くすのきとひのきのシューズキーパー|樹木の力で大切な靴を守る

森林には、空気ばかりか気分まで浄化する作用がある。そんな森の力をシューズキーパーに応用した。使われている樹木は檜ひのきと楠くすのき、ともに防虫作用、防カビに優れ、通気性や吸湿発散性もある。

そんな檜と楠を「もくめん」(木材から作った緩衝材)状に加工し、土佐和紙で包んだ。檜、楠ともに高知県産で、取り出すと爽やかな香りが広がる。

檜製と楠製を同サイズ2足セットにしてお届け。大切にしているシューズに使っていただきたい。

「もくめん」(木毛)と呼ばれる木材の緩衝材を作るメーカーが新たな商品開発に挑んだ。左は楠、右は檜のもくめん。それぞれのチップと合わせて充填されている。

「もくめん」(木毛)と呼ばれる木材の緩衝材。左は楠、右は檜のもくめん。

商品名/くすのきとひのきのシューズキーパー2足組み
メーカー名/戸田商行(日本)
価 格(消費税8%込み)/3,888円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で