新着記事

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

JR列車ヘッドマーク越前蒔絵時計|往年の寝台列車のヘッドマークが文字盤に

左から北斗星、ゆうづる、日本海

左から北斗星、ゆうづる、日本海

かつては日本列島の主要幹線を走っていた寝台列車も次々に姿を消し、定期運行としては、東京駅と高松駅(香川県)・出雲市駅(島根県)を結ぶ「サンライズ瀬戸・出雲」を残すのみとなった。

そんな往年の寝台列車のヘッドマークを、文字盤にあしらった腕時計をご紹介しよう。文字盤を手掛けたのは、越前(福井県)の伝統工芸士、山田秀樹さん(塗師)と塚田一峰さん(蒔絵師)である。1500年の歴史を持つ越前漆器をキャンバスに、研ぎ出し蒔絵の技法でヘッドマークを緻密に浮かび上がらせた。時刻の印(インデックス)には、金箔を焼き合わせて貼る「切金」という技法が用いられている。

文字盤に採用したのは「北斗星」(1988〜2015年)、「ゆうづる」(1965〜1993年)、「日本海」(1968〜2012年)の3列車。青春時代に利用したサライ世代もいることだろう。鉄道ファンならずとも、旅好きには心惹かれる腕時計である。

裏蓋には、ヘッドマークの装飾を手掛けた伝統工芸士の名と列車名などが刻印される。ムーブメントを含め信頼の日本製である。

裏蓋には、ヘッドマークの装飾を手掛けた伝統工芸士の名と列車名などが刻印される。ムーブメントを含め信頼の日本製である。

商品名/JR列車ヘッドマーク越前蒔絵時計
メーカー名/サンユー(日本)
価 格(消費税8%込み)/59,400円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に
  2. 墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セ…
  3. サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ
  4. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子
  5. 綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着
PAGE TOP