草に濡れ来て草色の月涼し ──夏井いつき

宝厳寺

松山ゆかりの文化人の句碑が立つ寺

伊月庵のすぐそばにある宝厳寺は、夏井さんが親しむ松山の風景のひとつ。上の句は夏井さん作の夏の句。
境内に子規や歌人の斎藤茂吉、夏井さんの師、黒田杏子さんらの句碑が立つ。写真は、〈稲光一遍上人徒跣〉黒田杏子さんの作。

愛媛県松山市道後湯月町5-4
電話:089・946・2418
開館時間:9時~17時
交通:松山空港より車で約40分。伊予鉄道道後温泉駅より徒歩約7分

俳人の夏井いつきさんは、自宅のある松山市を拠点に俳句を広める活動を続けている。松山は正岡子規や高浜虚子をはじめ多くの俳人ゆかりの地。そんな俳都で気軽に使える句会場をと4年前、道後の上人坂に「伊月庵」を開設した。子規や山頭火らが集って俳句をした愚陀仏庵や一草庵に続く、俳人ゆかりの庵となった。

「それまで勤めていた教師を辞め、俳人になったばかりのときは食べていくのも大変でした。暮らしていけたのは俳句が盛んな松山の土地と人のおかげです。松山に恩返しするつもりで、庵を開きました」

そう語る夏井さんと上人坂を歩いた。上人坂は道後温泉東の山裾に鎮座する宝厳寺に向かう坂。宝厳寺は鎌倉時代中期の僧侶で、正岡子規が「伊予一の豪傑」と評した一遍上人(※一遍(1239~89)は、鎌倉時代末期に浄土教一宗派の「時宗」を開いた僧侶。)生誕の地だ。

「門前町として開かれたこの地はかつては色里(遊廓街)として栄えていました。ここを子規や夏目漱石も吟行して、名句も誕生した場所なんですよ」と夏井さん。

明治28 年、子規と友人の漱石は上人坂を吟行する。門前の遊廓街に驚いた漱石は、小説『坊っちゃん』で《山門の中に遊廓があるなんて前代未聞の現象》と描写。子規は宝厳寺の門前で一句詠んだ。
〈色里や十歩はなれて秋の風〉

俳人たちに愛された道後温泉

松山の町を歩くと至る所に俳句ポストが置かれ、誰もが気軽に投句することができる。

「俳句のタネはそこらじゅうにありますからね。昔、俳句初心者の主婦たちとミーハー吟行隊を結成して、道後温泉に浸かってフーフー汗を流しながら俳句を詠んだんです(笑)。みんな夢中で作句しました。吟行は発見がたくさんあって興味が尽きません」(夏井さん)

道後温泉は約3000年の歴史を誇る古湯。日本の公衆浴場として初めて国の重要文化財に指定され、今も現役で営業している。

道後温泉本館

3000年の歴史をもつ名句の宝庫

日本唯一の皇室専用浴室のある道後温泉本館の「又新殿・霊の湯棟」。現在、本館は保存修理工事中のため、入浴は霊の湯のみ。本館は令和6年度に完成予定。
子規や漱石も訪れた道後温泉本館にある「霊の湯」。浴室には庵治石や大島石を、壁面には大理石を使用した高級感あふれる浴室。写真提供/松山市

愛媛県松山市道後湯之町5-6
電話:089・921・5141(道後温泉事務所)
営業時間:6時~23時(札止22時30分。利用時間1時間以内)
定休日:無休(12月に1日臨時休館あり)
料金:420円
交通:松山空港より車で約40分。伊予鉄道道後温泉駅より徒歩約5分

江戸期の俳人、小林一茶も道後温泉の吟行を楽しんだひとりだ。
〈寝ころんで蝶泊らせる外湯哉〉
春うららかな温泉情緒を感じさせる句を詠み、以来一茶は松山が気に入り、翌年も来遊したという。

松山出身の文人たちも湯に浸かり作句した。子規の句、
〈十年の汗を道後の温泉尓洗へ〉
子規について学ぶことのできる、子規記念博物館に訪れたい。

子規記念博物館

約7万点の資料や書簡、書籍を収蔵

夏目漱石が松山に赴任した際の下宿先「愚陀仏庵」を館内に復元。子規も居候した時期があり、ここで句会を開いた。
子規ゆかりの品々や書簡を間近で見ることができる博物館。俳句ポストも設置。

愛媛県松山市道後公園1-30
電話:089・931・5566
開館日:5月1日~10月31日:9時~18時(入館17時30分まで)、11月1日~4月30日:9時~17時(入館16時30分まで) 
休館日:火曜(祝日の場合は翌日)
入場料:400円
交通:伊予鉄道道後温泉駅より徒歩約5分

一草庵

自由律俳句の俳人 種田山頭火の終焉の地

山頭火は大正15年より行乞行脚の旅を始め、昭和14年に松山の御幸寺境内に庵住。「一草庵」と名付け在庵10か月後に永眠。

愛媛県松山市御幸1-435-1
電話:089・948・6891(松山市文化財課)
開館日:庵内部公開:9時~17時(2月~6月、9月~10月の土・日・祝日)、9時~17時30分(7月~8月の土・日・祝日)、9時〜
16時30分(11月1日~12月27日、1月5日~1月31日の土・日・祝日) 見学自由 入館料:無料 
交通:伊予鉄道赤十字病院前駅より徒歩約7分

立ち寄り処

水口(みなくち)酒造

老舗の酒蔵で俳句を楽しむ

明治28年創業の酒造所。木造2階建ての建物は国の有形文化財。酒蔵見学の情報はホームページhttps://www.dogobeer.co.jpにて。
道後の俳句ゆかりの地巡り、俳句講習、日本酒小瓶(300mL)のラベルに一句認(したた)める「俳句体験ツアー」(※:俳句体験ツアーについての問い合わせは、松山はいく事務局 電話:089・945・6445)1時間3000円。

愛媛県松山市道後喜多町3-23
電話:089・924・6616 
営業時間:8時30分~17時
定休日:日曜、祝日、年末年始
交通:伊予鉄道道後温泉駅より徒歩約4分

※この記事は『サライ』本誌2022年8月号より転載しました。

『サライ』8月号の大特集は「『俳句』で人生を豊かに」。投句や句会、吟行、俳画など、俳句の楽しみ方は様々です。俳人・夏井いつき先生の手ほどきで、暮らしの中に俳句を取り入れ、人生を楽しむ術を学びます。

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
9月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品