新着記事

顔剃りのプロ・浅野茂喜さんが教える「正しいうぶ毛剃り」の方法

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

若くしてベテラン女優のような存在感の菅井きん。黒澤明監督『生きる』【面白すぎる日本映画 第22回】

文・絵/牧野良幸

女優の菅井きんが8月に亡くなった。享年92歳だった。

菅井きんは母親やおばあさん役が多く、昔からお茶の間のテレビでおなじみの俳優だった。訃報を知らせるニュースでも、ドラマ『必殺仕置人』での「ムコどのー!」と言うシーンを多く流していたから、日本中の人がテレビの姿に親しんでいたのだと思う。

しかし昔の日本映画にハマっている僕としては、やはり映画に出ている菅井きんが印象的だ。

自身の初主演映画が2008年の『ぼくのおばあちゃん』ということからも分かるように、菅井きんの女優人生はほとんどが脇役だった。しかし「名脇役」という言葉では片付けることができないほど、それこそ主役と同じくらいの存在感があった。

黒澤明監督の『生きる』(1952年)でも、菅井きんの役どころは市役所に陳情にくる主婦たちの一人にすぎない。実はこの主婦たちの中には、黒澤映画の常連の女優が含まれているのだが、特別な映画マニアでもないかぎり見過ごしてしまうだろう。

しかし菅井きんだけは目立つのである。僕など菅井きんを発見するや、目を奪われるだけでなく一瞬映画が停止してしまうのだ。

「あ、菅井きんが出ている!(若いなあ……)」

世界に誇るクロサワ映画の流れを止めてしまうほど、菅井きんの存在感は半端ではない。その後も主婦たちは数回登場するが、どの場面でも菅井きんを探してしまう自分がいる。

とくに主人公の市民課長、渡辺勘治(志村 喬)が公園の建設現場を視察するシーン。雨に濡れるのも構わず工事の進行具合を凝視する渡辺に、後ろから一人飛び出して傘を掲げるのが菅井きんである。ここでも一瞬、脳内では映画をストップさせて感想をもらすことになる。

「さすが黒澤監督、ここに菅井きんを使ったか!」

菅井きんの映画デビューは『生きる』の前年の1951年だというから、この時点では新人だ。年齢も26歳。それでもベテラン女優のような存在感がある。黒澤明もそれを気づいていたのだろう。

ちなみに『生きる』の2年後に制作された『ゴジラ』(1954年)でも、菅井きんは端役で登場するが、これまた観る者の思考を一旦停止させてしまうほどの存在感だ。

国会の公聴会でゴジラの存在を「重大だからこそ公表すべきだ!」と声をあげる婦人代議士の役(そこで博士を演じるのは、またも志村 喬)。菅井きんに似合わぬ(?)ハイカラな服装も手伝って、ここでも思考は一旦ゴジラから離れ、心の中で声をあげてしまうのである。

「うわっ、菅井きんだ。それも上流婦人の格好で!」

『生きる』でも『ゴジラ』でもそうだが、「名脇役」と呼ばれるのはまだ先のこと、端役にすぎない菅井きんに、どうしてこうも目を奪われるのだろう?

たぶんのちに親しく見た老け役とのギャップに驚くのかもしれない。実際、同じ黒澤監督の1970年作品『どですかでん』での菅井きんは、主人公のお母さん役で今日のイメージどおり、すんなりと見ることができる。

しかし白黒画面の中で菅井きんが人を惹きつける理由は、それだけではない。『生きる』や『ゴジラ』が制作された50年代、菅井きんは確かに若かった。にもかかわらず名女優の存在感を最初から持ち合わせていたのだと思う。『生きる』は繰り返し観る映画であるが、何度観ても菅井きんの姿が薄れることはない。

【今日の面白すぎる日本映画】
『生きる』
製作年:1952年
製作・配給:東宝
モノクロ/143分
キャスト/志村喬、小田切みき、 小堀誠、 金子信雄、 千秋実、藤原釜足、菅井きん、ほか
スタッフ/監督:黒澤明、脚本:黒澤明、橋本忍、小国英雄 音楽:早坂文雄

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『拳銃(コルト)は俺のパスポート』 ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)…
  2. 人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】 人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁…
  3. 和田誠の才能と愛情が注ぎ込まれた作品|『麻雀放浪記』【面白すぎる日本映画 第37回】 和田誠の才能と愛情が注ぎ込まれた作品『麻雀放浪記』【面白すぎる日…
  4. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  5. 憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】 憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎…
PAGE TOP