新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

漱石と明治人のことば

  1. 「朝の来ない夜はない」(吉川英治)【漱石と明治人のことば95】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「朝の来ない夜はない」--吉川英治…

  2. 「小説の主脳は人情なり、世態風俗これに次ぐ」(坪内逍遥)【漱石と明治人のことば94】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3. 「人寸陰(すんいん)を惜しまば、吾また分陰(ふんいん)を惜しまん」(野口英世)【漱石と明治人のことば93】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  4. 「十字架の上に磔にされても成功である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば92】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  5. 「親切第一」(星一)【漱石と明治人のことば91】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  6. 「生者は死者の為に煩わさるべからず」(梅原龍三郎)【漱石と明治人のことば90】

  7. 「私は、世界に日本人として生きたい」(藤田嗣治)【漱石と明治人のことば89】

  8. 「文を見て涙にむせび、心緒みだれ尽して…」(樋口一葉)【漱石と明治人のことば88】

  9. 「よく考えたうえにこれだと思うものは、暗記だけのものよりはるかにいい」(秋山真之)【漱石と明治人のことば87】

  10. 「どこまで行ったって満足という域にはいけるものじゃない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば86】

  11. 「人間は貧乏がええ」(秋山好古)【漱石と明治人のことば85】

  12. 「生涯に愉快なことは砂にまじった金のように僅かしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば84】

  13. 「悟りとは、如何なる場合にも平気で生きている事である」(正岡子規)【漱石と明治人のことば83】

  14. 「金は有るなら人に借す。遠慮には及ばず」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば82】

  15. 「どうせ死ぬなら舞台の上で死のう」(川上音二郎)【漱石と明治人のことば81】

  16. 「ほかの人に出来て、私に出来ないことはない」(田口八重)【漱石と明治人のことば80】

  17. 「出来るだけの余命のあらん限りを最善に利用したい」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば79】

  18. 「旅に出ると、私はいつも本当の私となった」(田山花袋)【漱石と明治人のことば78】

  19. 「ああ自分のようなものでも、どうかして生きたい」(島崎藤村)【漱石と明治人のことば77】

  20. 「世の中は苦にすると何でも苦になる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば76】

  21. 「やりたいことは無数にあるが残された時間がない」(松本清張)【漱石と明治人のことば75】

  22. 「もっとも謹慎すべきは全盛期である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば74】

  23. 「私は大河の水の一滴に過ぎない」(志賀直哉)【漱石と明治人のことば73】

  24. 「敵を殺すを道徳的なりというのは味方の言語でしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば72】

  25. 「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ」(尾崎士郎)【漱石と明治人のことば71】

  26. 「何らかの目的をもって生まれてくる人間などいない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば70】

  27. 「自分は周囲が言っているほどの奇人ではない」(南方熊楠)【漱石と明治人のことば69】

  28. 「電車に乗るよりも、人の背に負われて浅瀬を越した方が情が深い」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば68】

  29. 「人が“緑色の太陽”を画いても、僕はそれを否定しない」(高村光太郎)【漱石と明治人のことば67】

  30. 「実戦の時を考えろ、どこへ球が行くかわかるか」(佐藤紅緑)【漱石と明治人のことば66】

PAGE TOP