取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです。

昭和、平成、令和と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきている。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたこと、親について、そして子供について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちに迫る。

俳優同士が子どもを授かったことを公表したとともに事実婚を選択したことが話題を呼んでいる。

ノマドマーケティング株式会社では、40代から50代の独身男女を対象に事実婚についてのアンケートを実施(実施日:2023年1月12日、有効回答数:全国の40歳~59歳の独身男女1000人、インターネット調査)。事実婚を選択した理由では、男女ともに「結婚にこだわっていない・必要がない」との回答が多かった。次に、「現在、事実婚の状態にある」と回答した人に子どもの有無を聞いたところ、男性では約10%、女性では約20%がいると回答している。

今回お話を伺った亜美さん(仮名・43歳)は、付き合っていた男性と同棲をしている中で関係が悪化していき、同棲を解消しようとしていた。そんな矢先、妊娠してしまったという。【~その1~はコチラ

パートナーの「僕だって子どもに会いたい」の一言で破局を留まる

妊娠がわかったのは、同棲解消に向けて家を探しているときだった。そんなときだったが、亜美さんに子どもを諦めるという思いはなかった。

「同棲を解消してもすぐに別れるつもりはなかったのですが、後々別れることになるんだろうなとは思っていました。そんなときの妊娠発覚でした。パッと浮かんだのは、どうしようという不安だったけど、その次の瞬間には産もうって思っていました。相手がどういう反応をしても、産むことだけは決めていましたね」

話し合いの中で共通して出た言葉は「このまま結婚してもうまくいくわけない」。結婚はしないほうがいいという思いから亜美さんは一人で育てていく決意をしたが、パートナーはそれに反対したという。

「『俺だって子どものことは嬉しいし、このまま会えなくなるのは嫌だ』と相手が言いました。そこから何度も話し合って、籍は子どもができてから考えるとして、別れることはしたくないということで気持ちが固まったんです。

そこから、このまま同棲しても関係は良くならないので、2部屋が空いている別のマンションに引っ越しをして、3階と1階というように別々に生活をするようにしました」

【3人で生きることを前提に、何がいいかを取捨選択した結果。次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店