新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

檀ふみさんが「ワインブーケ」で極上シャンパーニュを個人輸入してみた[PR]

ワイン好きで知られる女優の檀ふみさんが、スマートフォンからワイン購入サイトのワインブーケhttps://winebouquet.jpを利用して、パリの専門店より日本未入荷のシャンパーニュを2本セットで取り寄せてみた。

その簡単な手順と、届いたシャンパーニュの味わいには、「日本に居ながらにしてパリへ注文でき、距離を感じさせませんね」と感心しきりなご様子。

スマートフォンで「ワインブーケ」(https://winebouquet.jp)より商品の注文を体験する檀さん。その手軽さとわかりやすい手順にご満悦。

豊富な品揃えを誇るパリのワイン専門店より
ワインを直接購入できる

「ワインブーケ」は、ワイン輸入で30年以上の歴史をもつ中島董商店が手がける、ワイン個人輸入支援サイト。パリにあるワイン専門店より、個人で直接ワインを購入できる画期的なサイトだ。高級ブティックが並ぶリヴォリ通り、芸術的な風情に満ちたモンマルトルなどにあるワインショップが扱う銘柄は個性的だ。

「パリには特色のある小さなワインショップがあると聞きますが、観光客には地元に密着したお店はなかなか探せないですよね。以前、フランスで買い求めたワインを自分で送りましたが、日本の税関で止められてしまい、大変面倒だった覚えがあります。こういうサイトで頼めば、簡単に個人輸入できますね」(壇さん)

「ワインブーケ」のサイトを開けば、店主自らショップや扱うワインの特徴について話す動画もありわかりやすい。パリで最近話題の小規模な生産者や、ジュラ・サヴォワやコルシカといった産地の日本未発売のワインが多く魅力的だ。

そんなショップのいくつかをご紹介しよう。

パリで唯一のシャンパーニュ専門店
『ディレタント』
(Dilettantes)

レコルタン・マニピュラン(RM)と呼ばれる小規模な生産者のシャンパーニュを中心に販売。女性店主の生家もRM生産者なので現在も醸造に携わるなど、シャンパーニュを知り尽す。

 

「風格」を感じる特色あるセレクションが自慢
『カーヴ・デ・チュイルリー』
(La Cave des Tuileries)

リヴォリ通り沿いにあり、15世紀に作られた地下セラーをもつ。店主の父はシャトー・ラフィット・ロートシルトの元支配人。幼い頃からワインに親しんできた品揃えは素晴らしい。

 

ワインはロマンという科学博士の店
『ロンブル・ダン・ブション』
(A l’ombre d’un bouchon)

大学での講師や研究職を捨て、ワイン専門店オーナーの道を選んだ。「ワインはぶどうの品種、土壌、太陽、醸造などすべてを表現している。ロマンがある」と話し、情熱と知識を併せもつ。

 

独自のワイン・セレクションが地元で人気
『カーヴ・サントノレ』
(Cave Saint Honoré)

パリのレストランで15年以上ソムリエとして活躍した夫とその妻が営む。各地のワイン産地を訪れ、ジュラ・サヴォワ地方のワインなど、近年注目される小さな生産者にも目配りしている。

 

モンマルトルの陽気なワインショップ
『ドゥ・ヴェール・アン・ヴェール』
(De Verre en Vers)

モンマルトルは、かつてピカソやロートレックなどの画家が集った街。三ツ星レストランでのソムリエの経歴をもつ店主による時代を先取る品揃えで、近隣のビストロなどにもワインを納める。

*  *  *

さて、熟慮の末、檀さんが購入を決めたのはパリの『ディレタント』で販売されている、「ユック」という小規模な生産者がシャルドネ種で造ったシャンパーニュの飲み比べセット。銘柄「ブラン・ド・ブラン」は6年間、カーヴ(専用蔵)内で熟成したもの。もう一本の「ブラン・ド・ブランH60」は熟成の最後の1年間を大西洋のブルターニュ沖水深60mに沈めたものである。

製造法は同じでも、熟成により味わいがどう変化するのか。それを飲み比べてみようという趣向だ。

ワインブーケサイト内『ディレタント』で購入できる飲み比べ2本セット。右から海中で1年寝かせた「ユック ブラン・ド・ブランH60」、カーヴで熟成した「ユック ブラン・ド・ブラン」。2本で3万6770円(送料、税込み)。

光が届かない海中は熟成に向くといわれる。シャンパーニュのボトル内の気圧は一般に約6気圧。それと同じ気圧の海中に置くと、泡が液体のなかに溶け込みやすくなるという。またシャンパーニュ地方の土壌はもともと海底にあったものが隆起しており、その「母なる海」に還す意味もある。

「カーヴ熟成は酸があり、シャルドネらしい魅力に満ちています。海中で熟成したものには驚きました。泡がよりきめ細やかでナッツやトーストなどの香りがし、より熟成感があります。シャンパーニュは記念日やお友達と集まる時に開けることが多いんです。パリから取り寄せた、こういう物語性のあるものを開けると、会話が弾むきっかけにもなりますね」(檀さん)

国際航空便により1~2週間で、パリから届く。購入したシャンパーニュセットの飲み比べを楽しむ檀さん。「ワインを選ぶ楽しみと選択肢が、より増えました」

*  *  *

「ワインブーケ」での注文手順は簡単。まずトップページ画面上部の「ショップリスト」をクリックするとショップ名が出るので、どれかひとつを選ぶ。(飲み比べセットの場合はディレタントを選ぶ)

次に取扱ワイン一覧の銘柄より、買いたいワインをクリックしてカートに入れる。

ワインを決めたら注文手続きへ。氏名、住所などの必要情報を入力し、手続きを完了させる。その後、ショップから自宅へ直接ワインが届く。

本場フランスの本物のワインを気軽に個人輸入して楽しめるワインブーケサイトを使って、とっておきのワインを探してみてはいかがだろうか。

ワイン購入サイトワインブーケはこちら
↓↓↓
https://winebouquet.jp/

提供/中島董商店

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オキュズギョズにボアズケレ!? トルコワインのブドウ品種名が不思…
  2. 【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード…
  3. ドメーヌ・ド・ラルロ|銘醸地ニュイ・サン・ジョルジュで醸される繊…
  4. シャンパーニュ・オーギュスタン|「ビオディナミ」シャンパーニュ最…
  5. 【日本ワイン生産者の肖像3】ブルース・ガットラヴさん(10Rワイ…
PAGE TOP