新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

日本酒

窓乃梅|豪華列車「ななつ星 in 九州」にも採用された銘酒の誕生秘話

元禄元年(1688年)の創業以来、300有余年に及ぶ長い歴史を誇る窓乃梅酒造は、佐賀県最古の酒蔵である。蔵の名となっている『窓乃梅』は、佐賀県はもとより、九州地方を代表する日本酒銘柄のひとつとして、地元の人々に愛飲されてきた。

また2013年からJR九州が運行している豪華列車「ななつ星 in 九州」にも『特別純米 窓乃梅』が採用され、車内で飲むことができる。

人気の豪華列車「ななつ星 in 九州」

そんな『窓乃梅』には、命名の由来となったある逸話がある。

そもそも元禄元年に、佐賀鍋島藩より藩の余剰米の利用法として酒造りを命じられた同蔵は、当初『寒菊』の銘で創業した。

時は降って安政7年(1860年)3月のとある夕暮れのこと。さっと吹き過ぎた一陣の風に、酒蔵の横に咲いていた満開の白梅の花がすくい上げられ、空に舞ったかと思うと、酒蔵の窓に吸われるように消えて行き、仕込みの桶の上に散った。桶の中で仕込み中だった酒の表面は、またたく間に雪をかぶったようになった。

驚いた杜氏は桶にかけ寄ったものの、何ら手のほどこしようもなく、呆然と桶の前で手をこまねくだけであった。しかし、そこで奇跡が起こった。梅の花びらの浮かぶ桶の中から、かってない芳醇な香りが漂よいはじめたのである。

報せを聞いて駆けつけた八代目文左衛門が桶から汲み上げた酒を口に含むと、かつてない味わいの酒になっていたという。早速この酒を時の藩主・鍋島直正に献上したところ、その味と香りに喜んだ藩主は、筆を取るとさらさらと一筆その場でしたためた。

年々にさかえさかえて名さえ世に香りみちたる窓乃梅が香

現在の『窓乃梅』の名称は、ここから生まれたのである。

そんな歴史ある『窓乃梅』から、この秋限定の酒『窓乃梅 辛口 AUTUMN SPECIAL』が発売された。夏を越えてしっかりと味わいのある辛口酒に仕上げたという酒は、飲み頃温度を選ばす、冷やでも燗でも楽しめる。

この秋は、こんな濃厚な旨みの純米酒で、秋の夜長を楽しみたい。

【窓乃梅 辛口 AUTUMN SPECIAL】
720ml 、希望小売価格1,110円+税
販売期間: 2017年10月末まで

※商品についての問い合わせ:電話 0952-68-2001(窓乃梅酒造)

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が…
  2. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
  3. 日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴
  4. 日本酒のタイプに合わせて簡単に作れる旨い「酒つまみ」6品
  5. 日本酒をさらにおいしく味わうための酒器選び4つのポイント
PAGE TOP