添付した写真は、以前、中国に、ダッタン蕎麦の取材に行った時のもの。写っている女性は、ダッタン蕎麦料理の名人であり、イ族の伝統の技術の継承者だ。

彼女が持っているザルが、秘伝の逸品。粉の粒度を一定にするときに使う道具で、いわば、ふるいの代わりだ。

僕がカメラを向けると、彼女はザルを、自分の背中に隠して、撮影を拒否した。

「この目の編み方は秘伝なので、決して写真に撮ってはいけません」と、彼女は、唇を一文字に結んで、首を左右に振った。

そんなに重要なものなら、なおのこと見てみたい。僕は粘り強く彼女を説得し、「ダッタン蕎麦を待っている日本の友人たちのために」、イ族の秘伝を公開することを、しぶしぶながら承諾してもらったのだ。

彼女は背後に隠していたザルを体の前にかかげ、目をつむった。

zaru_01

1 2 3

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
9月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品