新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

料理レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!生ゆずを使ったおかず2品|「鶏肉と大根のゆず風味煮込み」「鮭の幽庵焼き」

写真・文/矢崎海里

ゆずを使った減塩レシピ

柔らかな黄色と、爽やかな香りで長年愛されているゆず。この時期は黄ゆずが旬を迎え、スーパーでも気軽に購入できます。

私は手作りポン酢を作ったり、ゆず茶を作っているのですが、ゆずは料理のアクセントにも最適!調味料を控えても上品な味付けに仕上がります。

そこで今回は、生ゆずが手に入る今だからこそ作れる、ゆずを使った減塩レシピを2つご紹介します。

鶏肉と大根のゆず風味煮込み

鶏肉と大根のゆず風味煮込み

【材料】(1人分)

鶏肉と大根のゆず風味煮込み・材料

鶏もも肉 50g
大根 3cm
醤油 小さじ2
みりん 大さじ1
水 大さじ3
ゆず 1/4個
生姜 1/2
三つ葉 少々

【作り方】

1.鶏肉は一口大に切る
2.大根は皮をむき食べやすい大きさにいちょう切りにする
3.生姜は薄切りにする
4.ゆずは果汁を搾り、皮を少し刻んでおく
5.鶏もも肉、生姜、大根を鍋に入れ、両面色が変わるくらいまで焼く
6.醤油・みりん・水を入れ、ふたをし、15分弱火で煮込む
※水分がなくならないよう注意する
7.大根が柔らかくなったら、火を止め、ゆず果汁を加え軽く混ぜる
8.器に盛り、ゆずの皮と三つ葉をトッピングし、完成

食塩相当量:1.8g

鮭の幽庵焼き

鮭の幽庵焼き

 

【材料】(1人分)

鮭の幽庵焼き・材料

鮭 一切れ
ゆず 1/2個
醤油 大さじ1/2
酒 大さじ1
みりん 大さじ1

【作り方】

1.ゆずは絞って果汁を分け、半分に切る
2.鮭は水気を拭き取り、ビニール袋やチャック付きの保存袋等に入れる(下記画像参照)
鮭は水気を拭き取り、ビニール袋やチャック付きの保存袋等に入れる
3.2に果汁を搾ったゆず、醤油、酒、みりんを入れ、半日~1日漬ける
4.鮭を取り出し、グリルで焼く。途中数回に分けて漬け汁を塗りながら焼いていく
5.焼き目が付いたら器に盛り、ゆず果汁をかけ、完成

ゆずは加熱してしまうと香りが飛んでしまうので、火を止めてから加えましょう。

食塩相当量:1.4g

ゆずの効能

ゆずには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは抗酸化作用を有し、体内の組織の老化を予防する働きがあります。

また、酸味の成分であるリンゴ酸やクエン酸は、胃液の分泌を促進し、胸焼け・二日酔い予防のほか、疲労回復効果も期待されています。

爽やかな香りと酸味で、食欲のないときにもおすすめです。

*  *  *

果汁を搾ったゆずは、皮を千切りにし冷凍保存しておくことで、料理のアクセントや彩りに一役買ってくれます。

生ゆずをお鍋や冬至の柚子湯くらいしか活用しないのはもったいない!

今シーズンの旬は残りわずか。見かけた際は、逃さず購入して、ひと味違った料理を楽しんでみてくださいね。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ…
  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|肉派?魚派?気取らない父の日減塩レシピ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】お父さんの健康を気遣う「父の日」…
  4. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】これからの季節に食べたい旬のみょうが 【管理栄養士が教える減塩レシピ】初夏に食べたい旬のみょうが|「チ…
  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】新茶の季節、料理にも緑茶を活用しよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】新茶の季節、茶葉を使って緑茶の風…
PAGE TOP