新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

霧積温泉『金湯館』|往年の名温泉地に唯一残った一軒宿【訪ねて行きたい鄙び温泉】

山中にたたずむ秘湯の宿『金湯館』

写真・文/石津祐介

「母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?」

昭和52年に公開された映画『人間の証明』に登場する有名なフレーズです。詩人・西条八十の詩で、この後には「ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ」と続くのですが、ここに出てくる「霧積」というのが、群馬県安中市にある霧積温泉です。

元々、霧積温泉は賑やかな温泉地で、軽井沢が別荘地として開発される以前から避暑地として賑わっていました。ところが1910年に起こった山津波で壊滅的な打撃を受け、今は『金湯館』を残すのみとなりました。

『金湯館』は、伊藤博文、与謝野晶子、勝海舟などなど、名だたる人物が逗留した温泉宿。創業は明治17年で、もう100年以上の歴史ある温泉です。

『人間の証明』の原作が生まれた場所も、他ならぬこの宿でした。原作者の作家・森村誠一がここに宿泊した際、宿が用意した弁当の包み紙に西条八十による冒頭の詩が書かれており、それをモチーフに小説を書いたそうです。作品にも、この宿が舞台として登場します。

明治の創業以来、建て増しを繰り返してきた『金湯館』の建物には旧館と新館があり、明治の頃に建てられた旧館には、勝海舟が湯治で滞在した部屋や、伊藤博文が明治憲法を草案したという部屋も残されています。

昭和56年までは電気も通じていないランプの宿だったそうです。周囲には本当に何もなく、山の静寂に包まれています。

温泉の泉質は、カルシウム硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ性温泉)。源泉の温度は38.9度。ぬる湯なので長湯がオススメです。湧出量は、毎分300Lの自然湧出と豊富。源泉掛け流しで、加水、加温、消毒なしという、正真正銘の名湯です。

入り口から温泉へとつながる廊下も趣がある

タイル張りの浴槽はレトロ感たっぷり。コップも置いてあり飲泉もできる。

上州の山中にある鄙びた一軒宿、霧積温泉『金湯館』。賑わいや便利さとは無縁の山間の温泉地ですが、自然に溶け込む歴史ある宿へ、ぬるめの名湯に浸かりに行ってみませんか。

行かれる際には、ぜひ映画『人間の証明』を見ていくことをオススメします。

【訪ねて行きたい鄙び温泉】
霧積温泉『金湯館(きんとうかん)』
住所:群馬県安中市松井田町坂本1928
電話:027-395-3851
交通:宿泊客はJR横川駅より送迎あり。車は上信越道松井田妙義インターより国道18号を経由し碓氷峠旧道へ。
http://www.kirizumikintokan.com/page-list.html

写真・文/石津祐介

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温…
  2. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  3. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  4. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  5. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
PAGE TOP