新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」料理家・コウケンテツ、思い出の初レシピ(コウケンテツの料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、コウケンテツさんが執筆します。

文・写真/コウケンテツ(料理家)

僕がつくる焼き肉はこんな感じ。隠し味にマーマレードなどを使ったりします。ご飯にのせれば、美味しい焼き肉丼に。

 

「コウさんで連載をやってみたいんですよ」

母を担当していた編集者がそう言ったとき、思わず自分の耳を疑いました。だって、僕の料理を食べたこともないのに……! 知っているのは、撮影時に母のアシスタントとして働く、僕の立ち居振る舞いだけ。遡ること十数年前、2005年の出来事でした。

依頼があった企画テーマは、いろいろな業界、職種の方が、リレー形式に男の料理を紹介していくというような連載。僕のほかには、著名な俳優さんやミュージシャンの方もいて、そんなメンバーに加わっていいのだろうかとびっくり。編集部にしてみれば、間違いなく大抜擢だったでしょう。

当時、売れっ子の男性料理家といえばやっぱり、ずば抜けたセンスのケンタロウさんでしたが、ちょうど韓流ブームに加えて、「男性が料理をする」という気運が高まってきた頃ではありました。

「料理家・コウケンテツ」として発表した初めてレシピは、「焼き肉丼」でした。家庭で気軽につくってほしかったので、使ったのはお買い得な価格帯の焼き肉用の牛肉。醤油ベースの焼き肉のタレをからめて焼くのですが、すごくおいしいんです。そのタレは、実は母から教わった配合をベースにして、僕の発想でアレンジを加えたものでした。

レシピの隠し味は、マーマレード。韓国料理って、意外とフルーツを料理に使うんです。お店で使っているタレは、煮詰めてから熟成させることが多いんですが、家庭ではなかなか難しい。そこで、熟成した深みのある味わいを表現するために、母はよくジャムを使っていました。そのときは夏だったので、爽やかな柑橘系のジャムを選び、お酢の酸味を加えて、にんにくや生姜、唐辛子でパンチをきかせて食欲増進! さらに、塩もみにしたゴーヤを添えました。お肉と一緒に食べたときに、口のなかでバランスがよくなるように……。

アシスタント時代は、母に料理を教えてもらったことはほとんどありません。母はそんなつもりはなかったかもしれませんが、とにかく忙しかったので、教える暇もなかった。だから、母と姉が料理をつくるのを脇で見て覚えました。母のレシピ通りに調味料を計量しながら、「こういう調味料の配合であの味になるのか」「もっとこんな素材を足したら違うおいしさになるんじゃないか」とか、そんなことをいつも考えながら働いていたのです。計量するという単純な仕事が力になり、僕のタレのバリエーションはすごく増えました。

連載がスタートしてからは、2~3か月に1回というペースで、撮影のために大阪から上京するようになりました。それが、ものすごく楽しかったんです。打ち合わせをして、自分に何を求められているのかを聞き、僕らしさを表現できるレシピを考える。それから実際につくって、撮影してもらい、雑誌に掲載される。自分の仕事が形として残るということが、今までにない喜びであり、経験でした。

思い返せば、初めての撮影のときは、一品つくるのにとても時間がかかりました。アシスタントで現場慣れしていたはずなのに、とにかく必死だった。今でも当時の編集さんやカメラマンさんから、そのときのことを笑い話にされるほど!

そんな僕が料理家としてやっていけるようになったのも、母が導いてくれたおかげ。初めてのレシピ「焼き肉丼」にも、母から受け継いだ味がギュッと凝縮していたのでした。

文・写真/コウケンテツ(料理家)
1974年、大阪生まれ。母は料理家の李映林。旬の素材を生かした簡単で健康的な料理を提案する。テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。3人の子どもを持つ父親でもあり、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通じたコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。『李映林、コウ静子、コウケンテツ いつものかぞくごはん』(小学館)、『コウケンテツのおやつめし』シリーズ(クレヨンハウス)など著書多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデ…
  2. 【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持…
  3. 【夕刊サライ/福澤朗】僕の差し入れの定番「ジャストミートどら焼き…
  4. 【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた極端な団体ツアーを敢行、…
  5. 【夕刊サライ/川合俊一】身をもって知る、朝9時前に起きなければい…
PAGE TOP