新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

「10秒、体を止める」ただそれだけ! 一生歩ける体をつくる健康法

文/鈴木拓也

福井県で約30年にわたり、理学療法士(フィジカルセラピスト)として活躍している福田裕子さん。
寝たきりや認知症の高齢者を含め、これまで8万人以上もの人の、「立つ」「座る」「歩く」といった基本動作がラクにできるための運動を教えてきたという。
ちょっとした運動はおろか、立つことも困難な高齢者たちと日々接するなかで、福田さんは、誰もが無理なくできる動作改善法はないものだろうかと模索。
その切実な思いから生み出されたのが、「あるポーズをとって10秒止める」だけという「10秒ポーズ健康法」だ。
改善したい内容に応じて、ポーズには多くの種類はあるが、どれも「10秒間、同じポーズをとる」というのは共通している。福田さんはそれらを、著書『一生歩ける体をつくる10秒ポーズ健康法』にまとめている。
このメソッドは継続する必要はあるが、どれも80代、90代の高齢者でも無理なくできるものばかり。なのに「効果は絶大」で、続けていくうちに姿勢やプロポーションも確実に変わっていくそうで、まさに「一生の財産」だとも。
こんな革命的な健康法とは、どのようなものなのだろうか。以下、その一部を紹介したい。

■猫背が解消し、姿勢がよくなる「ヘソビーム」のポーズ

ヘソからビーム(光線)を出すつもりで、ヘソを前に向ける。あごを引いて、前を見て、頭を高く保つ。具体的な手順は、
1. 高めのイスに浅く腰かける。
2. 足の裏をきちんと床につける。
3. ヘソを見せるつもりで骨盤を起こす。10秒数える。
※背中の伸ばしすぎも、丸めすぎもNGなので注意。

■ちゃんと歩く力がつく「フラミンゴ」のポーズ

片足で立ち、太ももを引き上げる。具体的な手順は、
1. 片足で立ち、太ももを水平近くまで引き上げる。
2. 足裏全体で地面を感じながら、踏み込んだ力を使って頭を高く保つ。
3. 頭のてっぺんから足まで一直線になるように下腹に力を入れる。10秒数える。
※体を後ろに倒さないように注意。また、立っている方の脚をロックさせない。

■転びにくい体になる「ペンギン」のポーズ

両手でバランスをとりながら、両足のつま先を上げ、かかとで立つ。具体的な手順は、
1. 両足のつま先を上げ、かかとで立つ。
2. 前を見て、できるだけじっと止まる。
3. どうしてもふらつきそうになったら、パッと足を踏み出しても大丈夫。10秒数える。
※土踏まずより前の部分を、床につけないように注意。

*  *  *

いずれのポーズも、呼吸を止めないよう注意する。ポーズをとる前にゆっくり吸い、1、2、 3、4…10と、声に出しながら吐くと、呼吸を止めないで済む。
福田さんは、「汗がじんわりと吹き出してきて、あたたかくなり、スッキリした感覚が体に広がりはじめます」と述べ、これが体感できれば効いている証拠。今では、20代から百寿者まで多くの人が実践し、医者から「もう一生歩けないかもしれません」と言われた人が、外で歩ける事例まであるという、このメソッド。きつめの運動が難しい人こそ、トライしてみる価値はあるだろう。

【今日の健康に良い1冊】
『一生歩ける体をつくる10秒ポーズ健康法』
https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=3195-9

(福田裕子著、本体1500円+税、サンマーク出版)

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング 「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽し…
PAGE TOP