新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

狂った果実|若き石原裕次郎の輝かしき存在感が際立つ問題作【面白すぎる日本映画 第18回】

文・絵/牧野良幸

『狂った果実』は1956年(昭和31年)の作品。『太陽の季節』でセンセーショナルを巻き起こした石原慎太郎の小説が原作で、映画化にあたり脚本も書いている。監督は中平康(なかひら・こう)

この映画が公開された50年代は日本映画の黄金時代であったが、小津安二郎、成瀬巳喜男らが描いた日本の風景と、『狂った果実』の風景ではかなり違うことに驚いてしまう。逗子や葉山の海に浮かぶヨット、モーターボートや水上スキー。こんなに明るく眩しい風景が日本にあったとは!

しかし一番驚いてしまうのが若者の姿だ。これも小津映画や成瀬映画に登場する若者と全然違う。彼らは早い話不良なのだが、発散する生命力が半端ではない。当時流行語にもなった太陽族と呼ばれる若者たちである。

大人に反抗する若者はいつの時代にもいる。しかし太陽族のように、生活に何不自由のない金持ちの息子が享楽的にグレているのはなかなかの迫力である。

若者の反抗というと、僕には60年代の髪を伸ばしたビートルズ世代が王様のように思っていたけれど、いやいや太陽族も負けず劣らずである。むしろ髪の毛が(今の時代から見ると)普通なだけに、太陽族のほうが無軌道ぶりが際立つ。いずれにしても僕のようなシラケ世代には到底及ばない境地だ(モーターボートやオープンカーも持っていなかったし)

そんな太陽族の中でも思い切り輝いているのが石原裕次郎である。僕にはテレビドラマ『太陽に吠えろ』のボス役の印象が強いのであるが、若き祐次郎はボスとは別人である。まさしく太陽のように眩しい若者だ。

石原祐次郎の存在感は、この前の初出演作『太陽の季節』でもビシビシと伝わっていた。端役にも関わらず祐次郎が画面の中に映っている、それだけで主役を食っていたものだ。足が長くて背が高いから自然とそうなるのかもしれないが、怒った顔や笑った顔が可愛らしいところにも裕次郎の魅力があった。

しかし『狂った果実』の見どころは、太陽族というよりも、夏久(石原裕次郎)、春次(津川雅彦)の兄弟と恵梨(北原三枝)の三角関係なのである。弟の恋人である恵梨(彼女にとっては不倫)を無理やり自分のものにしようとする夏久。三人の葛藤ぶりと最後に迎える結末が衝撃だ。

『狂った果実』が同時代に起こったフランスのヌーベルバーグと同様に語られるのは当然であろうし、衝撃的な結末においては70年代初頭のアメリカン・ニューシネマさえ想像せしめるところがあった。まさに映画自体が当時の日本映画界の“太陽族”だったのかもしれない。日本映画史における名作であると同時に前衛作、問題作だと思う。

しかしそんな堅苦しさを感じさせないのは、やはり石原裕次郎という稀有なスターの輝きと、中平 康監督のシャープな映像表現のせいだろう。何度観ても面白い映画である。

【今日の面白すぎる日本映画】
『狂った果実』
製作年/1956年
製作・配給/日活
モノクロ/86分
キャスト/石原裕次郎、北原三枝、津川雅彦、ほか
スタッフ/監督: 中平 康、原作・脚本: 石原慎太郎、音楽:佐藤勝、武満徹

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. コミック雑誌なんかいらない! 人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌…
  2. 傷だらけの天使 さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『…
  3. 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほ…
  4. ネタバレなし! ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング ネタバレなし! ラストのどんでん返しに驚いた映画ランキング|3位…
  5. 八つ墓村 謎めいた双子の老婆役を演じた市原悦子|『八つ墓村』【面白すぎる日…
PAGE TOP