新着記事

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

名画で辿るパリジェンヌたちの美しき姿《ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち》

取材・文/池田充枝

近現代の世界のなかで常に流行をリードする、文化の花開く都パリ。そんな魅力あふれる街に生きる女性が、パリジェンヌです。

サロンを仕切る知的な女主人、子どもを慈しむ美しい母、流行を生み出すファッショニスタ、画家のミューズ、そして自ら道を切り開き才能を開花させた画家や女優……。その多様な生き方は、今なお私たちを惹きつけてやみません。

そんなパリジェンヌたちの美しい姿を美術作品を通して紹介する展覧会ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち》が、東京・用賀の世田谷美術館で開かれています(~2018年4月1日まで)。集ったのは、18世紀から20世紀のパリに生きた女性たちの姿です。

ジョン・シンガー・サージェント《チャールズ・E.インチズ夫人(ルイーズ・ボメロイ》〔1887年 ボストン美術館蔵〕Anonymous gift in memory of Mrs.Charles Inches’ daughter, Louise Brimmer Inchies Seton 1991.926 Photograph(C)Museum of Fin Arts,Boston Photograph(C)Museum of Fin Arts,Boston

 

本展は、修復後初公開となるマネの《街の歌い手》をはじめ、ドガやルノワールなど印象派が描いた女性の肖像、カサットやモリゾなど女性芸術家による傑作、カルダンやバレンシアガの斬新なドレスからブリジット・バルドーほか映画や舞台で活躍した女優のポートレートまで、ボストン美術館所蔵の多彩な作品約120点を通して、18世紀から20世紀のパリを体現する女性たちの姿に迫ります。

エドゥアール・マネ《街の歌い手》〔1862年頃 ボストン美術館蔵〕Bequest of Sarah Choate Sears in memory of her husband,Joshua Montgomery Sears 66.304 Photograph(C)Museum of Fin Arts,Boston

本展の見どころを、世田谷美術館の学芸員、塚田美紀さんにうかがいました。

「フランスは世界で最も多くの観光客が訪れる国、その数は年間8300万人とも言われますが、国別の人数だと第1位はアメリカ合衆国だそうです。ボストン美術館のキュレーターがカタログの冒頭で“アメリカ人はフランス、特にパリに対する恋愛感情を持ち続けている”といみじくも告白しているとおり、本展はパリという都市に生きる女性たちの姿を、憧れを持って眺めてきたアメリカ人の視点から構成されています。フランスにもアメリカにも憧れてきた日本人の眼でみるひときわ興味深い展覧会です。

絵画や版画、ドレスなど名品120点からなる本展では、18世紀から20世紀半ばまでのパリジェンヌの姿を追いかけます。18世紀、豪華でセンスの良いドレスやティーセットは、サロンを仕切るパリの女主人たちの麗しく知的な佇まいを想像させ、19世紀アメリカの富裕な女性たちの肖像画やドレスからは、海の向こうのパリへの彼女たちの憧れが伝わります。

男性作家のミューズとなる一方、自ら表現する者として歩んだパリジェンヌもいます。本展の目玉であるマネの《街の歌い手》のモデルは、かのマネ作《オランピア》などにも登場するヴィクトリーヌ・ムーラン。後に画家としても活躍しました。約70年ぶりの修復を経て、グレーのドレスが何ともシックな色合いになり、彼女の凛とした佇まいを引き立てています。自分らしくたくましく生き抜く女性としてのパリジェンヌの象徴です」

エドガー・ドガ《美術館にて》〔1879‐90年頃 ボストン美術館蔵〕Gift of Mr.and Mrs.John McAndrew 69.49 Photograph(C)Museum of Fin Arts,Boston Photograph(C)Museum of Fin Arts,Boston

巨匠の名画からオートクチュールのドレスやティーセットまで、「パリジェンヌ」の心意気と存在感に圧倒されます。会場でその真髄をご堪能ください。

【ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち】
会期:2018年1月13日(土)~4月1日(日)
会場:世田谷美術館
住所:東京都世田谷区砧公園1-2
電話:03・5777・8600(ハローダイヤル)
展覧会公式サイト:http://paris2017-18jp/
開館時間:10時から18時まで(入館は17時30分まで)
休館日:月曜(ただし2月12日は開館)、2月13日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 徳川家光 《兎図》 個人蔵 夏目漱石、伊藤若冲、徳川家光が描いた脱力系の問題作を見よ!【へそ…
  2. 黒糸巻柄突兵拵(長船真長小太刀付属) 明治時代(19世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵 高綱・行光の古備前刀工から一文字・長船など各流派まで|「刀剣王国…
  3. アウトサイド・ジャパン展 ヤンキー人類学から老人芸術まで、70名以上の作品が揃う大規模展覧…
  4. トーベ・ヤンソン《イースターカード原画》1950年代 ムーミンキャラクターズ社蔵 家族そろってムーミンに会いに行こう【ムーミン展】
  5. 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプ…
PAGE TOP