新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

川湯温泉仙人風呂|満天の星空が楽しめる冬限定の露天風呂【魅惑の温泉案内 第92回】

和歌山県田辺市本宮町、熊野本宮大社のほど近くに湧くのが川湯温泉です。「川湯」という名前そのままに、熊野川の支流・大塔川の川底から70℃以上の温泉が湧き出ています。

川の流量が少なくなる12月~翌年2月にかけて、川の一部をせき止めてオープンするのが大露天風呂・仙人風呂です。幅約40m、奥行き約15m、深さ約60㎝という、まさに千人が入浴できる巨大温泉です。仙人風呂は江戸時代初期から始まったとされ、河原を掘り、温泉と川の水でちょうど良い温度になるように調整して入ったのでしょう。

天然の露天風呂は野趣溢れ、水着や湯浴み着などを着て老若男女が集います。昼間はもちろんですが、満天の星空を眺めながら入浴する夜もお薦めです。毎週土曜日の夜8時~10時には、湯船のまわりに竹筒の灯篭が並べられ、「湯けむり灯篭」が行なわれます。星々の瞬きと湯に映り込む灯篭の明かりが、なんとも幻想的な雰囲気を醸し出します。

温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。体に優しい温泉で、おしゃべりしながらの長湯も安心です。仙人風呂は川の状態により、開設期間・時間などが変更になりますので、事前にご確認することをお忘れなく。

0501川湯温泉仙人風呂 竹あかり
川湯温泉仙人風呂(写真提供/熊野本宮観光協会)

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温…
  2. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  3. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  4. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  5. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
PAGE TOP