新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

刺子織りの頭陀袋|和装にも洋装にも似合う丈夫で軽い刺子織りのバッグ

刺子織りの頭陀袋

斜め掛けにして颯爽と街歩きが楽しめる。ショルダーベルトの長さは、バッグ両端の紐通しにベルトを渡し、結び目の加減で調節する。

頭陀(托鉢)をする僧が首から下げていたから「頭陀袋」と呼ばれる。丈夫な刺子織りの生地で作られた頭陀袋を、使いやすいショルダーバッグに仕上げた品だ。金具類は一切使われておらず、肩掛け紐の長さは結び目で調整する。

頭陀袋といっても托鉢用ではないので、財布やスマートフォンなど“煩悩”の品もきちんと収まる。とりあえず、外出に必要なモノを放り込んで出かける。そんな気軽な使い方が似合うバッグだ。

柔らかで軽い刺子織りの生地は、斜め掛けにすると体のカーブに沿って密着する。作務衣などの和装にもピッタリ合う外出用品である。

刺子織りの頭陀袋

落ち着いた色合いの「茶」もご用意。

商品名/刺子織りの頭陀袋
メーカー名/伊田繊維(日本)
価 格(消費税8%込み)/7,560円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あの陸王を地で行く“足袋型歩行靴“ラフィート【メイドインニッポン…
  2. 木目込みの鈴が目出度い「桐のパンケース」【メイドインニッポン紀行…
  3. 織りと洗いの奇跡が生んだ市松デニムのバッグ【メイドインニッポン紀…
  4. 左からグレー、ブラック ウール混のニットをハンチングに仕上げた。 ウールニット・ハンチング|暖かなニット仕立ての定番ハンチング
  5. 付属のちろりも能作による錫製。熱伝導率がよく素早く燗がつけられる。 卓上で気軽に日本酒を燗付けできる錫の酒器『ミニかんすけ・匠』
PAGE TOP