新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐

食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた

イラスト/若菜由三香

駒場東邦中高(駒東)は前回紹介した筑波大附属駒場中高(筑駒)の真裏にある。ということは、学校グルメ的には両校を分けて捉えるべきではないだろう。ぼくが見聞した限り、極端に双方のテリトリーが変わるわけではないが、紹介すべき店も多いので回を分けた。

駒場東邦は立地的には池尻大橋駅にも足がかかっているのだが、やはり駒場東大前の店を選んでおこう。それもこの一店というなら、たこ焼きの『三島』に尽きる。数年前、同校の取材に行った帰りに寄ると、生徒がうじゃうじゃ唸っていた。他校の制服も見かけたが、都立駒場か国際高校か……。筑駒生は私服なので判別がつく。隣の駄菓子屋の『たかはし』、それに『おいかわ』がまだ営業しており、中学生はそちらに吸い込まれていた。

駄菓子屋が並列するのは珍しく、テレビ東京の『もやサマ』にも紹介されたのだが、この1〜2年で相次いで閉じてしまった。そして、駄菓子屋の閉店は『三島』の客足にも大きく響いたらしい。

『三島』は真鍋英紀さんと妻の百合子さんの二人で切り盛りする店だが、なぜ三島と名乗るかを問うと、思わぬところにリンクした。百合子さんの父が浅草千束で1950年創業というたこ焼き屋をやっていて、その名が『三島屋』。ぼくも浅草の名画座で映画を観る行きがけなどに、しょっちゅう寄った店だった。

『三島屋』ではお好みもたこ焼きも焼そばもなんでも300円。今川焼なんて80円。しかも、どれも旨いのだ。ある時、そばもんじゃをテイクアウトすると、そのポリ袋に入ったユルユルが電車の中で溶解しだし、回りの乗客からすっかり白眼視されたことも。

そんな笑い話をするとすっかり打ち解け、百合子さんは店の歴史や昨今の高校生の利用状況を教えてくれた。

「三島屋の味を伝えたくて、1981年に開店したんです。価格もずーっとレギュラー12個300円に据え置いていました。それが最近じゃさっぱり(笑)。しようがなく10個入り350円に値上げしたけど、それでも高校生は12個入りよ。駒東の場合、通用門からの出入りができなくなり、登下校のルートが変わったのもあるんだけど…。でもね、明日はなんでも新聞部が取材に来るって」

『三島』は店内でもたこ焼きを楽しむことができる。早速レギュラーに、大人である以上、ビール中瓶450円も一緒に注文。ハフハフ……確かによく味わえば、モチっとして紅生姜の香りが立っている。『三島屋』ともちょっと違い、子どもの頃、よくフードコートで食べたような食感だ。ぶわぶわで時間が経って冷めても変わらずおいしく食べられそうだ。

「中高生が買ってくでしょう。食べ応えはあったほうがいいので、だからウチは流行りのカリトロにはしない。強力粉を使用し、しっかりとした生地を作ってます」

味を引き締めるため酢も少量使っているそうだ。そこまでの気遣いをしていたとは……。付近には上記以外にも、日本工業大学駒場高校や駒場学園もある、文字通りの高校密集地帯だ。こうした買い食い文化までコンビニに奪われないよう、ご夫妻にはもう一踏ん張りしていただきたい。

【学校データ】
駒場東邦中学校高等学校
男子校/創立:1957年
住所:東京都世田谷区池尻4-5-1
東邦大学の創立者の額田豊と都立日比谷高校校長だった菊地龍道により設立された当初からの進学校。出身者には浅田次郎(高1まで)、亀淵昭信、秋山仁、南雲吉則、松苗慎一郎、苫米地英人、高野和明ら。

【店データ】
三島
東京都目黒区駒場1-33-6
営業時間/11:00~14:30 16:00~19:00
定休日/日曜・祝日

文・写真/鈴木隆祐
1966年生まれ。著述家。教育・ビジネスをフィールドに『名門中学 最高の授業』『全国創業者列伝』ほか著書多数。食べ歩きはライフワークで、『東京B級グルメ放浪記』『愛しの街場中華』『東京実用食堂』などの著書がある。近著に『名門高校 青春グルメ』がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近…
  2. 青春食堂の旅人・鈴木隆祐さんの「名門校の青春食堂」記事まとめ
  3. 【名門校の青春食堂 第7回】同志社高等学校×グリル宝の「コルドン…
  4. 【名門校の青春食堂 第6回】早稲田高等学校×メルシーのラーメン(…
  5. 【名門校の青春食堂 第4回】筑波大学付属駒場高等学校×井上のポー…
PAGE TOP