新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

【名門校の青春食堂 第2回】麻布高等学校×那須飯店の肉定食(東京・広尾)

文/鈴木隆祐

40代以上の麻布OBなら誰もが知っている『那須飯店』の肉定食。失われたはずの味が今でも食べられる店があった!

イラスト/若菜由三香

麻布中高は自由闊達がモットー。したがって校則がない。ただ、「授業中に麻雀をしない」「鉄下駄を履いて登校しない」「教室に出前を取らない」という“暗黙の了解”があるだけ。しかし、いったい鉄下駄って……。

教室ですき焼きをした生徒もいたそうだから、出前など可愛いもの。だが、それを先生に見つかり、逆に綺麗に平らげられてしまったとか。そこで「見つかっては損」と、あえて生徒たち自ら禁止事項としたらしい。そんな出前を取る店の定番が、門前中華の「那須飯店」だった。

何度となく取材をした麻布OB、社会学者の宮台真司さんも「ああ、ナスハン……肉定ね〜」と懐かしそうに回想していた。肉定食が縮んで肉定なのだが、これがどういう代物かといえば、平皿にライスが舟形に盛られ、その脇に肉野菜炒めが山と盛られた品。

そもそも、那須飯店は麻布中高のごく近くにあったが、70年代初頭に広尾駅近くにも支店ができ、「上那須」「下那須」と呼び分けられていた。やがて上は閉店、下だけが残った。実はぼくも以前、この下那須をけっこう利用した。三十路に突入した頃、フリー稼業にいったんピリオドを打ち、転がり込んだ先の制作会社が元麻布にあった。そこで出前をよく取る店の筆頭が那須飯店だった。

幹部と揉め、1年と経たずにその会社を去っても、しばらく何人かの社員とは交流があり、ナスハン談義もしたものだ。しかし、そんな下那須も2004年には閉店……。ところが、病気を理由に引退した那須飯店店主の、弟弟子に当たる人物が麻布十番に開いた店がその味をそっくり継承していた。それが「新香飯店」だ。

何年か前に某誌の取材で、麻布OBの衆院議員の柿沢未途さんにお声がけし、新香飯店にいらしてもらったことがある。「朝食も抜いて満を持して来ました!」と大張り切りの柿沢さんがオーダーしたのは、やはり肉定(900円)と、「酢をたっぷりかけて食べるのが好きだった」というあんかけ焼きそばの“硬い”。

「授業中でもたまにエスケープして通ってました。肉定は野菜の構成もライスの盛りもそのものズバリですね。硬焼きそばはスナックみたいなパリパリの食感がいいんですが、餡が沁みてくると、また旨くなる」と、いたくご満悦で「超感動」を連呼していた。ナスハン閉店の報を聞いて、もうこれらにありつけないと思っていたそうだ。

そして、「変わらない味に食欲まで高校生に戻っちゃいましたね」と笑う柿沢さんを見送り、ぼくと編集者はあらためてその2品を注文した次第。それらはぼくにとっても再会の味だった。元麻布の職場の仲間とは一人を除き、もう連絡を取っていない…。

今では麻布中高で理事会などがあると、新香飯店から出前を取るし、部活同窓会やクラス会では店を借り切って盛り上がる。学校公認の飯屋がある。それが麻布という学校の懐の深さなのだ。

【学校データ】
麻布中学校・麻布高等学校
男子校/創立:1895年
住所:東京都港区元麻布2-3-29
「1970年前後の学園紛争から麻布の現代史が始まった」と、やはりOBである現校長も述懐する自由の学府。作家の北杜夫、吉行淳之介、山口瞳を生み、俳優の小沢昭一にフランキー堺は同級生…脱原発の城南信用金庫元理事長の吉原毅、加計学園問題で安倍政権に牙を剥いた元文科省事務次官の前川喜平と政財官界にも気骨の人を出す。

【店データ】
新香飯店
住所:東京都港区麻布十番3-7-13
営業時間:11:00~22:00
定休日:日曜
電話:03-3452-8051

文・写真/鈴木隆祐
1966年生まれ。著述家。教育・ビジネスをフィールドに『名門中学 最高の授業』『全国創業者列伝』ほか著書多数。食べ歩きはライフワークで、『東京B級グルメ放浪記』『愛しの街場中華』『東京実用食堂』などの著書がある。近著に『名門高校 青春グルメ』がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近…
  2. 青春食堂の旅人・鈴木隆祐さんの「名門校の青春食堂」記事まとめ
  3. 【名門校の青春食堂 第7回】同志社高等学校×グリル宝の「コルドン…
  4. 【名門校の青春食堂 第6回】早稲田高等学校×メルシーのラーメン(…
  5. 【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦高等学校×三島のたこ焼き(東…
PAGE TOP