新着記事

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

マインドフルネス瞑想で「疲労回復を促す」上手な夕食の食べ方

Fotolia_71317128_Subscription_Monthly_M

退職後の充実した時間の中でも、新たな活動の場を得て、人間関係に戸惑いを感じている方も少なくないはず。落ち込むこともあれば、怒りを覚えることもあるでしょう。その度に、さざ波のような感情に夜中悶々としていませんか?

1日の活動が終わり、楽しみといえば夕食ですが、夕食は心と体の滋養となる時間。夕食の食べ方次第で、気持ちをリセットし、明日から活力にすることができるのです。

今回は、1日の緊張と疲れを解き放ち、心と体の疲労回復に役立つ夕食の摂り方をご紹介していきます。

■やってみよう!夕食の「マインドフルネスイーティング」

(1)以前の記事でご紹介したマインドフルネスイーティングと同様に味わいます。

おかずの一部、ワインやビールの飲み物でも何でもよいので、一つの食材を選んで食べ物の色、味、香り、食感をじっくり五感を使って味わってみましょう。

「○○を食べます」と心の中で呟いて、ゆっくりとその食材の色形を眺め、そして香りをじっくりと嗅ぎ、口の中でもゆっくりとその食材の形や食感を味わいながらじっくりと噛みしめていきます。(詳しくはこの記事をご覧ください)

1-04-02-1

(2)誰かと一緒に食べるときや外食する時などは、心地よい音楽や気の置けない人たちとの会話も十分に味わって楽しみましょう。

(3)自分とともに食事してくれる人に対して、心の中で「○○さんがいつも健やかで幸せでありますように」といった感謝のフレーズを静かにそっと唱えてもよいでしょう。この感謝のフレーズは、マインドフルネス瞑想のなかの「慈悲の瞑想」と呼ばれる瞑想から一部抜き出したものです。

1-04-02-2

■疲労回復を助ける食材を選ぼう

瞑想の指導者にはベジタリアンやマクロビオティックをすすめる人もいますが、医者の立場からはおすすめしていません。夕食のおすすめは疲労回復効果の高い、タンパク質とビタミン・ミネラルの宝庫である緑黄色野菜をたっぷり食べること。

特にビタミンB群が豊富な豚肉、カルニチンが豊富な牛肉、ラム肉、疲労に効くイミダゾールペプチドが豊富な鶏の胸肉や回遊魚のイワシ、サバ、サンマ、タラ、マグロ、カツオ、アジ、ブリ、サケなど、また完璧ともいえるアミノ酸食品の卵から、主菜となるタンパク質をチョイスするとベストです。

過不足なく動物性タンパク質を用意し、ホウレンソウ、トマト、ニンジン、小松菜、ブロッコリー、ニラ、ネギ、さやえんどうなどの緑黄色野菜を中心に主菜と同量以上の野菜・海藻類を食べましょう。

低糖質ダイエットが流行していますが、基本的には糖質(炭水化物)は程よく摂取するのが理想です。白米、生成された白パンではなく、ビタミン・ミネラル豊富な雑穀米、玄米、ライ麦パン、全粒粉パンなどにするとベターです。

先に野菜と肉・魚・卵類などの主菜を先にしっかり食べて、最後に炭水化物を腹8分目あたりまで食べるように心掛けると自然に低糖質になるのでお勧めですよ。

1日の活動が終わり、眠るまでのひとときは日中に受けたストレスや刺激による緊張や興奮を穏やかに鎮静化させる大切な時間です。

この鎮静化が上手くできないときには、いつまでも思考や感情がぐるぐると脳の中を駆け巡り、心身が緊張したままになってしまうため、穏やかな眠りに入ることができなくなります。ぜひ眠るまでの静かなひととときを「今、ここ」に集中する時間を持ってみましょう。

監修・構成/奥田弘美
取材・文/庄司真紀
イラスト/村山宇希

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント
  2. ストレスで「感情の便秘」に陥りがちな人の5大特徴【名医に聞く健康…
  3. 怒りは万病の元!怒りをコントロールして長生きする処方箋4つ
  4. 高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ
  5. 抗がん剤研究の権威がすすめる「最強の野菜スープ」の作り方
PAGE TOP