新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

マインドフルネス瞑想で「疲労回復を促す」上手な夕食の食べ方

Fotolia_71317128_Subscription_Monthly_M

退職後の充実した時間の中でも、新たな活動の場を得て、人間関係に戸惑いを感じている方も少なくないはず。落ち込むこともあれば、怒りを覚えることもあるでしょう。その度に、さざ波のような感情に夜中悶々としていませんか?

1日の活動が終わり、楽しみといえば夕食ですが、夕食は心と体の滋養となる時間。夕食の食べ方次第で、気持ちをリセットし、明日から活力にすることができるのです。

今回は、1日の緊張と疲れを解き放ち、心と体の疲労回復に役立つ夕食の摂り方をご紹介していきます。

■やってみよう!夕食の「マインドフルネスイーティング」

(1)以前の記事でご紹介したマインドフルネスイーティングと同様に味わいます。

おかずの一部、ワインやビールの飲み物でも何でもよいので、一つの食材を選んで食べ物の色、味、香り、食感をじっくり五感を使って味わってみましょう。

「○○を食べます」と心の中で呟いて、ゆっくりとその食材の色形を眺め、そして香りをじっくりと嗅ぎ、口の中でもゆっくりとその食材の形や食感を味わいながらじっくりと噛みしめていきます。(詳しくはこの記事をご覧ください)

1-04-02-1

(2)誰かと一緒に食べるときや外食する時などは、心地よい音楽や気の置けない人たちとの会話も十分に味わって楽しみましょう。

(3)自分とともに食事してくれる人に対して、心の中で「○○さんがいつも健やかで幸せでありますように」といった感謝のフレーズを静かにそっと唱えてもよいでしょう。この感謝のフレーズは、マインドフルネス瞑想のなかの「慈悲の瞑想」と呼ばれる瞑想から一部抜き出したものです。

1-04-02-2

■疲労回復を助ける食材を選ぼう

瞑想の指導者にはベジタリアンやマクロビオティックをすすめる人もいますが、医者の立場からはおすすめしていません。夕食のおすすめは疲労回復効果の高い、タンパク質とビタミン・ミネラルの宝庫である緑黄色野菜をたっぷり食べること。

特にビタミンB群が豊富な豚肉、カルニチンが豊富な牛肉、ラム肉、疲労に効くイミダゾールペプチドが豊富な鶏の胸肉や回遊魚のイワシ、サバ、サンマ、タラ、マグロ、カツオ、アジ、ブリ、サケなど、また完璧ともいえるアミノ酸食品の卵から、主菜となるタンパク質をチョイスするとベストです。

過不足なく動物性タンパク質を用意し、ホウレンソウ、トマト、ニンジン、小松菜、ブロッコリー、ニラ、ネギ、さやえんどうなどの緑黄色野菜を中心に主菜と同量以上の野菜・海藻類を食べましょう。

低糖質ダイエットが流行していますが、基本的には糖質(炭水化物)は程よく摂取するのが理想です。白米、生成された白パンではなく、ビタミン・ミネラル豊富な雑穀米、玄米、ライ麦パン、全粒粉パンなどにするとベターです。

先に野菜と肉・魚・卵類などの主菜を先にしっかり食べて、最後に炭水化物を腹8分目あたりまで食べるように心掛けると自然に低糖質になるのでお勧めですよ。

1日の活動が終わり、眠るまでのひとときは日中に受けたストレスや刺激による緊張や興奮を穏やかに鎮静化させる大切な時間です。

この鎮静化が上手くできないときには、いつまでも思考や感情がぐるぐると脳の中を駆け巡り、心身が緊張したままになってしまうため、穏やかな眠りに入ることができなくなります。ぜひ眠るまでの静かなひととときを「今、ここ」に集中する時間を持ってみましょう。

監修・構成/奥田弘美
取材・文/庄司真紀
イラスト/村山宇希

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキ…
  2. 50代ヘルニア患者の腰痛の原因は「体幹インナーマッスル」の衰えだ…
  3. 軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く…
  4. 50代男性ヘルニア患者の腰痛の原因「トリガーポイント」はどこ?【…
  5. 歳だから…とあきらめない!専門医が教える「ひざ痛」解消運動
PAGE TOP