新着記事

常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

湯気の立ち上る熱々のおでんとともに一杯やるのは、寒い季節の格別な楽しみだ。家で本格的なおでん…

オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策

文/藤原邦康前回の記事では、顎関節症をいかに早期発見したら良いかを解説しました。今回から…

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』1月号で掲載している「マカオ美味紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオ…

マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。2005年にユネスコの世界文化遺産となり、2017…

【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?

部下が思ったような結果を出してくれない。それは部下とのコミュニケーションに問題があるのかもし…

知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金

60代、70代ともなると、多かれ少なかれ体調面での心配事が出てくるものです。これから増えるかもし…

サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです

文/編集部今号のサライは創刊29周年特大号の第4弾。毎年恒例「日本酒」の大特集に、「かけ蕎麦…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

漱石と明治人のことば

  1. 「朝の来ない夜はない」(吉川英治)【漱石と明治人のことば95】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「朝の来ない夜はない」--吉川英治…

  2. 「小説の主脳は人情なり、世態風俗これに次ぐ」(坪内逍遥)【漱石と明治人のことば94】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3. 「人寸陰(すんいん)を惜しまば、吾また分陰(ふんいん)を惜しまん」(野口英世)【漱石と明治人のことば93】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  4. 「十字架の上に磔にされても成功である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば92】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  5. 「親切第一」(星一)【漱石と明治人のことば91】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  6. 「生者は死者の為に煩わさるべからず」(梅原龍三郎)【漱石と明治人のことば90】

  7. 「私は、世界に日本人として生きたい」(藤田嗣治)【漱石と明治人のことば89】

  8. 「文を見て涙にむせび、心緒みだれ尽して…」(樋口一葉)【漱石と明治人のことば88】

  9. 「よく考えたうえにこれだと思うものは、暗記だけのものよりはるかにいい」(秋山真之)【漱石と明治人のことば87】

  10. 「どこまで行ったって満足という域にはいけるものじゃない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば86】

  11. 「人間は貧乏がええ」(秋山好古)【漱石と明治人のことば85】

  12. 「生涯に愉快なことは砂にまじった金のように僅かしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば84】

  13. 「悟りとは、如何なる場合にも平気で生きている事である」(正岡子規)【漱石と明治人のことば83】

  14. 「金は有るなら人に借す。遠慮には及ばず」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば82】

  15. 「どうせ死ぬなら舞台の上で死のう」(川上音二郎)【漱石と明治人のことば81】

  16. 「ほかの人に出来て、私に出来ないことはない」(田口八重)【漱石と明治人のことば80】

  17. 「出来るだけの余命のあらん限りを最善に利用したい」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば79】

  18. 「旅に出ると、私はいつも本当の私となった」(田山花袋)【漱石と明治人のことば78】

  19. 「ああ自分のようなものでも、どうかして生きたい」(島崎藤村)【漱石と明治人のことば77】

  20. 「世の中は苦にすると何でも苦になる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば76】

  21. 「やりたいことは無数にあるが残された時間がない」(松本清張)【漱石と明治人のことば75】

  22. 「もっとも謹慎すべきは全盛期である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば74】

  23. 「私は大河の水の一滴に過ぎない」(志賀直哉)【漱石と明治人のことば73】

  24. 「敵を殺すを道徳的なりというのは味方の言語でしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば72】

  25. 「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ」(尾崎士郎)【漱石と明治人のことば71】

  26. 「何らかの目的をもって生まれてくる人間などいない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば70】

  27. 「自分は周囲が言っているほどの奇人ではない」(南方熊楠)【漱石と明治人のことば69】

  28. 「電車に乗るよりも、人の背に負われて浅瀬を越した方が情が深い」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば68】

  29. 「人が“緑色の太陽”を画いても、僕はそれを否定しない」(高村光太郎)【漱石と明治人のことば67】

  30. 「実戦の時を考えろ、どこへ球が行くかわかるか」(佐藤紅緑)【漱石と明治人のことば66】

PAGE TOP