新着記事

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「誰れでもかまわない人間をなめ殺しに」(草野心平)【漱石と明治人のことば256】

sousekiKotobaBanner2
今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「誰れでもかまわない人間をなめ殺しに」
--草野心平

詩人の草野心平は、蛙を題材とした詩を多く書いた。そこでは、作者が蛙と一体化しているようでもあり、蛙の目を通して世界を眺めているようでもあった。

具体的に、詩集『第百階級』の中に書かれた物語を追ってみてみよう。現代日本の蛙は、恋や寂しさを語るかと思うと、子供らに追いかけられる。18世紀イタリアの蛙はボローニャで生理学者の解剖の対象となり、ベトナム戦争下のソンミ村の蛙は戦争に巻き込まれ半死人の下敷きとなる。そしてついには、ある日、目を開いたヒキガエルが竹藪の中を歩きだし、「何処へ?」という問いかけに、掲出のことばで答えるのである。一見、とぼけた味わいの底に、身震いするような恐ろしさも感じられる。

草野心平は明治36年(1903)、福島県上小川村(現・いわき市小川町)の生まれ。旧家の次男坊で、少年期はやたらと人に噛みつき、教科書まで食いちぎるようなヤンチャ坊主だった。

小学校卒業を前に、兄と母、姉を相継いで亡くし、16歳で中学を中退し上京。慶応義塾普通部を経て、中国広東省の嶺南大学に留学した。米国系ミッションスクールである同校で、心平は英米人の教授と中国人学生にまじる唯一の日本人。そんな環境下、独得の、時に茫洋とも映る巨きな宇宙観が養われていく。亡兄の遺した詩作ノートに刺激を受け、自身で詩を書きはじめたのもこの頃だった。

ガリ版刷りの処女詩集『廃園の喇叭』を世に出すのは大正12年(1923)、20歳の頃。初の活版印刷による詩集『第百階級』の刊行は、それより5年後の昭和3年(1928)。発行部数は100 部で、そのうちまともに売れたのは3部だけだったという。

生活のため、心平は種々の仕事をした。屋台の焼鳥屋をやったり貸本屋を開いたり、新聞社や出版社にも勤めた。農業にも取り組んだ。その際、頼りにしたのは詩人仲間の宮沢賢治。花巻農学校の教師をつとめ、自身でも畑を耕し肥料研究などもしていた賢治に、心平は手紙で指導を仰いだのだ。あるときは米びつが空となり、賢治に「コメ一ピョウタノム」という電報を打ったこともあった。

そんな赤貧生活をくぐりながら、心平には孤独や哀しみも包み込んでしまう向日性があった。そして、詩人として、擬音や句点、記号までを駆使した斬新な表現手法で、人も天地も小動物も、まるごと受けとめ愛するような、大きな共生共死の感覚があふれる作品を紡いでいく。生涯で書き残した詩は1400篇余りに及んだという。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP