新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

サライ編集長が自宅で実践!家でステーキを旨く焼く秘訣とは

  • く文・写真/小坂眞吾(サライ編集長)

美味しく食べて長生きできる。いいことずくめなのが牛肉である。しかし、家でステーキを焼くと、和牛はたしかに美味しいのだが、国産牛や輸入牛はどこか味わいが物足りないと感じてしまうのは、小生に限ったことではあるまい。

ところが、街中のステーキ店でいただく国産牛や輸入牛や、海外でいただくその国の産の牛肉は、ちゃんと美味しく感じられるのである。もちろん、その道のプロが焼くのであるから、美味しくなくては困るのだが、私たち素人との違いはどこにあるのか。

その重要なポイントのひとつが「焼き方」にあった。最新号となる『サライ』7月号の「牛肉で長生き」特集では、肉料理の名店『マルディ・グラ』(東京・銀座)の和知徹さんに焼き方の秘訣を伝授していただいた。

その誌面を見ながら、小生も家で焼いてみた。その結果は……!

焼いたのは「岩手県 国内産牛ロースステーキ(交雑牛)」。近所のスーパーで、100g 698円のところ、閉店間際で半額。つまり100g 349円である。

ただし、肉の厚みは1センチほどしかない。和知さんいわく、薄い肉を家庭でステーキに焼くのはとても難しいのだそうだが、厚切りが売ってないので仕方ない。否応なく、無謀な挑戦に突入する。

会社帰りに閉店間際のスーパーで買った牛肉。岩手県国内産ロースステーキ(交雑種)、100g 698円のところ、半額で349円と輸入牛並みの安さ。1パック2枚計424g。1枚200g超となり、タンパク質補給には充分すぎる。

サライの記事を読みつつ焼いてみる。和知さんいわく「焼き過ぎを恐れてはいけない」とのこと。片面のみを強火で、焼き過ぎと思えるくらいしっかり焼くのが意外な発見だった。

あらかじめ炒めておいた野菜の上に盛り付け。肉を食べるときは野菜も一緒に食べるべしという、特集冒頭の鎌田實先生の教えを実践。野菜が多すぎて皿がいっぱいになってしまったので、仕方なく肉を上に「トッピング」したしだい。肉が実際以上に黒く見えるのは、肉汁にワイン、醤油、蜂蜜を合わせたソース(これも和知さん指南)をかけたため。

和知さんの指南に忠実に焼き上げたステーキは、片面は焦げる寸前、もう片面は色こそ白いが焦げ目はいっさいなし。こんな状態で大丈夫なのか、半信半疑でひと口いただくと、「ウマイ~~~」(宮川大輔ふうに叫ぶ)。

切り口を見ると、見事なミディアムレア。自分史上、もっとも上手く焼けた1枚と断言いたします。

よく切れるペティナイフで切ってみた。ご覧のとおり、厚さ1センチの薄い肉にもかかわらず、内部には赤みがきちんと残り、ミディアムレアに焼けていた。

皆さんもぜひサライ7月号の牛肉特集をご覧になって、極上のミディアムレアに挑戦してみてください。

文・写真/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』20187月号では「牛肉で長生き」を特集しています。『マルディ・グラ』の和知徹さんはじめ有名シェフによる「世界一美味しい牛肉料理」調理指導のほか、牛肉の効用と知識、檀一雄流の伝説のビーフシチュー再現など、牛肉を積極的に食べたくなる情報満載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP