急ぎ足の観光客だけでなく、地元の「みやこ人」たちからもこよなく愛される京都の「おうどん」。出汁や麺、具材など個性豊かなメニューの数々と、その美味しさの秘訣を紹介する。

ふわふわの卵と濃厚な餡に生姜の風味が混ざり合う

権兵衛(けいらんうどん)

「けいらんうどん」1050円。卵を溶ききらず、黄身と白身に別々で火が入るように流し込むと、半熟感のある仕上がりに。
白くやわらかなうどんと、トロトロ熱々の卵が一体となり、まろやかな旨味を生む。

昭和2年創業の麺処『権兵衛』は、祇園という場所柄、歌舞伎役者や花街の芸舞妓も通う。近くの「南座」で歌舞伎公演がある日は、幕が下りた後、観客はもちろん関係者も訪れ賑わう。

こちらで名物との呼び声が高いのが「けいらんうどん」だ。地鶏の卵をたっぷりと使い、ふわふわトロトロに仕上げている。

一説では、かつて卵(鶏卵)は、高価な食材だったことから、それがうどんに入っているだけでもありがたいと、そのまま商品名になったと伝わる。

店主の味舌(ました)輝明さん(47歳)は「花街に通うお客様は、けいらんのことを、“江戸っ子の居座り”と呼ばれていました。けいらんを“けえらん”(帰らん)ともじったそうです」と話す。

水溶き片栗を入れる頃合いや固さの加減も、卵を開かせるのに大切な点だという。

時間をかけてとった出汁を小鍋に移し、水溶き片栗粉でとろみをつけてから、溶き卵を何回かに分けて流し入れる。「花が咲くように開かせると、ふんわりやわらかに仕上がります」と味舌さん。熱々の餡に生姜を溶かし込んで味わうと、身体も温まり、ほっと寛がせてくれる。

「南座」から近く、切り通しと呼ばれる京都らしい通りに風情ある町家の店舗が似合う。

京都市東山区祇園町北側254
電話:075・561・3350 
営業時間:11時30分~20時
定休日:木曜
交通:京阪本線祇園四条駅より徒歩約5分 

取材・文/中井シノブ 撮影/高嶋克郎、竹中稔彦
※この記事は『サライ』2022年3月号別冊付録より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品