新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

殻はいいけど食べちゃダメ!江戸時代の猫とアワビの因果な関係【にゃんこサライ特別編4】[PR]

文/一乗谷かおり

猫を描いた江戸時代の浮世絵を見ていると、何故かアワビの貝殻が頻繁に登場します。

猫がアワビのお皿に顔を寄せていたり、ネズミが寝ている猫の傍らでアワビのお皿にいたずらをしたり、アワビ模様の着物を着た擬人化猫がいたり……“猫に鰹節”とはいいますが、“猫にアワビ皿”といってもいいくらい、たくさんの作品が残されています。

たとえば猫好き絵師として知られる歌川国芳画の浮世絵『源氏雲浮世画合』「柏木」(東京都立図書館蔵)にも、アワビの貝殻の皿でごはんを食べる猫がさりげなく登場します。

女性の足元をご覧ください。

アワビのお皿で餌を食べてます。

同じ国芳の、東海道五十三次の宿駅を猫で表した『其のまま地口 猫飼好五十三疋』にも、アワビやホタテの貝殻を皿として使う猫たちが描かれています。

ここにもアワビの殻のお皿が。

こちらはホタテのお皿です。

実は江戸時代、アワビの貝殻は猫のごはん皿として定番だったのです。

他にも、ホタテや牡蠣の貝殻も使われたようですが、ホタテでは水分の多いものはあまり入れられず、牡蠣は不安定。アワビであれば、殻に4、5個ほどある小さな穴をふさいでしまえば、猫によく与えていた汁かけ飯も入れられる良い皿になったのです。

明治時代以降も、アワビ皿は猫用に使われていました。夏目漱石の『吾輩は猫である』の名無しの猫さんも、やはりアワビ皿を使っていたことが小説中の描写からわかります。

実際にアワビの貝殻をキャットフードのお皿にしてみました。安定感もあり、深く、たっぷり入りました。我が家の猫たちもお気に召した様子でした。

■貝殻はいいけど身を食べさせちゃダメ

では、猫がアワビを食べていたかというと、そんなことは決してありませんでした。アワビは人間が美味しく頂いた後で、殻だけを猫のお皿として利用していたのです。

猫にアワビを食べさせていなかったといえるのは、猫にアワビや烏貝などを食べさせてはいけない、という通説が昔からあるからです。

江戸時代の正徳2年(1712)に編まれた百科事典『和漢三才図会』には、「猫に烏貝の肝を食べさせると耳が落ちるので、与えてはいけない」といったことが記されています。これが、貝類を猫に食べさせてはいけないことを記した最初の記録だといわれています。

江戸時代後期に刊行された猫を擬人化した『朧月猫のさうし』(山東京山作、歌川国芳画、1842~1849)には、医者役の猫が患者の猫に「猫に烏貝を食べさせてはいけない、食べるとできものができて、耳が落ちる」と説明しおり、こうした娯楽草紙も手伝って、「猫が烏貝を食べると耳が落ちる」といった通説が広まっていきました。

やがて、烏貝の肝のみならず、アワビなど他の貝も猫に食べさせてはいけない、といわれるようになったと考えられています。

山東京山作、歌川国芳画の草紙『朧月 猫のさうし』(東洋大学蔵)の中では、猫の姿の医者が「猫に烏貝を食べさせてはいけない」と説く場面が挿絵つきであります。

実は、人間がアワビなどの中腸腺(肝膵臓)を食べると、季節によっては皮膚炎などの中毒症状が生じることがあるとの学術報告があります。アワビの餌である海藻類の光合成に必要な葉緑素のクロロフィルの分解成分であるフェオホルバイドが原因といわれており、とくに日光に当たりやすい体の部分が痒くなったり炎症を起こしたりします。

同じことが猫にも起こりえます。全身を毛でおおわれた猫の場合、毛の比較的薄い耳が日光に当たるとかぶれてきて、痒くてかきむしっているうちにただれて、やがてボロボロになってしまう、と考えられるのです。

「耳が落ちる」の通説をみると、江戸時代からそういうことが経験的に知られていたのかもしれません。

■猫にイカを食べさせると腰を抜かす

アワビなどの貝類以外にも、猫に食べさせてはいけないとされていたものはあります。

例えば「猫にイカを食べさせると腰を抜かす」とはよく聞く通説ですが、これは厳密には生のイカの話です。

生のイカやタコなどには、猫にとってとても大切な栄養素であるビタミンB1を壊してしまう酵素が含まれており、食べると猫はビタミンB1不足に陥って、食欲不振になったり、毛が抜けたり、口内炎になったりするのです。そして最終的には栄養不足で足腰が立たなくなってしまうため「腰が抜ける」といわれたようです。

アワビやイカといった、昔から「猫に食べさせてはいけない」とされているものは、やはり何かしら根拠があるようです。猫を大事にしてきた先人たちは、ちゃんと知っていたのですね。

文/一乗谷かおり

※犬や猫に関する様々な情報を発信しているWebサイト「ペットゥモロー」にて、話題の自然派ペットフード「ブルーバッファロー」製品が抽選で当たるアンケートを実施中。下記特設サイトよりご応募ください!
↓↓↓
http://petomorrow.jp/tag/ブルーバッファロー

※ブルーバッファロー公式サイトはこちら>> http://bluebuffalo.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと
  2. うちの猫がハゲに!? 猫の「毛むしり」原因と対策を専門家に聞いた…
  3. なってからでは遅い!猫の歯周病予防に必要な「歯磨き習慣」導入のコ…
  4. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ
  5. 毛色がヒント!猫の性格を見極められる方法が実験で判明
PAGE TOP