湯の郷には旨いものがある。自然の豊かな場所に古くから人が住み着き、山海の食材を用い、独自の食文化を形成してきたからだ。こんこんと湧く湯で体を休め、冬の美味を堪能したい。

宮城の名産「仙台せり」を牛テールスープで上品に
別邸 山風木(宮城)

11月中旬から2月末まで、コース料理で供される芹鍋(1人前)。葉の部分はしゃぶしゃぶのようにして食べると香りが浮き立つ。追加の芹も対応。最後にスープをいただく。

古くは湯治場として栄えた蔵王の遠刈田温泉。温泉街から離れた雑木林に囲まれる『別邸 山風木(やまぶき)』は、食を愉しむオーベルジュである。2300坪の敷地には、中庭を囲む客室や、愛犬と宿泊できる離れなどが全13室あり、凛とした空気と静寂が心地よい。

宿は、館内での飲み物が料金に含まれる方式をとる。料理と好みの酒を存分に味わってほしいという想いからだ。夕食は自由に取り分けて食べるおばんざいと、創作料理のコース仕立てという形式。11月中旬からは宮城の名産、「仙台せり」を使った鍋が登場する。「コース料理の前菜、お造りのあとにスープという位置付けで芹鍋をお出しするのですが、メイン料理よりもこちらを目当てに来られる方が多いですね」と支配人の佐々木渓一さんは話す。

「仙台せり」の名で知られる名取市、三浦農園の芹。宮城は芹の生産量が日本一で、冬に出荷される根が付いた根芹が有名。写真提供/三浦農園

芹鍋は、じっくり煮込んだ牛テールスープに料理長秘伝の和風出汁で味付けされている。深みとコクのあるスープに芹の香りが重なり、根際の甘みが格別でシャキシャキとした食感も楽しい。芹鍋の醍醐味が味わえるのは、スタッフ総出で泥の残る根際を歯ブラシなどで丁寧に掃除する作業のおかげ。使用する芹は有機農法で栽培する名取市の三浦農園のもののみ。豊かな地下水をくみ上げて育てる柔らかい芹は鍋に最適である。

保湿効果の高い緑がかった湯

大浴場の露天風呂。湯口には宮城県南部の丸森町で産出される伊達冠石を使用。男女入れ替えで趣の異なるふたつの風呂が楽しめる。

美食を堪能した後は温泉で寛ぎたい。自家源泉は「湯刈田温泉」と名付けられ、毎分200Lと豊富な湯がかけ流されている。よく温まる湯は体のコリをほぐし、肌を滑らかにし、保湿効果も高い。大浴場のほかに予約不要のふたつの露天の貸切風呂もあり、ただ星々を眺めるだけの贅沢な湯浴みの時間が過ごせる。

温泉に癒され、食の悦びに浸り、何もせずにゆるりと滞在する。それが目的となる宿である。

貸切風呂に隣接する湯上がり処。深い緑に包まれての森林浴も。和室を中心とする客室には、中庭を眺めるサンルームが付く。

別邸 山風木

睡蓮池のある庭を囲むように食事処や客室などがある。

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字小妻坂21-70
電話:0224・34・2711
料金:2万7500円~
チェックイン15時、同アウト11時
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉 
交通:JR仙台駅から宮城交通バス遠刈田行きで約1時間、小妻坂下車、徒歩約7分

取材・文/関屋淳子 撮影/藤田修平

※この記事は『サライ』本誌2023年12月号より転載しました。

『サライ』12月号特別付録は『2024年日本美術“吉祥”「辰年」カレンダー』

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店