新着記事

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

「姫路城」が3年連続1位!旅好きが選ぶ 日本の城ランキングベスト20

日本が世界に誇る文化遺産である城。その地の歴史的なシンボルとして、人気の観光スポットとなっている。この度、世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」が、投稿された口コミをもとに「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング2018」を発表した。同ランキングは今年で6回目。早速、ベスト20を紹介していこう! ※()内の数字は昨年の順位。

第1位(1) 「姫路城」兵庫県姫路市

2016年、2017年に引き続き3年連続1位を獲得。日本の城として、初めてユネスコ世界遺産に登録された。2009年から続いていた大修理が2015年に終わり、「白鷺城」の異名にふさわしい真っ白な城壁が公開されたこともあり、ここ数年高い人気を集めている。

第2位(5) 「二条城」京都府京都市

昨年から3つ順位を上げた。1603年に徳川家康が上洛した際の宿泊所として造営、その後3代将軍家光が伏見城の遺構を移すなどして1626年に完成。そして15代将軍慶喜が大政奉還をした城としても有名。京都屈指の観光名所として、連日多くの人が訪れている。

第3位(3) 「松山城」愛媛県松山市

3位には昨年同様に「松山城」がランクイン。松山市の中心部である標高132mの城山(勝山)の山頂に本丸があり、裾野に二之丸(二之丸史跡庭園)、三之丸(堀之内)がある。日本で12か所しか残っていない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭のひとつ。

第4位(2) 「松本城」長野県松本市

1位の真っ白な「姫路城」とは対照的な漆黒の天守で人気の「松本城」。現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城。別名“烏城”とも呼ばれる。天気が良いと北アルプスの山々も一望でき、雄大な自然と城を同時に楽しむことができる。

第5位(18) 「岡城阯」大分県竹田市

城跡のなかで最も順位が高かったのが「岡城阯」だ。昨年の18位から、一気に13位もランクアップ。現在は石垣を残すのみだが、滝廉太郎『荒城の月』のモデルとなった城として知られ、「歌の通り、月とのコントラストが最高です」といった口コミもある。

第6位(10) 「中城城跡」沖縄県北中城村

続いても城跡がランクイン。自然の岩石や地形を巧みに利用した美しい曲線の城壁、当時の巧みな石積技術を目の前で見る事ができる。訪れた人は、琉球王朝の壮大さを肌で感じられると人気。

第7位(‐) 「犬山城」愛知県犬山市

昨年圏外からランクイン。城としての規模は比較的小さいものの、「川沿いの小高い山に建っているため、天守閣からの景色もとても綺麗」など、天守閣からの景色を高く評価する口コミが多い。

第8位(4) 「備中松山城」岡山県高粱市

標高430メートルにある日本一高い山城。昨年から4ランク下がったが、人気は健在。お城本体を楽しむのもいいが、雲海が発生する時期(9月下旬~4月上旬の明け方)は近くの展望台から雲海に浮かぶ姿を眺められることも。幻想的な景色で出会える。

第9位(6) 「松江城」島根県松江市

400年以上前に建造され、2015年7月に国宝に指定。入母屋破風の屋根が羽根を広げたように見えることから別名「千鳥城」とも呼ばれている。城内には、築常時からある桐の階段など、随所で歴史を感じられる。最上階の天守からは、松江の町並みを一望できる絶景スポットだ。

第10位(初) 「岩村城址」岐阜県恵那市

遠山景朝によって1221年に築城。霧が多く発生する場所であることから「霧ヶ城」とも呼ばれたという。1873年に城が解体され、現在、跡地には岩村歴史資料館が開館。天守閣はないが、石垣も素晴らしく、周辺の散策もセットで楽しめると評判だ。

11位~20位は次のページに続きます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 姫路城 「日本の城」ランキング|名古屋城、松江城、犬山城が躍進!
  2. 日が暮れる頃まで西安城壁には老若男女が集う 「長安」城壁散策から見えてくる悠久の歴史|遣隋使・遣唐使の足跡が…
  3. 現地ライターが推薦!巡ってみたいオーストリアの名城6選
  4. 今だけ!大阪城の重文建築群が期間限定で一挙公開中
  5. 三河名物・八丁味噌の「八丁」は岡崎城からの距離だった
PAGE TOP