新着記事

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

奈良の古寺に現代アートがお目見え!1300年の時空を超える「八社寺アートプロジェクト」

ここがお勧め! 興福寺のアート展示は南円堂と三重塔の間にあります。夕方に見に行くと、鹿がたくさん集っている場所なので、アートを入れた奈良らしいベストショットを撮影することができます。 ※写真/興福寺南円堂 サハンド・ヘサミヤン「開花」 撮影:木奥恵三

興福寺南円堂 サハンド・ヘサミヤン「開花」 撮影:木奥恵三

「東アジア文化都市」という国際芸術文化交流プログラムがある。日本、韓国、中国が、芸術文化の交流を、都市交流のかたちでやろうというプログラムだ。

3か国からそれぞれ都市が選ばれ、相互の都市で、美術展、演奏会が、一年間に渡って繰り広げられる。政治がギスギスしているなら文化で、国と国がギスギスしているなら都市間で、という逆転の発想だ。

本年は、奈良市と済州特別自治道と寧波市で開催されているが、その美術部門のプログラムが、奈良の人びとの度肝を抜いた。というのは、古都奈良にいちばん遠いものを世界中から集めてきたからだ。

たとえば、今や世界的美術家となった中国の蔡国強の造る船が、突如東大寺の池に出現したり、えっと思わせる現代アートが薬師寺や唐招提寺の庭に出現するのだ。

私も見に行ったのだが、最初は「えっ」と絶句するばかりだった。しかし、一週間後にまた訪れてみると、「おっ、まだいるな」「なかなか馴染んできたじゃないか」と、作品に声をかけたくなるから不思議だ。

文化も芸術も、やはり最初は驚きから、人の心を掴むものなのかもしれない。考えてみれば、飛鳥時代から奈良時代にかけて、この地の人びとは、朝鮮半島や中国から、さまざまなニュースタイルの仏像を受け入れてきた。

そう考えると、南都の古寺に現代アートがお目見えするのも悪くない。

冒頭写真の興福寺のアート展示は、南円堂と三重塔の間にある。夕方に見に行くと、鹿がたくさん集っている場所なので、アートと鹿を入れた奈良らしいベストショットを撮影することができる。

時空を超えたアートの祭典「古都祝奈良」美術部門「1300年の時空を旅する 八社寺アートプロジェクト」
展示期間:9月3日(土)~10月23日(日)
会場:東大寺、春日大社、興福寺、元興寺、大安寺、薬師寺、唐招提寺、西大寺
詳しくはこちら

文/上野誠
1960年、福岡県生まれ。奈良大学教授。国際日本文化研究センター客員教授。気鋭の万葉学者として活動は多岐にわたる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP