出ていた。

今日から、大相撲3月場所が始まる。場所前にちょっと怪我があったが、新横綱・稀勢の里はどんな相撲を見せてくれるか、楽しみだ。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

himekurisoseki-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP