新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

『がっちりマンデー』が“経営のプロ”にも支持される秘密【進藤晶子の暮らし・家計コラム 第1回】

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火曜日は「暮らし・家計」をテーマに、進藤晶子さんが執筆します。

文/進藤晶子

日曜朝の経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)では加藤浩二さんと一緒にMCを担当。番組を通じて「やりくり上手!」を目指しています。(C)TBS

「がっちり、見てますよ〜‼」と、よく声をかけていただきます。とてもありがたいことです。

これまでもTBSのアナウンサー時代に『ニュース23』、夕方の『ニュースの森』、深夜番組『ランク王国』など、視聴者のみなさんから直接ご声援をいただくことが多かった番組も担当しました。

『がっちりマンデー』がそれらの番組と少し違うのは、「おもしろい!」と言ってくださる方の年代が、小学生から70〜80歳代までと幅広いこと。これは視聴者層が明確に細分化される昨今、大変珍しいことだと感じています。

2004年の番組スタートから14年が経ち、だんだん長寿番組の域に入ってきました。当初、「バラエティの制作局が経済番組を作るなんて大丈夫?」と、報道局経済部の記者が心配し、ハラハラした表情で収録を見守ってくれたことを懐かしく思い出します。

“若夫婦”という設定で、MCの加藤浩次さんと私が、世の中のお金の仕組みを学び、月曜日から実践するというのがそもそものコンセプト。今でこそこの種の番組が増えましたが、当時お金や企業をテーマに扱う番組はさほどなかったように記憶しています。

『地味だけど、おらが県こそ輝くNo.1』

『スゴイ社長たちが大集合・新年会』

『せまい業界シリーズ』

などの人気シリーズも含めて、経営に精通したいわゆる“プロ”の方々から「独自の切り口で興味深い」という感想をいただくのも、ひとえにリサーチと取材に2か月近い時間をかけるディレクター陣の存在があってこそです。

視聴者の意表をつくテーマ選びのポイントを、14年間総合演出を務める大松雅和さんに聞いてみると、「世の中で流行っているトピックを真正面からそのまま扱うことはしないようにしています。あとは、ちょっとネガティブな入り口を心がけています」とのこと。

その彼の情報源は日本経済新聞や週刊東洋経済と、意外と王道。でも、経済記者にとっては当たり前でも、バラエティやドラマ制作の現場で経済誌を愛読している人は稀な存在なのだそうです。

日本経済の動向や最先端テクノロジーが大好物という得意分野を生かし、時流に流されない視点を持つこと、これが番組を長くご愛顧いただけている秘訣のひとつなのかもしれません。

制作陣は深い思考と戦略で情報を発信していますが、かたや私は、常々“黒子”でありたいと考えています。視聴者と制作者をつなぎ、情報やメッセージを伝えるための糸電話の糸のような存在でいたい、と。そのためには事前の準備が必要ですし、生活者の視点や素直な反応が大切だと思っています。

この番組を担当したことがきっかけとなり、私自身のライフスタイルにもプラスになる面が多々あります。これから毎週少しずつ、お話させていただきますね。

文/進藤晶子(しんどう・まさこ)
昭和46年、大阪府生まれ。フリーキャスター。元TBSアナウンサー。現在、経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)などに出演中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP