新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

道後温泉|文豪が闊歩した湯町をぶらり【魅惑の温泉案内 第85回】

<十年の汗を道後の温泉(ゆ)に洗へ>

俳人・正岡子規の明治29年(1896)作の俳句です。道後温泉がある松山は子規のふるさととしても知られています。また、子規と親交があった夏目漱石の代表作のひとつ『坊っちゃん』では、「住田の温泉」の名で道後温泉が紹介され、道後温泉本館の3階の一室は漱石ゆかりの部屋「坊っちゃんの間」となっています。そんな文豪たちゆかりの湯の町を歩いてみましょう。

瀟洒な駅舎の伊予鉄道・道後温泉駅。明治44年(1911)に建てられた旧駅舎を復元したもので、明治洋風建築の名残りが旅情をかきたてます。さらに、蒸気機関車を模した「坊っちゃん列車」も運行し、子どもたちに人気です。駅前にはからくり時計や足湯などがあり、憩いの場となっています。

道後温泉本館や別館の椿の湯へ続く道後商店街も覗いてみましょう。名物の3色団子・坊っちゃん団子もあります。また、道後公園の展望台もおすすめです。道後公園は伊予国の守護・河野氏が本拠地とした湯築(ゆづき)城の跡。展望台からは松山城を遠望することができます。公園の一角には「松山市立子規記念博物館」があり、子規の足跡や俳句・文学を辿ることができます。

道後温泉駅
洒落たデザインの道後温泉駅

からくり時計
道後温泉駅前にある「からくり時計」

 

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温…
  2. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  3. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  4. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  5. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
PAGE TOP