新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

通販

JR列車ヘッドマーク越前蒔絵時計|往年の寝台列車のヘッドマークが文字盤に

左から北斗星、ゆうづる、日本海

左から北斗星、ゆうづる、日本海

かつては日本列島の主要幹線を走っていた寝台列車も次々に姿を消し、定期運行としては、東京駅と高松駅(香川県)・出雲市駅(島根県)を結ぶ「サンライズ瀬戸・出雲」を残すのみとなった。

そんな往年の寝台列車のヘッドマークを、文字盤にあしらった腕時計をご紹介しよう。文字盤を手掛けたのは、越前(福井県)の伝統工芸士、山田秀樹さん(塗師)と塚田一峰さん(蒔絵師)である。1500年の歴史を持つ越前漆器をキャンバスに、研ぎ出し蒔絵の技法でヘッドマークを緻密に浮かび上がらせた。時刻の印(インデックス)には、金箔を焼き合わせて貼る「切金」という技法が用いられている。

文字盤に採用したのは「北斗星」(1988〜2015年)、「ゆうづる」(1965〜1993年)、「日本海」(1968〜2012年)の3列車。青春時代に利用したサライ世代もいることだろう。鉄道ファンならずとも、旅好きには心惹かれる腕時計である。

裏蓋には、ヘッドマークの装飾を手掛けた伝統工芸士の名と列車名などが刻印される。ムーブメントを含め信頼の日本製である。

裏蓋には、ヘッドマークの装飾を手掛けた伝統工芸士の名と列車名などが刻印される。ムーブメントを含め信頼の日本製である。

商品名/JR列車ヘッドマーク越前蒔絵時計
メーカー名/サンユー(日本)
価 格(消費税8%込み)/59,400円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル
  2. 本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”…
  3. 綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣
  4. 縞柄綿フラノシャツ|優しい温もりが伝わる大人の休日シャツ
  5. ソデール中綿ベスト|袖を出せばジャンパーになる1着2役の防寒ベス…
PAGE TOP