新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】9月9日は重陽の節句。茄子を食べて無病息災を願う

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|9月9日は重陽の節句。茄子を食べて無病息災を願おう

9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」です。
重陽の節句は、桃の節句や端午の節句と同じ五節句のひとつです。
別名「菊の節句」と呼ばれ、菊酒を飲み交わしたり、菊の花を楽しむなど、菊が注目されている節句ですが、実は茄子も行事食とされています。
そこで今回は、茄子を使った減塩レシピを2つご紹介します。

重陽の節句とは?

改めて、重陽の節句について簡単にご紹介します。
昔、奇数は縁起のよい陽数と言われ、その数字が重なる日をおめでたい日と考えられていました。
なかでも一番大きい陽数「9」が重なる日は「重陽の節句」といわれ、無病息災を祈り、菊や茄子、栗ご飯などが食卓に並びます。

食用菊は、おひたしや天ぷらなどでおいしく食べることができますが、少し手に入りにくいのが難点です。
そこで今回は、旬の茄子を使った重陽の節句に食べたいレシピをご紹介します。
同じく重陽の節句で親しまれてきた茄子は、「9のつく日に茄子を食べると中風を病まぬ」と言われ、かぜを引きにくくなるなどの言い伝えがあります。
普段から食卓に登場する回数の多い野菜、という方も多いかと思いますが、重陽の節句の風習にならい、茄子を使ったメニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ぶりと茄子の甘酢あんぶりと茄子の甘酢あん
【材料】(1人前)

ぶり 一切れ
茄子 1本
人参 1/4本
ピーマン 1個
★ケチャップ 小さじ2
★酢 小さじ1
★みりん 小さじ1
★醤油 小さじ1/2
片栗粉 大さじ1
サラダ油 大さじ2

【作り方】

1.茄子・人参・ピーマンは乱切りにする。
2.ぶりは食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶす。
3.★の調味料を合わせておく。
4.フライパンに油を熱し、ぶり、野菜を揚げ焼きにする。野菜を揚げ焼きにする

5.火が通ったら一度取り出しフライパンの油を拭き取り、3の調味料を入れる。
6.弱火で加熱し、ふつふつと沸いたら具材を戻し、絡めたら完成。弱火で加熱

ケチャップの甘みや酢の酸味を生かした甘酢あんを絡めた一品です。

具材はおうちにある野菜や、さば、鶏肉などアレンジが効きます。
一度具材を多めの油で揚げ焼きにすることで、油のコクも増し、食感も良くなります。
ぶりには片栗粉をまぶすことで、あんが絡みやすく、ほどよいとろみも付き食べやすくなりますよ。

食塩相当量:1.5g
茄子と豚バラの重ね蒸し茄子と豚バラの重ね蒸し
【材料】(1人前)

茄子 1本
豚バラ肉 80g
万能ねぎ 少々
顆粒和風だし 小さじ1
酒 大さじ1
水 大さじ1

【作り方】

1.茄子は5mm程度の輪切りに、豚肉は茄子の幅に合わせて切る。万能ねぎは小口切りにする。
2.フライパンに茄子と豚肉を交互に並べる。フライパンに茄子と豚肉を交互に並べる

3.顆粒和風だし・酒・水を加える。
4.ふたをし、中火で加熱する。沸いたら弱火にし、5分ほど蒸す。
5.万能ねぎを散らし、完成。

顆粒だしで蒸すだけのレシピは、耐熱容器を使えば電子レンジ調理も可能です。
豚バラの旨味とだしの風味でほっとする味付けに。
ほかの野菜も薄切りにし色鮮やかにするのもおすすめです。

食塩相当量:1.3g

* * *

まだまだ暑さは続いていますが、秋の行事をお祝いしましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と…
  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏バテを引きずらない!豚肉で効率よく栄養補給をしよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏バテを引きずらない!「豚肉」で…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩 【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かし…
  4. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦 【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効…
  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|手作りフルーツビネガーを活用して賢く減塩 【管理栄養士が教える減塩レシピ】手作り「フルーツビネガー」を活用…
PAGE TOP