新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

サライ編集長が自宅で実践!家でステーキを旨く焼く秘訣とは

  • く文・写真/小坂眞吾(サライ編集長)

美味しく食べて長生きできる。いいことずくめなのが牛肉である。しかし、家でステーキを焼くと、和牛はたしかに美味しいのだが、国産牛や輸入牛はどこか味わいが物足りないと感じてしまうのは、小生に限ったことではあるまい。

ところが、街中のステーキ店でいただく国産牛や輸入牛や、海外でいただくその国の産の牛肉は、ちゃんと美味しく感じられるのである。もちろん、その道のプロが焼くのであるから、美味しくなくては困るのだが、私たち素人との違いはどこにあるのか。

その重要なポイントのひとつが「焼き方」にあった。最新号となる『サライ』7月号の「牛肉で長生き」特集では、肉料理の名店『マルディ・グラ』(東京・銀座)の和知徹さんに焼き方の秘訣を伝授していただいた。

その誌面を見ながら、小生も家で焼いてみた。その結果は……!

焼いたのは「岩手県 国内産牛ロースステーキ(交雑牛)」。近所のスーパーで、100g 698円のところ、閉店間際で半額。つまり100g 349円である。

ただし、肉の厚みは1センチほどしかない。和知さんいわく、薄い肉を家庭でステーキに焼くのはとても難しいのだそうだが、厚切りが売ってないので仕方ない。否応なく、無謀な挑戦に突入する。

会社帰りに閉店間際のスーパーで買った牛肉。岩手県国内産ロースステーキ(交雑種)、100g 698円のところ、半額で349円と輸入牛並みの安さ。1パック2枚計424g。1枚200g超となり、タンパク質補給には充分すぎる。

サライの記事を読みつつ焼いてみる。和知さん伝授の「輸入牛のサーロインステーキを焼くコツ」の要点は、以下の通り。

①フライパンは鉄製を使うべし。

②厚さ3cm未満の肉は室温に戻さなくてよい。冷蔵庫から出したら塩と黒コショウをまんべんなく均一にふる。厚みがない分、塩も浸透しやすいので分量は控えめに。

③焼く際は強火でバターとともに一気に焼き上げるべし。中火でうっすら煙があがったフライパンに、サラダ油を敷いて肉を入れ、強火に。バターを入れたら、溶けきる直前にスプーンで肉の表面に数回かけまわす。火が入りすぎてしまわぬよう片面を強火でしっかり焼く。

④焼き色が付き、側面が白くなったら裏返す。

⑤肉を裏返したら火を止め、1分寝かせる。この寝かせる時間で焼き加減を調節する。

⑥仕上げは金串を使い肉の温度を下唇で確かめる。少し熱めの風呂の温度(42)が目安。

和知さんいわく「焼き過ぎを恐れてはいけない」とのこと。片面のみを強火で、焼き過ぎと思えるくらいしっかり焼くのが意外な発見だった。

あらかじめ炒めておいた野菜の上に盛り付け。肉を食べるときは野菜も一緒に食べるべしという、特集冒頭の鎌田實先生の教えを実践。野菜が多すぎて皿がいっぱいになってしまったので、仕方なく肉を上に「トッピング」したしだい。肉が実際以上に黒く見えるのは、肉汁にワイン、醤油、蜂蜜を合わせたソース(これも和知さん指南)をかけたため。

和知さんの指南に忠実に焼き上げたステーキは、片面は焦げる寸前、もう片面は色こそ白いが焦げ目はいっさいなし。こんな状態で大丈夫なのか、半信半疑でひと口いただくと、「ウマイ~~~」(宮川大輔ふうに叫ぶ)。

切り口を見ると、見事なミディアムレア。自分史上、もっとも上手く焼けた1枚と断言いたします。

よく切れるペティナイフで切ってみた。ご覧のとおり、厚さ1センチの薄い肉にもかかわらず、内部には赤みがきちんと残り、ミディアムレアに焼けていた。

皆さんもぜひサライ7月号の牛肉特集をご覧になって、極上のミディアムレアに挑戦してみてください。

文・写真/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』20187月号では「牛肉で長生き」を特集しています。『マルディ・グラ』の和知徹さんはじめ有名シェフによる「世界一美味しい牛肉料理」調理指導のほか、牛肉の効用と知識、檀一雄流の伝説のビーフシチュー再現など、牛肉を積極的に食べたくなる情報満載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP