新着記事

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その2~

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その1~

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』

認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

皇帝専用駅ヒーツィング

謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の駅と路線(オーストリア)

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

寒さに見合う至高の一枚を!「純白の雪景色」を上手に撮影する3つのコツ

真っ白に染まった雪景色を前にすると、純白の世界に想像力を掻き立てられ、カメラに収めておきたいと考える写真愛好家は少なくないだろう。

しかし目の前の幻想的な風景を美しく切り取ろうとしても、これがなかなか難しい。雪景色を「銀世界」と呼ぶこともあるが、そのまま写真を撮ろうとすると、雪というものは“灰色っぽく”写ってしまうからだ。

そこで、以前も「撮影者の腕が問われる!難しい被写体「秋の空」を上手に撮影するコツ」で参考にさせて頂いたニコンカレッジ講師・芳賀健二氏の作例を元に雪景色の撮り方を紹介していこう。

まずは芳賀氏のこちらの写真を見ていただきたい。

メイン画像

【撮影データ・使用機材】レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED、焦点距離:55mm、絞り値:f/8 シャッタースピード:1/800秒、ホワイトバランス:晴天、露出モード:絞り優先オート、測光モード:マルチパターン測光、露出補正:+1.3段、フォーカスモード:AF-S、ISO感度設定:ISO 400 (撮影:芳賀健二)

まさに雪中で寒さに耐えながら春を待つ樹木の力強さを感じる一枚と言える。そんな一枚がどのような設定で撮影されたのか、3つのポイントを下記にまとめてみたので参考にしてほしい。

■1:露出にプラス補正をかける

雪模様ということは太陽が出ていない状態。そんな状態で普通に撮影しようすると雪は灰色に写ってしまう。そこで「真っ白な雪を撮影したい場合は露出はプラスにして撮影する」ことが基本となる。ちなみに今回の露出は+1.3とのこと。

■2:シャッタースピードを速くして「一瞬」を切り取る

今回は三脚などを使わずに手持ちでの撮影。読者の多くも雪景色を撮る際には手持ち撮影になることだろう。そんな時には「シャッタースピードを速くする」のが良い。同時に手ブレにも注意すれば、舞い降る六花の一瞬をも捉えることが可能となるだろう。

■3:対象のバランスにも注意する

他の撮影時にも同じことが言えるが、特に雪景色はともすれば真っ白で平凡な一枚になってしまいがち。そこでこの芳賀氏の写真だ。手前の木々と右奥上の木々のバランスに注意して見事に雪山での一瞬を切り取っている。雪景色の中に何を写したいかを明確にし、バランスを考えてシャッターを切る。これが満足のいく一枚を撮影するコツと言えそうだ。

撮り方レシピ

芳賀氏が撮影した、その他の雪景色写真もご覧いただこう。

バリエーション1

谷間にかかる赤い橋に当たる光と、木立の陰影でシャープさと温かさの両方を感じられる一枚。「空を入れないことで山の斜面がずっと上まで続く感じになり、山深い印象になった」とは芳賀氏の言葉。 (撮影:芳賀健二)

バリエーション2

スピードライトを発光させての撮影により雪が白い点となって写った一枚。このような幻想的な写真は、まさに雪景色ならではと言えるだろう。 (撮影:芳賀健二)

以上、ご覧にいれたこれらの写真は、ニコン公式ホームページ内にある『Enjoy ニコン 好きな写真の撮り方レシピ「冬の寒さのなか、雪景色を撮る」』にて掲載されている。

寒い思いをして撮影する雪景色。その労力に見合った一枚を撮るためにも、上記のポイントをしっかりと頭に入れて撮影に挑んで欲しい。

作例撮影/芳賀健二(はが けんじ)
四季折々の自然風景を追いかけて光、風、そして空気を意識しながら作品作りをしている。 また被写体を見つける楽しみと、出会いの新鮮さを求めての、街スナップにも力を入れている。今までに4冊の写真集とニコンサロンなどで12回の写真展を開催。福島県出身。現ニコンカレッジ講師担当。日本写真作家協会(JPA)会員。

レンズ画像

【芳賀氏の使用レンズ】AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED(ニコン)

【参考リンク】
※ Enjoy ニコン 好きな写真の撮り方レシピ「冬の寒さのなか、雪景色を撮る」
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/recipe/recipe20.html

※ Enjoy ニコン 好きな写真の撮り方レシピ
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/recipe/

※ ニコンカレッジ
http://www.nikon-image.com/nikoncollege/

取材・文/田中十兄

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. エレコムのカメラバックパック「off toco」を編集長が試して…
  2. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた
  3. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた
  4. 名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】
  5. 雨の日こそシャッターチャンス!「水滴」を利用して芸術的な写真を撮…
PAGE TOP