藤原氏繁栄に貢献する

父親の反対を押し切って、道長の嫡妻となった倫子。結婚した翌年に、長女・彰子を授かります。正暦3年(992)には、長男・頼通を授かり、その後も次々と子どもを授かることになりました。また、道長の姉・詮子(あきこ、もしくは、せんし)との仲も良好で、仲睦まじい家庭を築き上げたとされます。

その後、詮子の働きかけもあって、彰子は一条天皇の中宮(ちゅうぐう、皇后とほぼ同格の后)になりました。そして、ほかの娘たちも次々と天皇の后になり、皇子を授かりました。

藤原道長
『紫式部日記絵巻断簡』
生後50日の親王を抱く倫子(左上)。 画面下が藤原道長。背を向けている女性が彰子。
出典:国立文化財機構所蔵品統合検索システム
https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/A-12091?locale=ja

当時は、夫婦の間に生まれた子どもは、母方の親族が養育するのが通例だったため、皇子が天皇として即位することで、父・道長は外祖父として権勢を振るうことができたのです。こうして、道長は後一条(ごいちじょう)・後朱雀(ごすざく)・後冷泉(ごれいぜい)の3代にわたって、絶大な権力を誇示することができました。

倫子もまた、外祖母として厚遇され、准三宮という臣下女性最高の栄誉を受けることとなったのです。その後、道長に先立たれた倫子は出家し、天喜元年(1053)、90年の大往生を果たしました。

まとめ

道長と結婚し、藤原氏の繁栄に大きく貢献した源倫子。彼女と結婚し、子宝に恵まれたことで、道長は栄華を極めることができたと言えます。母・穆子だけでなく、倫子もまた、道長の大成を予見していたのかもしれません。

※表記の年代と出来事には、諸説あります。

文/とよだまほ(京都メディアライン)
肖像画/もぱ(京都メディアライン)
HP: http://kyotomedialine.com FB

引用・参考図書/
『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞出版)
『日本人名大辞典』(講談社)

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
5月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店