刺子織りの頭陀袋|和装にも洋装にも似合う丈夫で軽い刺子織りのバッグ

刺子織りの頭陀袋

斜め掛けにして颯爽と街歩きが楽しめる。ショルダーベルトの長さは、バッグ両端の紐通しにベルトを渡し、結び目の加減で調節する。

頭陀(托鉢)をする僧が首から下げていたから「頭陀袋」と呼ばれる。丈夫な刺子織りの生地で作られた頭陀袋を、使いやすいショルダーバッグに仕上げた品だ。金具類は一切使われておらず、肩掛け紐の長さは結び目で調整する。

頭陀袋といっても托鉢用ではないので、財布やスマートフォンなど“煩悩”の品もきちんと収まる。とりあえず、外出に必要なモノを放り込んで出かける。そんな気軽な使い方が似合うバッグだ。

柔らかで軽い刺子織りの生地は、斜め掛けにすると体のカーブに沿って密着する。作務衣などの和装にもピッタリ合う外出用品である。

刺子織りの頭陀袋

落ち着いた色合いの「茶」もご用意。

商品名/刺子織りの頭陀袋
メーカー名/伊田繊維(日本)
価 格(消費税8%込み)/7,560円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で