新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

青春食堂の旅人・鈴木隆祐さんの「名門校の青春食堂」記事まとめ

文/編集部

全国の名門高校の青春食堂を訪ね歩く食の旅人として「マツコの知らない世界」にも登場!の文筆家・鈴木隆祐さんが、これまで『サライ.jp』に寄稿いただいた「名門校の青春食堂」記事の数々をまとめてご紹介しよう。

↓↓↓

【名門校の青春食堂 第1回】
開成高等学校×フィレンツェの喫茶洋食
(東京・西日暮里)
https://serai.jp/gourmet/308957

イラスト/若菜由三香

『フィレンツェ』こそ、特にオタク系の開成生には根城。各種ボードゲームやプレステなどで遊べるので、直行する帰宅部生の中にはいまだ通い続ける者もいる。そんな一人に店に来てもらって証言を得たが、「回りを見ているうちに、自分でもできると過信」してしまい、東大を目指し三浪した挙げ句、工学院大学にようやく潜り込んだのだとか。

「考えてみれば、自分の人生のピークは開成に入れたことだったのかも」

そう肩を落とす彼だが、ママの郡司俊江さんがかける「元気そうじゃない?」の声ですぐ破顔一笑となった。どんな優秀な生徒・学生でも、社会に出れば壁にぶつかる。そんな時に立ち寄れる、こんな寛ぎの空間があるのとないのでは大違いなのだ。

↓↓↓

【名門校の青春食堂 第2回】
麻布高等学校×那須飯店の肉定食
(東京・広尾)
https://serai.jp/gourmet/308996

イラスト/若菜由三香

そもそも、那須飯店は麻布中高のごく近くにあったが、70年代初頭に広尾駅近くにも支店ができ、「上那須」「下那須」と呼び分けられていた。やがて上は閉店、下だけが残った。実はぼくも以前、この下那須をけっこう利用した。三十路に突入した頃、フリー稼業にいったんピリオドを打ち、転がり込んだ先の制作会社が元麻布にあった。そこで出前をよく取る店の筆頭が那須飯店だった。

↓↓↓

【名門校の青春食堂 第3回】
武蔵高等学校×好々亭と砂時計
(東京・江古田)
https://serai.jp/gourmet/309014

イラスト/若菜由三香

江古田駅は1922年の開業当初、武蔵高等学校用仮停留所という名前が付いていた。あくまで同校の生徒のための駅だったのだ。放課後に入り浸った駅周辺の雀荘やらゲーセンが「もうない」「まだあった」の話にすっかり花が咲いた。江古田はぼくにとっても、中高大と名画座がよいを毎週のようにした、縁の深い町だ。

そんな村上さんが40種以上ある好々亭のセットメニューからオーダーしたのが、「高校時代には高嶺の花だった」というスペシャル3品盛り合わせ定食(現950円)。この店自慢のハンバーグステーキ、カニクリームコロッケ、そして大エビフライが皿の上に所狭しと載る。

↓↓↓

【名門校の青春食堂 第4回】
筑波大学付属駒場高等学校×井上のポークピカタ
(東京・駒場)
https://serai.jp/gourmet/311315

駒場東大前駅には買い食いに格好の惣菜を提供する古参の精肉店、独創性に富んだ昭和チックな自家製パン屋などがまだちらほらある。

とりわけ筑駒生もご近所の駒場東邦の生徒も仲よく愛用するのが、駅前の精肉店『太田屋』。界隈の商店街の成立が1954年なのだが、それ以前の49年創業という界隈の生き字引的な店だ。カウンター左手で弁当や惣菜の販売をしており、ケースに商品がなくても、頼めば揚げ立てを出してくれる。

↓↓↓

【懐かしの母校食堂 第5回】
駒場東邦中学校高等学校×三島
(東京・駒場東大前)
https://serai.jp/gourmet/311319

イラスト/若菜由三香

駒場東邦は立地的には池尻大橋駅にも足がかかっているのだが、やはり駒場東大前の店を選んでおこう。それもこの一店というなら、たこ焼きの『三島』に尽きる。数年前、同校の取材に行った帰りに寄ると、生徒がうじゃうじゃ唸っていた。

他校の制服も見かけたが、都立駒場か国際高校か……。筑駒生は私服なので判別がつく。隣の駄菓子屋の『たかはし』、それに『おいかわ』がまだ営業しており、中学生はそちらに吸い込まれていた。

↓↓↓

【名門校の青春食堂 第6回】
早稲田高等学校×メルシーのラーメン
(東京・早稲田)
https://serai.jp/gourmet/311333

去年の春先、その父と早大演劇博物館に行った。開催されていた落語展に合わせ、特別に行われた寄席を見物したのだ。そして、事前の腹ごしらえにと連れて行ったのが、ワセメシの筆頭格の『メルシー』。

目の前には早稲田中学高校があり、卒業生から中学時代から食べたと聞いては、羨ましく思ったものだ。2001年に国分寺に移転した、早稲田実業のOBたちにとっても、この店のラーメンはきっとソウルフードだろう。

*  *  *

以上、「青春食堂の旅人」鈴木隆祐さんの「名門校の青春食堂」記事をまとめてご紹介した。名にし負う有名高校の高校生たちが青春の思い出にした懐かしの味、食べ歩きの参考にしていただきたい。

【参考図書】
『東京実用食堂』
(鈴木隆祐・著、本体1300円+税、日本文芸社)
http://www.nihonbungeisha.co.jp/books/

ISBN978-4-537-26157-8

『名門高校 青春グルメ』
(鈴木隆祐・著、本体1728円、辰巳出版)
http://www.tg-net.co.jp/item/4777820092.html

引用文・写真/鈴木隆祐(すずき・りゅうすけ)
1966年生まれ。著述家。教育・ビジネスをフィールドに『名門中学 最高の授業』『全国創業者列伝』ほか著書多数。食べ歩きはライフワークで、『東京B級グルメ放浪記』『愛しの街場中華』『東京実用食堂』などの著書がある。近著に『名門高校 青春グルメ』がある。

▼鈴木隆祐さんの「東京実用グルメ」の記事もどうぞ!

    該当記事がありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近…
  2. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  3. 青春食堂の旅人・鈴木隆祐さんの「東京実用グルメ」記事まとめ15連…
  4. 【名門校の青春食堂 第7回】同志社高等学校×グリル宝の「コルドン…
  5. 【名門校の青春食堂 第6回】早稲田高等学校×メルシーのラーメン(…
PAGE TOP