新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

蕎麦つゆは、蕎麦屋の履歴書である。

21_1001814

小さな器にちょっぴり入った、魔法使いが薄笑いとともに差し出すような謎めいた黒い汁。それが蕎麦つゆだ。このつゆの中には、何が封じ込められているのか。店によっては、「秘伝です」とか「企業秘密ですから」などといって、教えてくれないところもある。謎のヴェールに包まれた蕎麦つゆを、蕎麦に付けて食べる。すると不思議や不思議、その蕎麦屋の歴史が見えてくることがある。

連載第20回の「魯山人流・蕎麦の食ひ方」にも書いたが、蕎麦職人は蕎麦つゆに、強い思い入れを持っている。だから店のつゆの味を決めるまでには、長い時間をかける。濃口醤油、淡口醤油、さらには溜り醤油などを使い分け、砂糖や味醂も吟味して作ってみる。出汁の材料もいろいろな食材を試してみて、最終的に「よし、これだ!」と、つゆの味を決定するのだ。味の感じ方は、個人差がある。だから蕎麦つゆには、蕎麦職人の個性が、はっきりと現れる。

ときどき、蕎麦つゆと蕎麦のバランスのあまりの見事さに、感動させられる店がある。そういうつゆは、一朝一夕に作れるものではない。悩み、研究し、数えきれないほど試行錯誤を繰り返した結果、最終的にたどりついた結論が、その味なのだ。蕎麦に蕎麦つゆを付けて味わってみると、どれほど遠い道のりを、この蕎麦職人は歩んできたのか、おぼろげながら見えてくることがある。蕎麦つゆは、蕎麦屋の履歴書のようなものだともいえる。

僕の知り合いにTさんという、非常に鋭い味覚を神様からたまわった蕎麦職人がいる。Tさんは研究熱心な人で、製粉まで熟知して、自家製粉で思い通りの蕎麦粉を作り、美味しい蕎麦を打つ。蕎麦つゆの作り方も並外れて凝っていて、独自に開発した手法で時間をかけて出汁をとる。寸胴に入ったままの出汁を味見してみると、まるで色とりどりの花が目の前で開花したような味の饗宴に驚嘆させられる。

これだけ旨い蕎麦と蕎麦つゆには、なかなか出会えないぞ、と思うのだが、この蕎麦店への客の入りは、いまひとつなのだ。特徴として、リピーターが少ないということがいえる。そんなに美味しい蕎麦なのに、なぜなのか。

理由は、はっきりしている。Tさんが仕上げた蕎麦つゆは、一般の人が味わうと、塩気が薄いと感じてしまうのだ。蕎麦切りをつゆにどっぷりひたして食べても、まだ薄い。味わいは決して不味いわけではないのだが、塩気が足りないために、どうしても不満が残る。この店にまた来て食べたいかと訊かれると、うーん、と考えざるを得ない。

この原因は、たぶん、Tさんの味覚が鋭敏すぎることにあるのだろうと、僕は思っている。Tさん本人は、自分の作った蕎麦つゆを味見してみて、旨味をたっぷり含んだ味の良さに、ひとり頷いて満足している。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  3. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  4. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  5. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
PAGE TOP