新着記事

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

2020年 猫の寄生虫対策に関する最新調査

猫も「フィラリア症」に感染する! 完全室内飼育でも予防は必要⁉

思春期はなぜいらだつのか【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

思春期のお孫さんのいらだちは順調に育っている証です【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

『がっちりマンデー』が“経営のプロ”にも支持される秘密【進藤晶子の暮らし・家計コラム 第1回】

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火曜日は「暮らし・家計」をテーマに、進藤晶子さんが執筆します。

文/進藤晶子

日曜朝の経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)では加藤浩二さんと一緒にMCを担当。番組を通じて「やりくり上手!」を目指しています。(C)TBS

「がっちり、見てますよ〜‼」と、よく声をかけていただきます。とてもありがたいことです。

これまでもTBSのアナウンサー時代に『ニュース23』、夕方の『ニュースの森』、深夜番組『ランク王国』など、視聴者のみなさんから直接ご声援をいただくことが多かった番組も担当しました。

『がっちりマンデー』がそれらの番組と少し違うのは、「おもしろい!」と言ってくださる方の年代が、小学生から70〜80歳代までと幅広いこと。これは視聴者層が明確に細分化される昨今、大変珍しいことだと感じています。

2004年の番組スタートから14年が経ち、だんだん長寿番組の域に入ってきました。当初、「バラエティの制作局が経済番組を作るなんて大丈夫?」と、報道局経済部の記者が心配し、ハラハラした表情で収録を見守ってくれたことを懐かしく思い出します。

“若夫婦”という設定で、MCの加藤浩次さんと私が、世の中のお金の仕組みを学び、月曜日から実践するというのがそもそものコンセプト。今でこそこの種の番組が増えましたが、当時お金や企業をテーマに扱う番組はさほどなかったように記憶しています。

『地味だけど、おらが県こそ輝くNo.1』

『スゴイ社長たちが大集合・新年会』

『せまい業界シリーズ』

などの人気シリーズも含めて、経営に精通したいわゆる“プロ”の方々から「独自の切り口で興味深い」という感想をいただくのも、ひとえにリサーチと取材に2か月近い時間をかけるディレクター陣の存在があってこそです。

視聴者の意表をつくテーマ選びのポイントを、14年間総合演出を務める大松雅和さんに聞いてみると、「世の中で流行っているトピックを真正面からそのまま扱うことはしないようにしています。あとは、ちょっとネガティブな入り口を心がけています」とのこと。

その彼の情報源は日本経済新聞や週刊東洋経済と、意外と王道。でも、経済記者にとっては当たり前でも、バラエティやドラマ制作の現場で経済誌を愛読している人は稀な存在なのだそうです。

日本経済の動向や最先端テクノロジーが大好物という得意分野を生かし、時流に流されない視点を持つこと、これが番組を長くご愛顧いただけている秘訣のひとつなのかもしれません。

制作陣は深い思考と戦略で情報を発信していますが、かたや私は、常々“黒子”でありたいと考えています。視聴者と制作者をつなぎ、情報やメッセージを伝えるための糸電話の糸のような存在でいたい、と。そのためには事前の準備が必要ですし、生活者の視点や素直な反応が大切だと思っています。

この番組を担当したことがきっかけとなり、私自身のライフスタイルにもプラスになる面が多々あります。これから毎週少しずつ、お話させていただきますね。

文/進藤晶子(しんどう・まさこ)
昭和46年、大阪府生まれ。フリーキャスター。元TBSアナウンサー。現在、経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)などに出演中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP