新着記事

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気にな…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」故郷の記憶を蘇らせた済州島のスープ(コウケンテツの料理コラム 第4回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、コウケンテツさんが執筆します。

文・写真/コウケンテツ(料理家)

初めての済州島ロケ。済州島産の鯖の刺身を、古漬けの酸っぱいキムチに巻いていただく。済州島ならではの食べ方です。

人には、魂に刻み込まれた味がある。そんなことを思い知ったのは、料理家になったばかりの駆け出しの頃。地方のテレビ番組のロケで、母が生まれ育った韓国の済州島を訪れたときのことでした。

母が赤ん坊だった僕を連れて里帰りをして以来なので、ほぼ当時の記憶はなく、初めて訪れたと言ってもいい旅でした。ところが、「モンクッ」というスープを口にした瞬間、僕の脳内に、彼方にあった風景が一気に蘇ったのです。歩いてきた道や、食べたもの。僕はここに来たことがあって、全部を知っている……。

ホンダワラという海藻と豚肉を煮込んだスープ、それがモンクッ。済州島の郷土料理です。ホンダワラは日本の一部でもよく食べられている海藻で、柔らかくて美味しいんです。また、済州島は黒豚が名物なので、このスープはまさに済州島ならではの味。実はこのスープは、僕が幼い頃に食べていたものでした。つくってくれたのは、母の姉にあたる叔母でした。叔母も、母に勝るとも劣らぬ料理上手。済州島から日本に遊びに来るときに持ってきたホンダワラを使って、よくこのスープをつくってくれたのです。母にとっては懐かしい味だったのでしょうが、僕は食べ慣れない海藻の味がちょっと苦手でした。

ところが、久々に食べたモンクッは、本当に旨かった。これが魂に刻み込まれた味、ソウルフードというものなんだろうか……。僕の脳内に再生されたのは、叔母との思い出も含めた、忘れていた幼い頃の記憶。昔よく聴いていた音楽が流れてきたときに、当時の情景が自然に浮かんでくるような、そんな不思議な感覚でした。

叔母は、いつも済州島の美味しいものをお土産に抱えて我が家にやってきました。忘れられないのが、甘鯛です。済州島の甘鯛は、僕にとって世界一。日本で食べる甘鯛と、全然違うんです。叔母のことを「甘鯛のお姉さん」と呼んでいたほど! 叔母はいつも、日本に渡る直前に買って自分で開いて、一夜干しにしてから持ってきてくれたんです。

韓国には「チェサ(祭祀)」という、日本の法事にあたるような儀式があります。お正月やお盆といった季節ごとにおこなわれ、一家の伝統料理が並ぶのが慣わしです。料理には、たとえば日本のお雑煮のようにはっきりとした地域性があるのが特徴です。僕の大好きな甘鯛の開きは、チェサに欠かせない済州島の料理なのでした。子どもの頃は、郷土の味だなんて、ちっとも理解せずに食べていたんですけれども。

もちろん、生まれ育った大阪の食も、大切にしたい故郷の味です。焼き肉に行ったら、やっぱりホルモン。お出汁は、すっきりと澄んだ関西ならではの鰹出汁やいりこ出汁。関東のうどんや蕎麦の、濃い出汁の味はいまだに慣れません。

でも、味噌汁はいりこ(煮干し)出汁がいい。韓国はいりこで出汁をとる文化があり、チゲの出汁もいりこ。母がたまに遊びにきたときにつくってくれる味噌汁を食べてきたからでしょうか。僕の子どもたちもいりこ派で、鰹出汁の味噌汁よりも、ずっと食の進みがいいので驚きます。母の味は、孫の代にまでしっかり受け継がれているようです。

文・写真/コウケンテツ(料理家)
1974年、大阪生まれ。母は料理家の李映林。旬の素材を生かした簡単で健康的な料理を提案する。テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。3人の子どもを持つ父親でもあり、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通じたコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。『李映林、コウ静子、コウケンテツ いつものかぞくごはん』(小学館)、『コウケンテツのおやつめし』シリーズ(クレヨンハウス)など著書多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するい…
  2. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立…
  3. 【夕刊サライ/進藤晶子】断捨離がつなぐご近所とのネットワーク(進…
  4. 【夕刊サライ/山本昌】気持ちを整えるルーティンで強い自分を作る(…
  5. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」料理家・コウケン…
PAGE TOP