新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ドナウ河の渓谷と世界遺産を走り抜けるローカル線「ヴァッハウ鉄道」

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)

オーストリアに10か所ある世界遺産のうち、ドナウの湾曲した流れと、山と渓谷の美しい景色、美味しいワインで知られるヴァッハウ渓谷は、ウィーンからの日帰り旅行先として人気です。

今回は、そんな世界遺産ヴァッハウ渓谷を走り抜けるローカル線「ヴァッハウ鉄道」に乗って、歴史と自然とワインを楽しむ旅に出てみましょう。

●アクセスと楽しみ方

ヴァッハウ鉄道は、ウィーンからオーストリア国鉄で1時間ほど西のクレムス駅から出発しています。

3月末からの10月の週末のみですが、7~9月は平日も一日三本運行しています。通常、予約不要で飛び乗ることができ、チケットは車内で購入できます。

出発駅のクレムスから中世の歴史の残る街デュルンシュタインまでが人気の区間ですが、クルーズ船の船着き場のあるシュピッツ、考古学的発見で有名なヴィレンドルフを経て、終点のエマースドルフまでの全行程は1時間弱。

本数が少ないため、列車のスケジュールと街歩きや観光の時間との調整が難しいですが、クルーズ船や路線バスとうまく組み合わせ、乗り物を楽しみながら見どころを回ることもできます。

●ヴァッハウ鉄道の車窓風景

ウィーンから南へ1時間、オーストリア国鉄クレムス駅から、金色の車体のヴァッハウ鉄道に乗り込んでみましょう。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

車窓からの風景は、次第にワイン畑が広がる、のどかな風景に変わっていきます。トンネルや渓谷など、バリエーションに富んだ地形が特徴的です。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

ヴァッハウ渓谷はオーストリア有数のワインの産地。ワイン生産に適した丘陵と、ドナウ河からの反射で日光を存分に受ける地の利は、ローマ時代から知られていて、有名なオーストリアワインの名産地となっています。

また、この地域はローマ人が交通の要所として、ドナウ河沿いに城塞を築いた歴史があり、中世には城下町が栄えました。河の両岸に建築された古城や城塞教会は、古代からの歴史を伝えています。ウィーンにあるようなバロック様式の尖塔ではなく、どっしりとした城のような外観の教会が特徴的です。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

さらに、渓谷ということもあり、トンネルや岩山、崖など、自然の風景も豊か。眼下にドナウの湾曲が見えると、その景色の美しさにため息が出ます。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

こちらが、多くの乗客が下車する、デュルンシュタインの駅。有名な観光地ですが、駅は小さな無人駅です。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

この駅を過ぎても、ワイン畑と岩山と、時々顔を出すドナウの流れの車窓風景は、飽きることがありません。対岸の山やクルーズ船を見ていると、時間が飛ぶように過ぎていきます。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

出発駅のクレムスから、ドナウクルーズ船に接続しているシュピッツ間が最も利用者が多く、そのあとは列車はほぼ空になり、のんびり風景を楽しむことができます。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

今回は、考古学的奇跡ともいえる、ヴィレンドルフのヴィーナス像が発掘された小さな村ヴィレンドルフで下車してみました。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

対岸の山頂には、「強盗騎士」の伝説で有名なアッグシュタイン城がそびえたっているのが見えます。中世の時代には、ドナウ河に鎖を渡して通行税を取ったり、城の岩棚に人質を幽閉したりした伝説が残っています。

●ヴァッハウ鉄道沿線の見どころ

1時間弱の路線ですが、車窓風景だけではなく、電車を降りての街歩きや、別の交通手段も楽しめるのが、世界遺産ヴァッハウ。

今回下車したヴィレンドルフには、「ヴィーナス像」が発掘された現場を訪れてみることができます。2万5千年前にここに住み、同じドナウの渓谷の景色を見ていた古代人の生活に思いを馳せてみるのもいいものです。世界史の教科書でおなじみの「ヴィレンドルフのヴィーナス」像は、ウィーンの自然史博物館に所蔵されていますが、ここには実物の10倍の巨大像が、ドナウの流れを見下ろしています。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

また、シュピッツ駅で下車すると、ドナウクルーズ船との接続があり、船で出発地点であるクレムスまで戻ることができます。

人気の観光地デュルンシュタインは、イギリスのリチャード獅子心王が十字軍の帰りに捕らえられていたデュルンシュタイン城の廃墟と、中世の雰囲気を色濃く伝える城下町で有名です。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

ぜひ中世の街並みが残る旧市街に足を踏み入れ、名産のワインとアプリコットを味わってみてはいかがでしょう?狭い路地が行きかう町は入り組んでいて、歴史の中に迷い込んだような気分になります。水色の尖塔がかわいらしい、修道院も見どころの一つです。

ドナウ河の渓谷と世界遺産を巡る、ヴァッハウ鉄道の旅

***

世界遺産を走るヴァッハウ鉄道、いかがだったでしょうか?バリエーションに富んだ車窓風景と、歴史ある見どころ巡り、クルーズ船との組み合わせなど、様々な楽しみ方ができる路線です。

ぜひ、ウィーンからの日帰り旅行先のプランに加えてみてくださいね。

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. スーパーでのマスク販売のかご(4月16日撮影) 欧州で最も早く規制措置の緩和が始まったオーストリアの「新しい日常…
  2. ハプスブルク時代の建物に恐竜が住む、「ウィーン自然史博物館」の魅…
  3. ヴィエナ・リング・トラムは、音声ガイド付きの観光用市電 トラム、観光馬車、自転車型タクシー、シェアリングバイク|歴史と伝…
  4. 皇帝専用駅ヒーツィング 謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の…
  5. ウィーン国立オペラ座 「ウィーン国立オペラ座」は失敗作だった!?|二人の建築家の悲劇の…
PAGE TOP