新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「誰れでもかまわない人間をなめ殺しに」(草野心平)【漱石と明治人のことば256】

sousekiKotobaBanner2
今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「誰れでもかまわない人間をなめ殺しに」
--草野心平

詩人の草野心平は、蛙を題材とした詩を多く書いた。そこでは、作者が蛙と一体化しているようでもあり、蛙の目を通して世界を眺めているようでもあった。

具体的に、詩集『第百階級』の中に書かれた物語を追ってみてみよう。現代日本の蛙は、恋や寂しさを語るかと思うと、子供らに追いかけられる。18世紀イタリアの蛙はボローニャで生理学者の解剖の対象となり、ベトナム戦争下のソンミ村の蛙は戦争に巻き込まれ半死人の下敷きとなる。そしてついには、ある日、目を開いたヒキガエルが竹藪の中を歩きだし、「何処へ?」という問いかけに、掲出のことばで答えるのである。一見、とぼけた味わいの底に、身震いするような恐ろしさも感じられる。

草野心平は明治36年(1903)、福島県上小川村(現・いわき市小川町)の生まれ。旧家の次男坊で、少年期はやたらと人に噛みつき、教科書まで食いちぎるようなヤンチャ坊主だった。

小学校卒業を前に、兄と母、姉を相継いで亡くし、16歳で中学を中退し上京。慶応義塾普通部を経て、中国広東省の嶺南大学に留学した。米国系ミッションスクールである同校で、心平は英米人の教授と中国人学生にまじる唯一の日本人。そんな環境下、独得の、時に茫洋とも映る巨きな宇宙観が養われていく。亡兄の遺した詩作ノートに刺激を受け、自身で詩を書きはじめたのもこの頃だった。

ガリ版刷りの処女詩集『廃園の喇叭』を世に出すのは大正12年(1923)、20歳の頃。初の活版印刷による詩集『第百階級』の刊行は、それより5年後の昭和3年(1928)。発行部数は100 部で、そのうちまともに売れたのは3部だけだったという。

生活のため、心平は種々の仕事をした。屋台の焼鳥屋をやったり貸本屋を開いたり、新聞社や出版社にも勤めた。農業にも取り組んだ。その際、頼りにしたのは詩人仲間の宮沢賢治。花巻農学校の教師をつとめ、自身でも畑を耕し肥料研究などもしていた賢治に、心平は手紙で指導を仰いだのだ。あるときは米びつが空となり、賢治に「コメ一ピョウタノム」という電報を打ったこともあった。

そんな赤貧生活をくぐりながら、心平には孤独や哀しみも包み込んでしまう向日性があった。そして、詩人として、擬音や句点、記号までを駆使した斬新な表現手法で、人も天地も小動物も、まるごと受けとめ愛するような、大きな共生共死の感覚があふれる作品を紡いでいく。生涯で書き残した詩は1400篇余りに及んだという。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP