新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【夕刊サライ 進藤晶子の暮らし・家計コラム 第1回】『がっちりマンデー』が“経営のプロ”にも支持される秘密

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火曜日は「暮らし・家計」をテーマに、進藤晶子さんが執筆します。

文/進藤晶子

日曜朝の経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)では加藤浩二さんと一緒にMCを担当。番組を通じて「やりくり上手!」を目指しています。(C)TBS

「がっちり、見てますよ〜‼」と、よく声をかけていただきます。とてもありがたいことです。

これまでもTBSのアナウンサー時代に『ニュース23』、夕方の『ニュースの森』、深夜番組『ランク王国』など、視聴者のみなさんから直接ご声援をいただくことが多かった番組も担当しました。

『がっちりマンデー』がそれらの番組と少し違うのは、「おもしろい!」と言ってくださる方の年代が、小学生から70〜80歳代までと幅広いこと。これは視聴者層が明確に細分化される昨今、大変珍しいことだと感じています。

2004年の番組スタートから14年が経ち、だんだん長寿番組の域に入ってきました。当初、「バラエティの制作局が経済番組を作るなんて大丈夫?」と、報道局経済部の記者が心配し、ハラハラした表情で収録を見守ってくれたことを懐かしく思い出します。

“若夫婦”という設定で、MCの加藤浩次さんと私が、世の中のお金の仕組みを学び、月曜日から実践するというのがそもそものコンセプト。今でこそこの種の番組が増えましたが、当時お金や企業をテーマに扱う番組はさほどなかったように記憶しています。

『地味だけど、おらが県こそ輝くNo.1』

『スゴイ社長たちが大集合・新年会』

『せまい業界シリーズ』

などの人気シリーズも含めて、経営に精通したいわゆる“プロ”の方々から「独自の切り口で興味深い」という感想をいただくのも、ひとえにリサーチと取材に2か月近い時間をかけるディレクター陣の存在があってこそです。

視聴者の意表をつくテーマ選びのポイントを、14年間総合演出を務める大松雅和さんに聞いてみると、「世の中で流行っているトピックを真正面からそのまま扱うことはしないようにしています。あとは、ちょっとネガティブな入り口を心がけています」とのこと。

その彼の情報源は日本経済新聞や週刊東洋経済と、意外と王道。でも、経済記者にとっては当たり前でも、バラエティやドラマ制作の現場で経済誌を愛読している人は稀な存在なのだそうです。

日本経済の動向や最先端テクノロジーが大好物という得意分野を生かし、時流に流されない視点を持つこと、これが番組を長くご愛顧いただけている秘訣のひとつなのかもしれません。

制作陣は深い思考と戦略で情報を発信していますが、かたや私は、常々“黒子”でありたいと考えています。視聴者と制作者をつなぎ、情報やメッセージを伝えるための糸電話の糸のような存在でいたい、と。そのためには事前の準備が必要ですし、生活者の視点や素直な反応が大切だと思っています。

この番組を担当したことがきっかけとなり、私自身のライフスタイルにもプラスになる面が多々あります。これから毎週少しずつ、お話させていただきますね。

文/進藤晶子(しんどう・まさこ)
昭和46年、大阪府生まれ。フリーキャスター。元TBSアナウンサー。現在、経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)などに出演中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸…
  2. 【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生ま…
  3. 【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデ…
  4. 【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持…
  5. 【夕刊サライ/福澤朗】僕の差し入れの定番「ジャストミートどら焼き…
PAGE TOP