新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

山寺駅(JR仙山線)紅葉映える芭蕉ゆかりの名駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第11回】

山寺駅 (1)_s

文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)

11月のよく晴れた朝、山寺駅を訪ねた。この駅は山形と仙台を結ぶJR仙山線の渓谷にあり、山形平野から連続25パーミルの勾配を登ってきたところにある。

列車からおりると、黄色に真紅が混ざる紅葉真っ盛りの宝珠山・立石寺が、どかんと真正面に見える。あの芭蕉の名句「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」で知られる、みちのくの古刹だ

立石寺と山寺駅とは、谷を挟んで向かい合っており、山寺駅のホームは、立石寺を愛でる最良の展望台になっている。

山寺駅 (3)_s

山寺駅 (4)_s

駅舎はホームから下ったところにあり、地下道で連絡する。木造平屋の駅舎は、このまま参拝したくなるような寺院風の姿でたたずんでいた。

屋根こそ金属板で覆われているが、玄関の正面破風と左右の切妻に鬼瓦が置かれて堂々たる構えを見せている。

山寺駅 (5)_s

山寺駅はみちのくの名駅舎と言っていいだろう。竣工した昭和8年当時は全国の有名神社仏閣のもより駅に、参拝客を見込んで和風駅舎が建てられた頃。この駅も「立石寺駅」ではなく地元の通称名「山寺駅」として誕生した。

山寺駅 (7)_s

30年ほど前、初めてこの駅をたずねた時は、玄関に大きな柱時計が取りつけられ、風雪を経た駅舎はまさに芭蕉の句を思わせるような古寺のたたずまいだった。

その頃はすでに委託駅になっていて、毎朝職員がその柱時計のネジを巻いていたことを覚えている。

久しぶりに訪ねた山寺駅はすっかりリニューアルされ、待合室には囲炉裏も置かれていた。また駅舎に隣接して展望台も建てられていた。快適になった分、かつての枯れたたたずまいが消えたのがちょっと残念だ。

1985年の山寺駅。

1985年の山寺駅。

山間にあって窮屈な敷地だが、ホームの左右に3本の側線があり、その末端には転車台も残されている。これは非電化時代のなごりで、かつてはここで折り返す蒸気機関車のための設備だった。

ちなみにこの仙山線は、峠越え路線のため昭和30年代に日本初の交流電化区間となり(勾配に強い強力な電車が使えるため)、交直両用電車が投入された区間だった。

しかし山寺駅から山形よりは直流区間で、昭和43年までこの駅は交直切り替えのセクションでもあった。

山寺駅 (8)_s

柿の実がたわわに実る小道を歩いて、駅から少し上流にある鉄橋で列車を待った。今も仙山線は全線が単線でこれより仙台方面の山寺駅〜面白山高原駅間は急峻な山岳路線になる。

しばらくして、下ってきた山形行の電車が鉄橋を渡っていった。その背景に立石寺奥の院が見事な紅葉の中に見えた。山寺は名駅舎とともに、鉄道絶景の地だと思った。

山寺駅 (6)_s

【山寺駅 (JR東日本仙山線)】
ホーム1面2線で、日中有人の委託駅
所在地:山形県山形市大字山寺4273
駅開業年月日:1933年(昭和8)10月17日
アクセス:仙台から仙山線で約1時間

文・写真/杉﨑行恭
乗り物ジャンルのフォトライターとして時刻表や旅行雑誌を中心に活動。『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タウシュベツ川橋梁(撮影/岩崎量示) じわじわ人気!鉄道ファンでなくても楽しめる「廃線めぐり」の旅
  2. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  3. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  4. グライヒェンベルグ鉄道 二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベ…
  5. JR北海道全線踏破10日間の旅 10日目・最終日《苫小牧から様似(えりも岬)・その2》【実録・J…
PAGE TOP