『三澤屋』の女将、只浦千恵子さんによると、「ねぎそば」はもともと、ご主人が考え出した食べ方だという。
この建物で蕎麦屋を始めるにあたり、ご主人は、何か独創的なメニューを出したいと思案した。そして子供のころ、山で遊んだときに、弁当の箸を忘れた体験を思い出した。箸の代用に、長ネギを清水で洗って、味噌を付けて食べたら、とても美味しかった。そのことが記憶に残っていて、蕎麦を長ネギで食べるメニューを思い付いたのだという。
なんとも珍しい盛り付けだ。一度見たら忘れることのできない、独創的な蕎麦だといえるだろう。

この姿を見ると、ちょっと食べてみたくなる。
いったい、箸ではなくて、長ネギで蕎麦を食べると、どういう感じなのか。また、味はどんなふうなのかと、好奇心が刺激されるのだ。
「美味しそう」が動機ではなくて、「どうなんだろう」という気持ちが背中を押す。まずは、長ネギと椀を手にとって、蕎麦を味わってみる。なんと食べにくいことだろう。長ネギで蕎麦をすくおうとしても、つるつる滑って、なかなか口に運べない。やっと蕎麦が口中に入る。ほのかに香りがたち、しなやかで硬めの食感が舌の上で踊る。うん、なかなか美味しい……。

ネギは、箸であると同時に、薬味でもあるというから、ちょっとかじってみる。ピリッと辛い刺激が来るかと思ったら、意外にも柔らかで歯切れの良い食感と、爽やかなネギの香りが、優しく広がった。なるほど、ご主人が子供のころ、美味しいと思ったのは、こういう感覚だったのだろう。

蕎麦もいいが、長ネギの選択にも、かなりの神経を使っているようだ。

1 2 3

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品