新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ2017年6月号|特集:天主堂への旅/俳句入門

↑↑↑写真をクリックすると6月号が試し読みできます。

発売中の『サライ』2017年6月号は、世界遺産登録が待たれる長崎・五島・天草「天主堂」への旅特集に、観賞のツボから作句のコツまで「俳句はじめよう」の趣味特集をあわせた渾身の2大特集です!

それでは読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
信じることは、生きること。受難と復活のキリシタン文化400年を訪ねる
「天主堂」光と祈りの旅

『サライ』6月号の大特集は、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の名称で、世界文化遺産登録を目前に控えた「長崎の天主堂」を訪ねる旅企画です。

1550年、ザビエルの平戸上陸から、長崎の地にキリシタン信仰の歴史が始まりました。そして禁教と弾圧という苦難の時を超え、その祈りの姿は140以上もの教会という形となって、今も私たちを迎えてくれます。

今特集では、キリスト教がこの地に伝来してからの受難と復活の歴史を踏まえ、キリシタン文化によって育まれた美しい祈りの場である長崎周辺(長崎、五島、天草)各地の教会建築とその関連遺産などを紹介します。

第一部では、マーティン・スコセッシ監督による映画化でも話題となった遠藤周作の小説『沈黙』の舞台となった長崎・外海の旅を中心に展開。長崎におけるキリスト教文化のあり方と、「カクレキリシタン」とは何かについての解説記事も掲載しています。

第二部では五島列島、天草、長崎の各地を訪ね、旅情を誘う美しい風景と、そこに息づく教会建築の数々を紹介します。

とじ込み付録の「長崎・五島・天草」特大地図とともに、長崎の教会建築を巡る旅のガイドとして是非手にとってご一読ください。

【趣味特集】鑑賞のツボから作句、推敲、投句まで懇切指南
「俳句入門」いろはの《い》

老若男女を問わず誰もが親しめる国民的な文学、それが俳句です。でも「俳句」って、どことなく高尚で小難しく、敷居の高いものだと思っていませんか?

実はこの文芸、江戸時代に一気に大衆化が進んだ庶民のための楽しみだったのです

本特集は、名句のどこが素晴らしいのかを解説する「鑑賞のポイント」を皮切りに、「作句する際の実践的なコツ」、添削例を基にした「推敲のテクニック」から「句会に出る楽しみ」「投句のやり方」まで、一から紹介しているので、初心者でも安心。これといった準備も不要で、自宅で旅先で、また仲間とあるいはひとりでも、今日から新しい趣味が始められる手引き書になっています。

ユネスコ世界無形文化遺産登録を目指す、日本の誇るべき17文字の文化、俳句――。さぁ、本誌特集を案内役に、一句ひねってみてはいかがでしょう。

*  *  *

いかがでしょうか?人生を変えるかもしれない長崎「天主堂」への旅特集に、サライ世代ならではの趣味として関心が高まっている「俳句」入門の手引をあわせた、盛りだくさんの『サライ』6月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

クリックすると6月号が試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

【お詫びと訂正】
6月号「俳句特集」90ページ、伊藤園お~いお茶新俳句大賞で、商品の外装に掲載される優秀作品数は、上位2000句でした。お詫びして訂正いたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  2. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  3. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  4. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  5. 長崎・平戸の潜伏キリシタン遺産を巡ってみた【長崎の潜伏キリシタン…
PAGE TOP