新着記事

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」料理家・コウケンテツ、思い出の初レシピ(コウケンテツの料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、コウケンテツさんが執筆します。

文・写真/コウケンテツ(料理家)

僕がつくる焼き肉はこんな感じ。隠し味にマーマレードなどを使ったりします。ご飯にのせれば、美味しい焼き肉丼に。

 

「コウさんで連載をやってみたいんですよ」

母を担当していた編集者がそう言ったとき、思わず自分の耳を疑いました。だって、僕の料理を食べたこともないのに……! 知っているのは、撮影時に母のアシスタントとして働く、僕の立ち居振る舞いだけ。遡ること十数年前、2005年の出来事でした。

依頼があった企画テーマは、いろいろな業界、職種の方が、リレー形式に男の料理を紹介していくというような連載。僕のほかには、著名な俳優さんやミュージシャンの方もいて、そんなメンバーに加わっていいのだろうかとびっくり。編集部にしてみれば、間違いなく大抜擢だったでしょう。

当時、売れっ子の男性料理家といえばやっぱり、ずば抜けたセンスのケンタロウさんでしたが、ちょうど韓流ブームに加えて、「男性が料理をする」という気運が高まってきた頃ではありました。

「料理家・コウケンテツ」として発表した初めてレシピは、「焼き肉丼」でした。家庭で気軽につくってほしかったので、使ったのはお買い得な価格帯の焼き肉用の牛肉。醤油ベースの焼き肉のタレをからめて焼くのですが、すごくおいしいんです。そのタレは、実は母から教わった配合をベースにして、僕の発想でアレンジを加えたものでした。

レシピの隠し味は、マーマレード。韓国料理って、意外とフルーツを料理に使うんです。お店で使っているタレは、煮詰めてから熟成させることが多いんですが、家庭ではなかなか難しい。そこで、熟成した深みのある味わいを表現するために、母はよくジャムを使っていました。そのときは夏だったので、爽やかな柑橘系のジャムを選び、お酢の酸味を加えて、にんにくや生姜、唐辛子でパンチをきかせて食欲増進! さらに、塩もみにしたゴーヤを添えました。お肉と一緒に食べたときに、口のなかでバランスがよくなるように……。

アシスタント時代は、母に料理を教えてもらったことはほとんどありません。母はそんなつもりはなかったかもしれませんが、とにかく忙しかったので、教える暇もなかった。だから、母と姉が料理をつくるのを脇で見て覚えました。母のレシピ通りに調味料を計量しながら、「こういう調味料の配合であの味になるのか」「もっとこんな素材を足したら違うおいしさになるんじゃないか」とか、そんなことをいつも考えながら働いていたのです。計量するという単純な仕事が力になり、僕のタレのバリエーションはすごく増えました。

連載がスタートしてからは、2~3か月に1回というペースで、撮影のために大阪から上京するようになりました。それが、ものすごく楽しかったんです。打ち合わせをして、自分に何を求められているのかを聞き、僕らしさを表現できるレシピを考える。それから実際につくって、撮影してもらい、雑誌に掲載される。自分の仕事が形として残るということが、今までにない喜びであり、経験でした。

思い返せば、初めての撮影のときは、一品つくるのにとても時間がかかりました。アシスタントで現場慣れしていたはずなのに、とにかく必死だった。今でも当時の編集さんやカメラマンさんから、そのときのことを笑い話にされるほど!

そんな僕が料理家としてやっていけるようになったのも、母が導いてくれたおかげ。初めてのレシピ「焼き肉丼」にも、母から受け継いだ味がギュッと凝縮していたのでした。

文・写真/コウケンテツ(料理家)
1974年、大阪生まれ。母は料理家の李映林。旬の素材を生かした簡単で健康的な料理を提案する。テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。3人の子どもを持つ父親でもあり、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通じたコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。『李映林、コウ静子、コウケンテツ いつものかぞくごはん』(小学館)、『コウケンテツのおやつめし』シリーズ(クレヨンハウス)など著書多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・…
  2. 【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径…
  3. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  4. 【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要な…
  5. 【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マ…
PAGE TOP