新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

転倒や寝たきりの原因に!サルコペニアとフレイルの違いと予防ポイント【予防医学の最前線】

文/中村康宏

超高齢社会に足を踏み入れたわが国では、高齢者が総人口の1/4 以上を占めるに至っています。この高齢化はさらに進行し、2050年には後期高齢者の割合も1/4に到達することが予測されています。

この人口構造の変化は、日本の疾病構造にも変化をもたらしました。さらに、病気を持ったまま長生きすることで、多診療科にまたがる疾病や病態が問題となり、「病気で死なないようにする」ことの他に「寝たきりを予防する」ということを考えなくてはいけなくなりました。

今回は、最近クローズアップされることが多い「サルコペニア」と「フレイル」について解説します。

サルコペニアとは?

加齢とともに骨格筋量・筋力が低下することは、一昔前では単なる加齢現象と考えられていました。しかし、この状態がふらつきや転倒、さらには要介護状態の原因として問題視されるようになり、極端に筋肉量が減少し、筋力が低下する状態を「サルコペニア」と呼ばれるようになりました(※1)

サルコペニアは加齢の他に炎症、酸化ストレス、ミトコンドリア機能低下、低栄養、過剰な安静、がん、臓器不全などが原因で起こります。明確な診断基準は定められていませんが、握力(男性で26 kg以下、女性で18 kg以下)や歩行速度(0.8m/秒以下)などが目安とされています(※2)

フレイルとは?

一方、フレイルとは「体の予備力が低下し、身体機能障害に陥りやすい状態」と定義されています。体重減少、疲労感、筋力・握力低下、活動量低下、歩行速度の低下の5項目のうち、3つ以上に当てはまると「フレイル」、1~2個当てはまる場合は「プレフレイル」と呼びます(※3)

フレイルの原因は、サルコペニアや低栄養、機能障害が重複したり、単なる老化現象でも起こります。放置すると、将来の転倒、移動障害、日常生活動作障害、入院、生命予後に関連しますが、運動や栄養などによって健康状態に戻ることができる(=予防できる段階)ということがもっとも重要な点です(※4)

サルコペニアとフレイルの違いは?

この説明を読んで「両者は同じなのでは?」と思った方も多いと思います。まさに、両者はかなり重複しており、サルコペニアはフレイルの原因の一つで、フレイルの状態の中でも、特に「筋肉」に注目した概念と言えます。

フレイルサイクル:様々な原因(低栄養、疾患、加齢)によって筋肉量が減少(サルコペニア)すると、筋力が低下し、歩行速度が遅くなり、身体活動量が少なくなり、疲れやすくなる。また、筋肉量が減少すると基礎代謝が低下し、消費エネルギーも減り、食欲が低下し、体重が減少し、低栄養になりやすくなる。そして、低栄養は筋肉を減少させサルコペニアをさらに悪化させるという悪循環を起す。(医学書院)

なぜ「フレイル」「サルコペニア」が重要なのか?

両者は寝たきりや認知症との関連が強いことも指摘されています。厚生労働省によると、フレイルは寝たきり原因の実に半分以上を占めるのです(30%は生活習慣病関連が原因)。要介護にならず自立した生活を送るためには、健康と要介護の中間の段階から対策を立てる必要があります。

「フレイル」「サルコペニア」を予防するためには

サルコペニアとフレイルの予防・治療には「運動介入」と「栄養介入」が存在します(※4)

運動では、レジスタンス運動(いわゆる筋力トレーニング)を行うことが大切です。具体的にはエルゴメーターやスクワット、片足立ち、水中歩行などがあります。

運動にあたり注意すべき点は、何らかの病気を抱えている人やすでに筋力が落ちている人がほとんどですので、事前に医師による評価と正しい実戦を心がけてください。間違った方法で行うとケガにつながります。また、タンデム歩行などのバランス運動も転倒防止には必要です。こちらも指導者のもと行うことが望ましいでしょう(※5)

食事は、腎臓病・肝臓病でたんぱく制限を行っている場合を除き、十分なエネルギー量とタンパク質を取ることが大切です。過度の糖質制限やエネルギー制限は逆効果です。筋肉が分解されサルコペニアを助長することになりますので注意してください。バランスのよい食事を心がけ、体重が減らないようにしましょう(※6)

生活上の注意点としては、ケガをしないことです。転倒などに注意すると同時に、家の段差やつまずきやく原因になる要因を改善しましょう。また、社会的孤立による活動範囲の狭まりがフレイルやサルコペニアの原因となることもあります。家族、友人、地域コミュニティとのつながりを意識しましょう(※7)

*  *  *

以上、今回は注目を集めている「サルコペニア」と「フレイル」について解説しました。これらは「健康寿命の延伸」という観点から非常に重要な概念であり、介護・寝たきり状態を予防できる最後の砦です。

今後、さらにサルコペニア、フレイルに相当する高齢者が増えていくことが予想され、ごく身近なリスクになってきます。ぜひ、これらに注目していただき、健康寿命の延伸につなげましょう。

【参考文献】
※1.Am J Clin Nutr 1989: 50; 1231-3
※2.J Am Med Dir Assoc 2014: 15; 95-101
※3.J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2001: 56; M146-56
※4.J Am Med Dir Assoc 2015: 16; 690-6
※5.日本医師会雑誌 2015: ロコモティブシンドロームのすべて
※6.Clin Nutr 2014: 33; 929-36
※7.J Am Med Dir Assoc 2012; 720-6

文/中村康宏
関西医科大学卒業。虎の門病院で勤務後New York University、St. John’s Universityへ留学。同公衆衛生修士課程(MPH:予防医学専攻)にて修学。同時にNORC New Yorkにて家庭医療、St. John’s Universityにて予防医学研究に従事。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 全国50~70代の男女1,236人のリアルライフ|健康寿命を延ば…
  2. 滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オー…
  3. 75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在 75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が…
  4. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい
  5. もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう
PAGE TOP