新着記事

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

本誌情報

サライ2017年6月号|特集:天主堂への旅/俳句入門

↑↑↑写真をクリックすると6月号が試し読みできます。

発売中の『サライ』2017年6月号は、世界遺産登録が待たれる長崎・五島・天草「天主堂」への旅特集に、観賞のツボから作句のコツまで「俳句はじめよう」の趣味特集をあわせた渾身の2大特集です!

それでは読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
信じることは、生きること。受難と復活のキリシタン文化400年を訪ねる
「天主堂」光と祈りの旅

『サライ』6月号の大特集は、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の名称で、世界文化遺産登録を目前に控えた「長崎の天主堂」を訪ねる旅企画です。

1550年、ザビエルの平戸上陸から、長崎の地にキリシタン信仰の歴史が始まりました。そして禁教と弾圧という苦難の時を超え、その祈りの姿は140以上もの教会という形となって、今も私たちを迎えてくれます。

今特集では、キリスト教がこの地に伝来してからの受難と復活の歴史を踏まえ、キリシタン文化によって育まれた美しい祈りの場である長崎周辺(長崎、五島、天草)各地の教会建築とその関連遺産などを紹介します。

第一部では、マーティン・スコセッシ監督による映画化でも話題となった遠藤周作の小説『沈黙』の舞台となった長崎・外海の旅を中心に展開。長崎におけるキリスト教文化のあり方と、「カクレキリシタン」とは何かについての解説記事も掲載しています。

第二部では五島列島、天草、長崎の各地を訪ね、旅情を誘う美しい風景と、そこに息づく教会建築の数々を紹介します。

とじ込み付録の「長崎・五島・天草」特大地図とともに、長崎の教会建築を巡る旅のガイドとして是非手にとってご一読ください。

【趣味特集】鑑賞のツボから作句、推敲、投句まで懇切指南
「俳句入門」いろはの《い》

老若男女を問わず誰もが親しめる国民的な文学、それが俳句です。でも「俳句」って、どことなく高尚で小難しく、敷居の高いものだと思っていませんか?

実はこの文芸、江戸時代に一気に大衆化が進んだ庶民のための楽しみだったのです

本特集は、名句のどこが素晴らしいのかを解説する「鑑賞のポイント」を皮切りに、「作句する際の実践的なコツ」、添削例を基にした「推敲のテクニック」から「句会に出る楽しみ」「投句のやり方」まで、一から紹介しているので、初心者でも安心。これといった準備も不要で、自宅で旅先で、また仲間とあるいはひとりでも、今日から新しい趣味が始められる手引き書になっています。

ユネスコ世界無形文化遺産登録を目指す、日本の誇るべき17文字の文化、俳句――。さぁ、本誌特集を案内役に、一句ひねってみてはいかがでしょう。

*  *  *

いかがでしょうか?人生を変えるかもしれない長崎「天主堂」への旅特集に、サライ世代ならではの趣味として関心が高まっている「俳句」入門の手引をあわせた、盛りだくさんの『サライ』6月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

クリックすると6月号が試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

【お詫びと訂正】
6月号「俳句特集」90ページ、伊藤園お~いお茶新俳句大賞で、商品の外装に掲載される優秀作品数は、上位2000句でした。お詫びして訂正いたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった? 世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー………
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  3. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  4. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  5. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
PAGE TOP