新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

「ルーヴル美術館展」と「マグリット展」 今期話題のふたつの展覧会が京都市美術館で同時開催中です!

京都市美術館_B0A9743

現在、京都市美術館では、東京から巡回してきた「ルーヴル美術館展」(9月27日まで)と「マグリット展」(10月12日まで)が同時開催されています。

この奇跡のような組み合わせは(もちろんそれぞれの入場券が必要なのですが)、これを見るためだけに京都を訪れても価値があるといっても過言ではないと思います。

ルーヴル美術館が所蔵するフェルメールの2作品のうちのひとつ『天文学者』が初来日。それを含む全80点、メジャーな画家の作品オンパレードです。9月20日(日)の18時30分から、潮江宏三館長のトークショーも行なわれます(事前申し込み不要、要入場券)。

一方、ルネ・マグリット(1898~1967)は、いわずと知れたシュルレアリスムの巨匠ですが、本展覧会では代表作約130点が見られるという大盤振る舞いです。

昼食をはさんで両方行かれると大満足な一日になるでしょう。ランチには、疏水にかかる赤い橋「慶流橋」のすぐ西にあるフランス料理店『オ・タン・ペルデュ』がおすすめです。

オ・タン・ペルデュ_B0A0261[1]

オ・タン・ペルデュ_B0A0219[1]

■京都市美術館
住所  京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)
TEL   075-771-4334(テレホンサービス)
URL  https://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/

■オ・タン・ペルデュ
住所   京都市左京区岡崎円勝寺町64パークハウス京都岡崎有楽荘1F
TEL    075-762-1299
営業時間 11:00~20:30
定休日  月曜日、火曜日不定休あり
URL   http://bellecour.co.jp/au%20temps%20perdu%20index.htm

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP