新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

今すぐチェック! あなたの会社は「肩こりブラック企業」!?

今すぐチェック! あなたの会社は「肩こりブラック企業」!?

今、あなたの肩はこっていますか? もしかしたら、その肩こりは職場環境から来ているかもしれません。整体×骨盤「カ・ラ・ダ ファクトリー」が職場環境における肩こりリスクを高める要素を331名の20代から50代までのビジネスパーソンの調査から、リストアップし、チェック表を作成しました。一日のほとんどの時間を職場で過ごすビジネスパーソン。どのような職場環境で働くかは、肩こりリスクの大きさを決める重要な要素です。肩がこらない職場環境とはどのようなものなのか? あなたの職場を思い浮かべながらチェックしてみてください。

「肩こりブラック企業チェック表」でまずはあなたの会社環境をチェック!

肩こりリスクを高めると考えられる職場環境の要素をリスト化した、「肩こりブラック企業チェック表」。当てはまる数が多いほど職場環境によって肩こりを引き起こす可能性が高いと考えられます。それぞれチェックしてみてください。

肩こりブラック企業チェック表

当てはまる数によって、下記に診断結果がまとめられています。あなたの会社環境はいかがでしたか?

診断結果

調査の結果、「肩こりブラック企業」の割合は約61%!

この「肩こりブラック企業チェック表」の回答結果から、チェック表の指標に合わせて肩こりブラック度も出ています。全体の割合は以下のような結果になりました。

肩こりブラック度

実に約18%の人が、「肩こりブラック」か「超肩こりブラック」と思われる企業で働いているという結果が出ています。「やや肩こりブラック」まで含めると、61%になり、ほとんどの人が肩がこっても仕方がないような環境にいることがわかります。この数字を多いと感じるか少ないと感じるかは、置かれている環境によって異なるかもしれないですね。

また、チェック数の合計と肩こりの頻度を照らし合わせた表でも興味深い結果が出ています。

チェック数の合計と肩こりの頻度を照らし合わせた表
「肩こりブラック企業チェック表」のチェック数が多くなるほど肩こりの頻度が高くなっていることがわかります。
チェック数が8~10、つまり超肩こりブラックな企業で働いていると診断された人は、83%もの人が毎日のように肩こりになっているという結果になりました。反対にチェック数が0~1の人は、肩こりに全くならない人が22%おり、なったとしても1か月に数日程度が最多で、1週間に1~3日程度、もしくは毎日という人は20%以下となっています。

今の職場は肩こりのリスクが高いと考える人は約半数!

回答者のほとんどは、今の職場は肩こりを引き起こすリスクが高いと実感しているようです。それが顕著に出ているのが以下の質問の結果です。

今の職場は肩こりを引き起こすリスク

47.7%とほぼ半数が、「肩こりになるリスクが高そう」と答えています。
しかし悲観してばかりもいられません。先の結果から、全体的には「やや肩こりブラック」の層が多いこともわかっており、少しの工夫で職場環境をブラックからホワイトにできる可能性はあると考えられます。

肩こりにならない職場環境とは?

肩こりブラック企業ではなく、肩こりを防げるような職場環境にするには、どうしていく必要があるのでしょうか? 理想の職場環境について、「カ・ラ・ダ ファクトリー」が提示しています。

理想の職場環境

体に直接アプローチする環境だけではなく、精神面へのアプローチも多く提案されています。それは、ストレスにより交感神経が優位になって自律神経が乱れると肩こりを招きやすいからです。

自分の殻に閉じこもっていたら社会とのつながりが希薄となりストレスに、反対にコミュニケーションをとり過ぎると人間関係がストレスとなってしまうことがあります。ちょうど良いバランスをとるには、メリハリを付けた仕事ができる環境が必要となりますね。そのためにもパーソナルな空間とコミュニケーションスペースが両立しているのがベストです。

凝り固まってしまった体と心をほぐすには、サロンやジムでの息抜きも有効です。上記の「理想の制度」にある環境はハードルが高いと感じる方も多いかと思いますが、週に一度でも、お休みの日に心と体をリラックスさせられる時間を持つように意識してみることをおすすめします。

また、理想の職場グッズであれば、できるところからすぐに取り入れられそうですね。

肩こりになるのはしょうがないことではありません。職場環境を整えたり、自分の心や体をケアする時間を持つことができれば、改善していけます。できるところから、取り入れていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. その肩こり・腰痛の原因は栄養不足|名医が教える食べて治す慢性痛
  2. たった3秒で姿勢も正せる!魔法の肩こり解消ストレッチ
  3. 肩こりを和らげる歩き方の基本
  4. 手のひらでわかる「肩こりを引き起こすタイプ」診断
PAGE TOP