新着記事

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

漱石と明治人のことば

  1. 「朝の来ない夜はない」(吉川英治)【漱石と明治人のことば95】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「朝の来ない夜はない」--吉川英治…

  2. 「小説の主脳は人情なり、世態風俗これに次ぐ」(坪内逍遥)【漱石と明治人のことば94】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3. 「人寸陰(すんいん)を惜しまば、吾また分陰(ふんいん)を惜しまん」(野口英世)【漱石と明治人のことば93】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  4. 「十字架の上に磔にされても成功である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば92】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  5. 「親切第一」(星一)【漱石と明治人のことば91】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  6. 「生者は死者の為に煩わさるべからず」(梅原龍三郎)【漱石と明治人のことば90】

  7. 「私は、世界に日本人として生きたい」(藤田嗣治)【漱石と明治人のことば89】

  8. 「文を見て涙にむせび、心緒みだれ尽して…」(樋口一葉)【漱石と明治人のことば88】

  9. 「よく考えたうえにこれだと思うものは、暗記だけのものよりはるかにいい」(秋山真之)【漱石と明治人のことば87】

  10. 「どこまで行ったって満足という域にはいけるものじゃない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば86】

  11. 「人間は貧乏がええ」(秋山好古)【漱石と明治人のことば85】

  12. 「生涯に愉快なことは砂にまじった金のように僅かしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば84】

  13. 「悟りとは、如何なる場合にも平気で生きている事である」(正岡子規)【漱石と明治人のことば83】

  14. 「金は有るなら人に借す。遠慮には及ばず」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば82】

  15. 「どうせ死ぬなら舞台の上で死のう」(川上音二郎)【漱石と明治人のことば81】

  16. 「ほかの人に出来て、私に出来ないことはない」(田口八重)【漱石と明治人のことば80】

  17. 「出来るだけの余命のあらん限りを最善に利用したい」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば79】

  18. 「旅に出ると、私はいつも本当の私となった」(田山花袋)【漱石と明治人のことば78】

  19. 「ああ自分のようなものでも、どうかして生きたい」(島崎藤村)【漱石と明治人のことば77】

  20. 「世の中は苦にすると何でも苦になる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば76】

  21. 「やりたいことは無数にあるが残された時間がない」(松本清張)【漱石と明治人のことば75】

  22. 「もっとも謹慎すべきは全盛期である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば74】

  23. 「私は大河の水の一滴に過ぎない」(志賀直哉)【漱石と明治人のことば73】

  24. 「敵を殺すを道徳的なりというのは味方の言語でしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば72】

  25. 「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ」(尾崎士郎)【漱石と明治人のことば71】

  26. 「何らかの目的をもって生まれてくる人間などいない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば70】

  27. 「自分は周囲が言っているほどの奇人ではない」(南方熊楠)【漱石と明治人のことば69】

  28. 「電車に乗るよりも、人の背に負われて浅瀬を越した方が情が深い」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば68】

  29. 「人が“緑色の太陽”を画いても、僕はそれを否定しない」(高村光太郎)【漱石と明治人のことば67】

  30. 「実戦の時を考えろ、どこへ球が行くかわかるか」(佐藤紅緑)【漱石と明治人のことば66】

PAGE TOP