新着記事

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

料理家コウケンテツ、思い出の初レシピ(コウケンテツの料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、コウケンテツさんが執筆します。

文・写真/コウケンテツ(料理家)

僕がつくる焼き肉はこんな感じ。隠し味にマーマレードなどを使ったりします。ご飯にのせれば、美味しい焼き肉丼に。

 

「コウさんで連載をやってみたいんですよ」

母を担当していた編集者がそう言ったとき、思わず自分の耳を疑いました。だって、僕の料理を食べたこともないのに……! 知っているのは、撮影時に母のアシスタントとして働く、僕の立ち居振る舞いだけ。遡ること十数年前、2005年の出来事でした。

依頼があった企画テーマは、いろいろな業界、職種の方が、リレー形式に男の料理を紹介していくというような連載。僕のほかには、著名な俳優さんやミュージシャンの方もいて、そんなメンバーに加わっていいのだろうかとびっくり。編集部にしてみれば、間違いなく大抜擢だったでしょう。

当時、売れっ子の男性料理家といえばやっぱり、ずば抜けたセンスのケンタロウさんでしたが、ちょうど韓流ブームに加えて、「男性が料理をする」という気運が高まってきた頃ではありました。

「料理家・コウケンテツ」として発表した初めてレシピは、「焼き肉丼」でした。家庭で気軽につくってほしかったので、使ったのはお買い得な価格帯の焼き肉用の牛肉。醤油ベースの焼き肉のタレをからめて焼くのですが、すごくおいしいんです。そのタレは、実は母から教わった配合をベースにして、僕の発想でアレンジを加えたものでした。

レシピの隠し味は、マーマレード。韓国料理って、意外とフルーツを料理に使うんです。お店で使っているタレは、煮詰めてから熟成させることが多いんですが、家庭ではなかなか難しい。そこで、熟成した深みのある味わいを表現するために、母はよくジャムを使っていました。そのときは夏だったので、爽やかな柑橘系のジャムを選び、お酢の酸味を加えて、にんにくや生姜、唐辛子でパンチをきかせて食欲増進! さらに、塩もみにしたゴーヤを添えました。お肉と一緒に食べたときに、口のなかでバランスがよくなるように……。

アシスタント時代は、母に料理を教えてもらったことはほとんどありません。母はそんなつもりはなかったかもしれませんが、とにかく忙しかったので、教える暇もなかった。だから、母と姉が料理をつくるのを脇で見て覚えました。母のレシピ通りに調味料を計量しながら、「こういう調味料の配合であの味になるのか」「もっとこんな素材を足したら違うおいしさになるんじゃないか」とか、そんなことをいつも考えながら働いていたのです。計量するという単純な仕事が力になり、僕のタレのバリエーションはすごく増えました。

連載がスタートしてからは、2~3か月に1回というペースで、撮影のために大阪から上京するようになりました。それが、ものすごく楽しかったんです。打ち合わせをして、自分に何を求められているのかを聞き、僕らしさを表現できるレシピを考える。それから実際につくって、撮影してもらい、雑誌に掲載される。自分の仕事が形として残るということが、今までにない喜びであり、経験でした。

思い返せば、初めての撮影のときは、一品つくるのにとても時間がかかりました。アシスタントで現場慣れしていたはずなのに、とにかく必死だった。今でも当時の編集さんやカメラマンさんから、そのときのことを笑い話にされるほど!

そんな僕が料理家としてやっていけるようになったのも、母が導いてくれたおかげ。初めてのレシピ「焼き肉丼」にも、母から受け継いだ味がギュッと凝縮していたのでした。

文・写真/コウケンテツ(料理家)
1974年、大阪生まれ。母は料理家の李映林。旬の素材を生かした簡単で健康的な料理を提案する。テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。3人の子どもを持つ父親でもあり、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通じたコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。『李映林、コウ静子、コウケンテツ いつものかぞくごはん』(小学館)、『コウケンテツのおやつめし』シリーズ(クレヨンハウス)など著書多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP